京都の梅の名所5選!京都人だから知っている梅の楽しみ方教えます!image001-96
ぽかぽかと暖かくなってくると、
行きたくなるのがお花見ではないでしょうか?

世界的観光都市の京都には、
人気のお花見スポットがたくさんあります。

「お花見」というと桜を思い浮かべる方も多いかと思いますが、
桜よりもかわいらしい印象の梅のお花見もいいもんですよ。

今回は京都で生まれ育ち、梅が大好きな私が、
京都の梅の名所について紹介したいと思います!

いざ、「京都に梅を見に行こう!」となっても、
桜と違い梅の名所はあまり知れ渡っていませんよね。

そうなると、どこに行こうか悩んでしまうもの…
でも安心してください!

わたしが厳選した梅のおすすめスポットを紹介しますね!

《目次》
1、京都の梅の開花時期と見頃はいつ?
2、京都の梅の名所5選!
3、梅の見頃の時期に開催されるイベントはある?

Sponsored Links

京都の梅の開花時期と見頃はいつ?

image003-83
梅のおすすめスポットを紹介させていただく前に、
開花時期見頃をお伝えします!

遠方の方であれば、
旅行の日程もたてやすいですもんね!

京都市内でも場所によって少し違いはありますが、
12月中旬ごろからつぼみがふくらみ始めます。

そして、見頃はというと、
2月下旬ごろから3月中旬ごろまでがもっとも美しいですよ!

わたしは2月下旬のまだ寒い時期に見る
梅の花がすごく好きです。

春の訪れを一足早く教えてくれる梅は、
なんだかとても美しく感じるんですよ!

京都 梅の見頃

2月下旬ごろ~3月中旬ごろ

あと、京都の梅はお花見だけではなく、
梅の見頃の時期に合わせてイベントなどもあります!
とっても楽しいイベントですので、詳しくはのちほど紹介しますね!
Sponsored Links

京都の梅の名所5選!

image005-50
それでは、わたしが子どもの頃から大好きな、
京都の梅の名所を紹介させていただきます!

1、北野天満宮
(見頃2月上旬~3月下旬)

北野天満宮というのは、
「学問の神様」として有名で、
菅原道真公を祀っている神社です。

京都の学生は、子どもの頃から受験になると
親に連れてこられるからか、
わたしたちは「北野さん」と呼ぶほど慣れ親しんだ場所です。

ここの梅がわたしは大好きです!

特に京都に初めて梅を見にこられる方は、
その梅の木の数に圧倒されるはずです!

なんと!!

北野天満宮では
約50種類1,500本ほどの梅
わたし達を出迎えてくれます!

毎年、さまざまな友人を連れて行くのですが、
「桜よりも美しいと思った花は初めて!」と言うほど、
北野天満宮の梅の虜になった友人もいたほどです!

2、京都御苑
(見頃1月中旬~3月中旬)

京都の御所のまわりを囲む広大な公園です。

広さは東西約700メートル南北約1,300メートル
京都市の中心にあるとは思えないほど広く、
さまざまな植物で1年を通してたくさんの人でにぎわいます。

そんな京都御苑の梅の木は約200本あり、
ピンクや白などのさまざまな色でわたし達を楽しませてくれます。

わたしが京都御苑に行くときは、お弁当持参でいきます!
ここは家族連れも多く、みなさん芝生で
お弁当を広げてピクニック気分でお花見をしていますよ!

梅を見ながら食べるお弁当は格別ですよね!

そして、トイレもたくさんあって、すごくきれいです!
特に女性にはうれしいポイントですよね!

もし、お弁当を用意できなくても、
近くにスーパーなどがたくさんありますので大丈夫ですよ!

3、京都府立植物園
(見頃2月上旬~3月中旬)

総面積24万平方メートルという広大な植物園です!

京都に生まれた方なら、
遠足などで必ず来たことがある場所です!

ここは約60種類150本ほどの梅の木があります。
さらに、それだけではなく1万2000種類の植物もあり、
梅とその他の植物を同時に楽しめるのが最大の魅力ですよ!

先ほどの京都御苑と同じで、
お弁当などを持っていくとより楽しめますよ!

特にお子さんは1日中楽しめると思いますので、
ご家族連れには特におすすめです!

4、長岡天満宮
(見頃2月下旬~3月中旬)

先ほど紹介した北野天満宮同様、
菅原道真公を祀っている神社です。

菅原道真公は梅が大好きだったため、
全国各地にある天満宮は梅の名所になっているんですよ!

