必見!絵馬のより確実に恋愛の願いをかなえる書き方のコツを紹介!image001-92
お正月。

お屠蘇におせちにお雑煮、
腹ごしらえをすませて初詣。

お参りも大事ですが、楽しみなのは
おみくじだったり絵馬だったりしますよね。

その名の通り、馬の絵の描いてある板に
願い事を書いて吊るす絵馬ですが、
絵馬について皆さんはどのくらいご存じですか?

恥ずかしながら私はほぼ
絵馬を書いたことがありませんでした。

ですので当然、
絵馬についての詳しいことも知らずにいました。

でももし、独身の頃にもっと恋愛してて、
お正月の時点で「この人と結ばれたい・・・!」
という気持ちがあったら、

そして「絵馬にはより確実に願いをかなえる書き方がある」
と知っていたら絶対書いたでしょうねー!絶対!(笑)

絵馬には、奈良時代の昔から伝わる歴史があり、
「絵馬だからこそ」成就する秘密があるんです。

なんで馬なのか、とか、
なんで願い事を書くようになったのか
とか謎の深い絵馬。

今回は絵馬の謎について詳しくみていきましょう。

Sponsored Links

絵馬とは?

image002-22
最近は、アニメのイラストなんかを
ガッチリフルカラーで忠実に描いたりする
「痛絵馬」なんてものがネットで取り上げられたりして、

絵馬って何?状態になりつつありますが、

本来は神様に願い事をするとき、
もしくはその願いが聞き届けられたときの

お礼を神様にするときなどに、
その旨を記入してお納めするための木札です。

決して自分の好きなキャラを描いて
見せびらかすためのものではないんですよー!
罰当たりですよー!

漫画などでは、三角屋根の家のような形の
五角形がよく描かれているのですが、

私の住む関西ではどこにいっても四角い形状で、
どこに行けばあの形に出会えるのか・・・!と、

憧れの五角形絵馬状態だったのですが、
どうやら関東が五角形
関西では四角形主流だそうですね。

この形状の由来ですが、元々は木の板
五角形にする必要はないことから四角形だったようです。

関東では、かつてこの絵馬の上に屋根をつけており、
その名残で上が屋根型になったという説があります。

現在は、神社の社務所の開いている時間に購入し、
すぐに書いてしかるべきところに掛けるようになっていますが、

かつては「願掛け」というその性質から、
人に見られない時間帯(深夜や未明など)に奉納されていたようです。

おめでたい話の中で例に出すにはそぐわないかもしれませんが、
呪いであるところの丑の刻参りも人に見られたらダメだし、

現代でも好きな人の名前を消しゴムに書いて
見られずに使い切ったら・・・なんておまじないはずっとあるし
(心当たりある人もきっといるはず!)

昔から願いは人に見られたらダメなんですね。

そして、絵馬に関する歴史です。
少し長くなるので、興味のない方は
一番下の行まで飛ばして頂いても大丈夫です。

絵馬に描かれている馬ですが、
古来馬は神様の乗り物とされ、
神事のときには馬が捧げられていました。

しかし、いつも馬を準備できる
裕福な人々ばかりではないので、

次第に本物の馬でなく、
馬の像(木や紙などの簡易なもの)
奉納されるようになり、

現在の形の「馬の絵が描かれた木の板」
奈良時代から使用されていたようです。

また、必ずしも馬であるというわけではなく、
例えば伏見稲荷大社など
「お稲荷さん」を祀っているところでは、

神の使いは狐であるので、
狐の絵馬(絵狐とは言わない)を用いています。
神社の形式によって描かれるものは異なります。

戦国時代になると、文化の発展によって
狩野派などの絵師が現れます。
この絵師たちが、絵馬を作品としはじめます。

飾られた絵馬たちはさながら作品展。
人々はそれらを観賞して評価するので、

絵師たちはどんどんしのぎを削って
力作を発表するようになりました。

更に、江戸中期以降、絵にバリエーションが出てきます。
というのも、願掛けの内容が実利的になり、

今にも続く「家内安全」「商売繁盛」など、
庶民の間でも絵馬に願掛けをする習慣が生まれ、
絵馬の需要が一気に増えたからです。

先ほどの絵師に加え、著名な浮世絵師(葛飾北斎など)
絵馬を描くようになり、また願掛けの内容に応じた
字や絵が書かれる場合も出てきました。

また明治ごろになると、集団で奉納する絵馬には、
干支や厄除けなど、さらに自由なモチーフが使用されました。

現代でも、集団で奉納する場合は
絵師に絵を描かせることがあります。

いずれにしても、絵馬に描かれるものは
「神様へ奉納するもの」です。

現代でも、お世話になった方へ送る
お中元お歳暮は、現金を避けて、物をお送りします。

お賽銭の五円だけでなく、何か願いをかけたいときは
やはり改めて絵馬を奉納すると、失礼にあたらないのかもしれません。
Sponsored Links

絵馬には決まった書き方があるの?

image003-81
「決まった書き方」があるかというと、
ぶっちゃけありません。

ただ、「挨拶はルールじゃないけどしたほうがいい」ようなもので、
やはり神様に奉納して自分の願いをかなえてもらうためのものなので、
失礼にあたらない書き方は必要かと思います。

裏表わきまえずに乱雑に書きなぐったり
願いと関係ない事を適当に書いたりするのは
あまり好ましくありません。

上の方に書いた「痛絵馬」も、
避けた方が賢明かとおもいます。

どうしても自分のイラストを披露したい場合は
別の場所で発表するようにしましょう。

では、「失礼にあたらない、マナーに沿った書き方」とは
どのようなものでしょう?

