初詣は英語でどう説明するの?英語バイリンガルが教える超・簡単英語!image001 最近、外国人観光客を見かけることが増えましたよね。

仕事で海外の人と取引をしたり、留学生がクラスにいて一緒に遊んだりするという人も
多いのではないでしょうか。

そんな時に、日本について「What’s ○○?」 (○○って何?) と聞かれる事ってありますよね。

食べ物だったらなんとかなりますが、習慣や文化だと日本語でも説明するのが
難しかったりします


あと少しでお正月なので、英語バイリンガルの私が「初詣」をどうやったら英語で
説明出来るのか教えちゃいます。

Sponsored Links

初詣は日本だけの習慣?

image002 まず英語で説明する前に知っておきたいのは、初詣が日本だけの習慣なのか?ですよね。

実は、初詣は「神道の正月行事」です。
そして神道は日本古来の宗教なので、日本固有の習慣です。

他国の友人が日本に来た時に、「みんな鈴をならして、手をパンパンして、お金を投げてる!
バンドマンっぽい若者も、おじいちゃん達もいる、なにこの不思議なイベント!
」と
珍しがっていました。

老若男女が同じ時期に・同じ場所に行って・同じ事をするというのが、
海外の人にはとても珍しい事なんですよ。

ちなみに、アメリカやカナダ、オーストラリアなどのキリスト教系の国は、
お正月よりクリスマスがメインで、家や国によって祝い方が違います

アジアの国は1月1日ではなく「旧正月」をお祝いしますが、必ず寺院に行くわけじゃなくて、
家で料理を作って年長者のおじいちゃんおばあちゃん達をねぎらったりします。

そして、どの国の若者も正月は「年越しパーティー!イエーイ!!」で飲んだくれて、
新年は特に何もしないのが定番です。

なので、どんな年代の人でも「正月は初詣」というのは、世界的に見ても
とてもユニークな日本の習慣なんです!
Sponsored Links

初詣を英語で説明するにはどうすればいい?

image003 初詣を英語で説明する時に、一番大切な事は「辞書・スマホで単語を調べるのは最終手段!
どうしても通じなくて泣きそうになる直前!
」です。

日本語は知らない単語でも漢字から意味を予想出来ますよね?

英語は、その単語自体を知っていないと、そもそも理解できません

難しい単語を並べて説明するより、簡単な単語を使ったほうが、相手に親切ですね。

例えば「日本特有の習慣」と言いたかったら「Japanese unique event」でOK!

ジャパニーズ・ユニーク・イベント
どれも普段よく使う英語なので、英語が苦手な人でもわかりますね。

自分が知ってる「カタカナ語」を使うとだいたい通じちゃいます。
英単語と思うと難しそうだけど、カタカナ言葉と思うと簡単そうですね。

あと、発音や文法などは気にしない!

堂々と楽しそうに、焦らずに説明すればOKですよ。

日本語でも、自信なさそうに、小さな声で、うつむきながら話していると
何を言っているのかわかりませんよね?
Sponsored Links

初詣の表現に使える例文を紹介

image004 では初詣の表現に使える例文を5つ紹介します。

1、Hatsumoude is the New Year visit to a shrine.
“初詣は神社への新年の訪問です。”

Shrine (シュライン) は神社です。
ちなみに神主さんは「Shrine Priest(シュライン プリースト)」ですよ。

2、It’s the Japanese unique New Year’s event.
“それは日本の独特な新年の習慣です。”

3、I show you, “How to do Hatsumoude“.
“’初詣のやり方’を見せます。”

「見せます」となってますが、「説明します」という意味でも使えますよ。

Hatsumoudeを違う言葉に変えればやり方を見せたい時に使える分にもなっちゃいます。

4、First, we enter Shrine gate, next wash our hands at a hand-washing place.
“まず、鳥居から入ります。次に手洗い場で手を洗います。”

鳥居は「shrine gate(シュライン ゲイト)」です。
言いにくい時は、色をゲートの前につけて「Red gate」朱色のゲートでも大丈夫です。

実は、くぐる物や通る物は全てゲートでOKで、ちなみに電車の改札は
「train gate(トレイン ゲイト)」なんですよ。

5、We throw coin to a coin box and make a New Year wish.
“小銭を賽銭箱に投げて、新年のお願い事を一つします。”

Wish (ウィッシュ) はお願い事です。
芸能人の方が言ってそうな響きですね。

賽銭箱を辞書で引くと「Offertory box」と出てきますが、
「coin box(コインボックス)」で十分通じます!

コインを入れる箱なので、コインボックス、単純だけどとても簡単に
どんなものなのか想像がつきますね。

ちなみに、おみくじは「fortune paper (フォーチューン ペイパー)」です。

さて、難しい単語はありましたか?
日常的に見る言葉ばかりですよね。
Sponsored Links

まとめ

初詣は日本独特の習慣

辞書を使うのは最終手段!

知ってるカタカナ語を使えば十分通じる

これで、難しく考えずに、気楽に初詣を英語で言えますね!

英語は思ってる以上に簡単だ!という気持ちで、国際交流をしちゃって下さいね。

Sponsored Links