境内には約300本の梅の木があるのですが、
それだけではありません!

なんと隣接する長岡公園にも約150本の梅の木があるので、
合わせると約450本の梅の花を楽しめるんですよ!

長岡公園はとても広いので、
ここでもお弁当を食べながらのお花見もいいですね!

特にここのしだれ梅はおすすめです!
すごくきれいですよ!

5、二条城
(見頃2月下旬~3月上旬)

二条城は梅だけではなく、
京都の人気観光スポットでもあるので
知っている方も多いと思います。

徳川家康が上洛した時の宿泊所として
造営したのが二条城です。

そんな二条城には約130本の梅の木があるのですが、
ここでは特におすすめの梅の木があります。

それは「源平咲き分け」という梅の種類で、
なんと1本の木に紅と白の2色の花を咲かせるのです!
これだけでも見る価値がありますよ!!!

この5ヶ所がわたしのおすすめです!

それぞれ魅力が違いますが、京都で初めて梅を見る方は、
北野天満宮、長岡天満宮、二条城がおすすめです!

しかも、この3ヶ所観光スポットでもあるので、
お花見と観光が2つ同時に楽しめますよ!

お子様と一緒や、お弁当を食べながら
のんびりお花見ということであれば、
京都御苑京都府立植物園が広くてとてもおすすめです!
Sponsored Links

梅の見頃の時期に
開催されるイベントはある?

image007-36
冒頭でも少し触れましたが、
京都の梅の見頃の時期には、
梅に関するイベントがあるんです!

1年に1度のイベントですので、
見逃すわけにはいかないですよ!

それでは、そんな梅のイベントで、
わたしがおすすめする2つを紹介します!

1つめは、北野天満宮の梅花祭です!

これは梅の時期には絶対に外せないイベントです!

わたしはもう数え切れないほど
参加しているくらい大好きなイベントです。

北野天満宮の梅花祭は、
梅をこよなく愛した菅原道真公が亡くなった、
2月25日の命日におこなわれたことが始まりです。

それが現在でも受け継がれ、2017年も2月25日におこなわれます。

この梅花祭の中で特におすすめのイベントがあります。

それは野点大茶湯という北野天満宮近くにある
上七軒の芸子さんたちが、お茶をふるまってくれる贅沢なお茶会です!

地元の友人も、京都観光にきた友人も、
誰もが本当に喜んでくれるイベントなんです!

芸子さんにお茶をいれてもらう機会なんて、
なかなかないですよね!?

京都人のわたしでもないですからね!

野天大茶湯詳細

場所:北野天満宮 三光門前広場
日程:2017年2月25日 10:00~15:00

料金:2017年1月25日発売
拝服宝物殿拝観撤饌引換券の三連券を
1,500円で購入 先着3,000名

2つめのおすすめのイベントは、

綾部市梅林公園でおこなわれる
「うめ梅まつりライトアップ」です!

こちらは京都府綾部市という京都市の
中心部から少し離れた場所でおこなわれるイベントです。

こちらの公園は約1万5,000平方メートルの広大な敷地に、
総延長820メートルの周遊園路が通っています。

その周遊園路のまわりには約460本の梅の木が続き、
梅の花と香りを楽しみながらゆっくり散歩ができますよ!
静かな公園で本当に心地よい1日を過ごせますよ。

わたしは京都市内に住んでいるので少し遠いのですが、
毎年1度は必ず訪れるほど大好きな公園です!

そして、例年では3月19日から20日の2日間
夜の梅も楽しめるライトアップもありました!

ライトアップされた梅の花は、
昼間とは違った桃色の表情が楽しめますよ!

うめ梅まつり詳細

場所:京都府綾部市舘町畑山86(綾部市梅林公園)
2017年の日程は発表されていないため、
2016年を参考に掲載します。


日程:2016年3月21日
ライトアップ:2016年3月19日~20日 日没~21:00まで
Sponsored Links

まとめ

京都 梅の名所

1、北野天満宮
2、京都御苑
3、京都府立植物園
4、長岡天満宮
5、二条城

梅の見頃のおすすめイベント

1、北野天満宮「梅花祭」
2、綾部市梅林公園「うめ梅まつりライトアップ」

京都に梅を見ることのできる場所は、
他にもたくさんあります。

しかし、今回のおすすめの名所は、
必ず行って頂きたい5ヶ所にしぼりました!

すべてアクセスのいい京都市内にありますので、
京都旅行の際にでも梅を楽しんでいただけたらと思います!

Sponsored Links