以下に説明します。
Sponsored Links

絵馬の正しい書き方

image004-19
まず、絵馬には表裏があります。
奉納すべき絵が描かれているのが表です。
この表には、何も書きこみません。

無地の方が裏ですので、ここに願い事を記入します。
墨しかない時代に生まれたものですので、
本来は墨で記入するのですが、

現代はボールペン油性マジックという
雨風に負けない丈夫な筆記具がありますので、
そうしたもので記入しましょう。

鉛筆水性ペンは、雨でぬれてしまうと
字が読めなくなりますので、避けるべし。

願いを書いたあとは、本来は「誰のどの願いか」
はっきりさせるために、住所氏名生まれの干支を書くのですが、
このご時世さすがに赤裸々に書くのは憚られます。

住所も番地まで細かく書く必要はないので、
在住の都道府県名だけでも大丈夫。
氏名をイニシャルにしたりという工夫もいいでしょう。

神社によっては「情報保護シール」なるものがあるようですので、
全て書いたあとにシールを貼ると言う手段もあります。

とはいっても、昔は干支性別だけで
よかったようなので(例:子年男、午年女)
あまり厳密に考えなくても大丈夫だと思います。

どうしても気になるなら匿名匿住所でも
きっと神様は汲んでくださる・・・はず・・・!

最後に、奉納した日付を書いて、
神社内の奉納所に掛けて終了です。
(絵馬を掛けられるようになっている)
Sponsored Links

願い事のしかたは?
恋愛成就にいい書き方はあるの?

「二兎を追うものは一兎をも得ず」
ことわざが示すように、欲張りはいけません。

一枚の絵馬にあれこれ願いを詰め込むと、
それぞれに対する力が薄れてしまいます。

一枚の絵馬に願いは一つ。

複数の願いがあるときは、
願いの数だけ絵馬を書きましょう。

また、よくあるのが「~できますように!」という願い事。
これは実はあまりよくありません。

絵馬に書く願い事とは、
「この状態になる」という最終段階のことです。

なので「~できますように」と書いてしまうと、
ず~っと「~できますように」と思う状態にしかなりません。

具体的にどうなるのが目標なのかをはっきりさせて、
「~する!」「~になる!」と、言い切りの形ではっきり書きましょう。
願いがはっきりと神様に届きますよ!

また、よくある言い回し「恋愛成就」
「家内安全」といった表現もいいでしょう。

何より、そう書いたほうが自分の気持ちもはっきりして、
自分でも目的達成のために動けます。

ところで、恋愛成就と同じような表現で
「良縁成就」と書いてあるのを時折見かけます。

これは実は全く違う願いで、

恋愛成就
今好きな人がいて、その人と結ばれますように

良縁成就
特に相手は限定しないが、よき縁で結ばれますように

という意味になります。

つまり、フリーのとき「いい人見つからないかな~」
という気持ちで書くのが良縁成就で、

片思いの相手と結ばれたい!というときは
必ず「恋愛成就」と書いてくださいね。

・・・ということは、私も「良縁成就」って書いた絵馬を
奉納していたら、もうちょっと実りのある
独身時代が過ごせたんでしょうかね(苦笑)

やっときゃよかった・・・。

まとめ

・絵馬とは、神様に奉納するものの絵が描かれた木札で、
裏に願いを書いて神社に奉納するもの


・特に決まった「正しい書き方」はない

・無地の裏側に、願い事・氏名・住所・奉納日を書くが、
気になるなら匿名匿住所でも大丈夫


・願い事は「~したい」ではなく「~する」というような、
言い切りの形ではっきり書く


奉納所の絵馬をぼんやり眺めると、
いろんな願いがあって楽しいですね。

「自分の札が見られるのは恥ずかしい・・・」

なんていいますが、少なくとも絵馬を見て
「これ○○さんの絵馬だ!」なんて見つけたことはありません(笑)

自意識をちょっと脇にどけて、
今年のお願いを絵馬に書いてみませんか?

せっかくちゃんとした書き方が分かったので、
私も今年は「家内安全」の絵馬を書こうと思います。
・・・いや、書きます!(笑)

最後に、願いが無事叶ったら、
ちゃんと神社へお礼参りに詣でましょう。

しっかりお礼まですれば、きっと
次の願いも神様は聞き届けてくれますよ!

Sponsored Links