城南宮のしだれ梅2017の見頃の時期は?通い詰めた京都人だけが知る3つの魅力は必見!image001
少しずつ暖かくなり春のにおいを感じると、
わたしは「あぁ、お花見にいきたいな」と思ってしまいますが、
みなさんはどうでしょうか?

お花見といえば桜を思い浮かべる方も多いかと思いますが、わたしは梅の花が好きで、その中でも特にしだれ梅が大好きなんです!

実はそんなしだれ梅の名所が京都にはあります。
わたしは京都に生まれ育ったので、小さな頃から京都しだれ梅の名所、「城南宮」には
数え切れないほど通っています!

今回はそんな大好きな城南宮のしだれ梅の見ごろの時期や、おすすめの観梅スポットまで教えちゃいますね!

≪目次≫
1、城南宮のしだれ梅の見頃は?
2、オススメの観梅スポットは?
3、しだれ梅と椿まつりについて
4、城南宮のアクセス・駐車場情報

Sponsored Links

城南宮のしだれ梅の見頃は?

image002
城南宮は京都市内に位置しますので、京都市内にある梅の開花時期はほぼどの場所も
同じ2月下旬頃から3月中旬頃です。

見頃は3月中旬頃がおすすめですね!
その見頃を過ぎた20日前後あたりから、散り始めていきます。

わたしは毎年2回城南宮の梅を見に行くのですが、最初は見頃の3月中旬に行きます。
そして、2回目は散り始めた頃に行くようにしています。

なぜ?散り始めに行くのか?
その理由はのちほどたっぷり紹介しますね!

城南宮のしだれ梅の開花状況
開花:2月下旬頃~3月中旬頃まで
見頃:3月上旬~3月中旬頃まで
散り始め:3月中旬頃~
Sponsored Links

オススメの観梅スポットは?

image004
せっかくしだれ梅を見るのなら、最高のスポットでみたいですよね?
それではわたしが毎年行く、とっておきのお気に入りスポットを紹介しますね!

1番目のおすすめスポットは「楽水軒」です!
この楽水軒というのは、城南宮でも最高の観梅スポットでもある、
室町の庭と桃山の庭の間という贅沢な場所にあるお茶席なんです!

ここで300円を支払うと、おいしい和菓子とお抹茶を味わうことができます。
しかも、この和菓子がとてもかわいいんですよ!
なんと、花びらなどをかたどった和菓子で、食べるのがもったいないくらいです!

毎年、楽水軒には友人たちと行くのですが、必ず誰かが「ここにもっといたい!」と言い出すほど、落ち着ける場所なんです。

2番目のおすすめは、西鳥居から入ってすぐの「春の山」付近です!
ここは満開の時に行くと、約150本の満開のしだれ梅が眼前に広がるのですが、
その景色は圧巻ですよ!

わたしはこの景色を初めて見たとき、これが「息をのむ」ってことなんだ!と
感じたほど素晴らしい景色です!

ここをまずは最初に見て、あとは回路に従って歩けば5つの庭園をすべて見ることが
できますので、のんびりお散歩を楽しんでください!
ちなみにわたしは城南宮にくると、少なくても4時間は散歩していますよ!

3番目はおすすめスポットというより、おすすめの見頃です。
先ほど少し触れましたが、わたしは見頃の3月中旬と、しだれ梅の花が散り始めた頃に
行くようにしています…

もちろん満開のしだれ梅もいいのですが、
散り始めたしだれ梅がまたなんとも言えない色気があるんです

大地いっぱいに広がるピンクの花びらと、枝からこぼれるように咲くしだれ梅の花びら、
上からも下からも美しい梅に囲まれることができるのは、城南宮の最大の魅力です!

雨や風で散りゆく梅は桜と違い、終わり際まで美しいものです…
あぁ、日本に生まれてよかったな」と思える瞬間の1つが
ここ城南宮にはあります。
Sponsored Links

しだれ梅と椿まつりについて

image006
2017年の「しだれ梅と椿まつり」は、2月18日から3月22日の開催となります。

この「しだれ梅と椿まつり」の時期には、約150本のうすべに色や紅白のしだれ梅と、
約300種類の真紅の椿を楽しむことができます!

特にピンク色のしだれ梅の花びらと、大地に生える緑の苔の上に落ちる赤い椿の花びらが
織りなす光景が、わたしの1番のおすすめです!

そして、「しだれ梅と椿まつり」の中でもう1つのおすすめは、梅が枝神楽です!

これは美容健康と招福を祈願した「梅の花守り」というお守りを買うと、巫女さんが一人一人に神楽鈴でお祓いしてくれるんです!

ここまでしてくれるなんて、本当感激ですよ!
女性にはうれしい行事ですので、とてもおすすめです!

他には参道でしだれ梅や椿の植木が売られていますので、お土産などにもおすすめですよ!
ちなみにわたしはここで買った梅を今でもずっと大切に育てています!

しだれ梅と椿まつり 詳細
日程:2017年 2月18日(土)~3月22日(水)
拝観時間:午前9時~午後4時30分
拝観料:大人(高校生以上)600円 小・中学生400円

Sponsored Links

城南宮のアクセス・駐車場情報

image008アクセス方法
■バスでお越しの方
京都駅より京都市営バス19号系統、または、らくなんエキスプレス乗車
「城南宮」で下車 徒歩約2分

■電車でお越しの方
京都市営地下鉄 竹田駅下車 徒歩約15分

■お車でお越しの方
名神高速道路 京都南ICおりて約5分

駐車場情報
無料駐車場があります。
収容台数:通常時期は160台 正月や行事期間は200台


最寄り駅の竹田駅からはかなり距離があるので、駅からはタクシーをおすすめします。
車では行かれる方は、国道1号線沿いにあって、京都ICからもすぐですので迷わず行けると思います!

ただし、見頃の土日はズラーッと駐車場待ちの列ができているのを何度も見ているので、注意してくださいね!

まとめ

城南宮しだれ梅の見頃
・3月上旬~3月中旬頃

おすすめ観梅スポット
・楽水軒
・春の山


しだれ梅と椿まつり
日程:2017年 2月18日(土)~3月22日(水)

京都城南宮のしだれ梅は日本一の美しさだとわたしは思っています!
それは、城南宮の手入れの行き届いている広い庭園が、美しい梅をさらに美しく演出してくれているからだと思います。

そんな城南宮に行かれたことのない方は、ぜひ行ってみてください!
写真では伝わらない美しさを感じていただけると思います!

Sponsored Links