黒酢の驚くべき効果3選とは!?飲むだけで美肌になるって本当⁉自宅で簡単ドリンクも!image001
ここ数年、健康食品として黒酢が人気を集めていますね。

健康志向の方だけでなく、
ダイエット目的の方にも注目されている黒酢ですが、
そもそも黒酢って何なの?どんな効果があるんでしょう?

また、黒酢を取り入れようと思っても、
独特の酸味に慣れないという人も多いと思います。

でも、美味しい黒酢ドリンクは自宅で簡単に作れるんですよ!

そこで今回は、黒酢と酢の違い、黒酢の効能、
黒酢の効果的な摂り方、黒酢や黒酢ドリンクの例について

ご紹介します!


Sponsored Links

黒酢と酢の違いは?

image002

黒酢と酢は、【色】【香り】【味】【原料】
【製法】に違いがあります!

◎色

黒酢は文字通り黒褐色です。
穀物酢や米酢は透明の黄色や淡褐色ですよね。
黒酢の黒色は、麹菌の作用の化学反応によるものです。

他の食品だと、味噌や醤油もこれと同じ化学反応によって、
食品中のアミノ酸などが褐色物質を発生させているんです。
時間をかけて熟成させるほど色が濃くなっていきます。

◎香り、味

一般的な穀物酢は独特のツンとした香り、
そして強い酸味がありますが、
黒酢はまろやかな香りとコクがある風味を持っています。

この香りや味も色と同様、
長い熟成期間が引き出す黒酢特有のものなんです。
また、黒酢が他の酢よりも群を抜いて豊富に含んでいるアミノ酸
この独特の香りと味を生み出しているんですよ。

◎原料、製法

黒酢は、「穀物酢のうち米または、米に小麦か大麦を加えたものが原料で、
1000mlにつき180g以上の米を使用したものを発酵・熟成によって
褐色または黒褐色になったもの
と農林水産省では定められています。

米酢の原料は精米ですが、
黒酢は玄米または大麦を原料にしています。

製法としては、米酢は原料の蒸した精米を金属容器の中に入れ、
発酵させて、4ヶ月ほどの短い期間で完成します。
一方黒酢は、上の写真のような壺などの中でじっくりと長い時間をかけて
発酵、熟成させます


1〜3年ほどかかるものもあります。

その結果、アミノ酸を多く含み、
色やコク、香りと共にお酢の旨味を凝縮できるんです。

黒酢は他の酢より手間ひまかけて作られていることがわかりました!
その分、アミノ酸を多く含み風味豊かな味わいになるとのことで、
その効能にも期待できますね!


Sponsored Links

黒酢を摂るとどんな効能がある?


黒酢に含まれるアミノ酸には、ロイシン、イソロイシン、
リジンなどの必須アミノ酸が豊富に含まれています。

そのアミノ酸が健康だけでなく、美容にもいい効果をもたらしてくれるんですよ!

では、黒酢の効能・効果をザーッと挙げていきますね!

・疲労回復
・便秘改善
・睡眠改善
・肌のバリア機能を高める
・血糖値上昇の抑制
・血圧低下
・血流改善
・悪酔い、二日酔い防止
・内臓脂肪の減少
・カルシウム吸収促進


などなど…。

これらの効能がもたらす特筆すべき効果を少し詳しくご紹介しますね。

◎健康な肌

肌荒れの原因には、疲労、便秘、睡眠不足などがあります。

黒酢に含まれる酢酸は疲労回復に、
アミノ酸は腸のぜん動を促し便秘改善に
同じくアミノ酸が睡眠導入に役立ち、質の良い眠りをとることができます。
その結果、心身の健康はもちろんですが、美肌にもなれるんです!

さらに、アミノ酸の中のグリシンという成分が皮膚のバリア機能を改善する働きがあると報告されています!
肌が潤い、敏感肌が改善するそうです。

◎ダイエット効果

ダイエット効果も黒酢の効果として有名です。
黒酢を摂ると、体内で脂肪を吸収しない、
あるいは内臓に脂肪を溜め込まないという実験結果も報告されています。

内臓脂肪は、高血糖、高血圧、脂質異常症の原因となります。
さらには糖尿病、脂肪肝、動脈硬化にも繋がります。
黒酢に含まれるアミノ酸はそれらの予防に効果を発揮します。

美容目的のダイエットだけでなく、
性別年齢問わず健康維持のためにも
黒酢はぜひ摂取していきたいですね!


◎血流改善効果

血流が悪くなりドロドロの血液になると、肩凝りや冷え症、
さらには心筋梗塞や脳梗塞に繋がるリスクが高まります


血流が悪くなる原因には、食生活による肥満や糖尿病、
脂質異常症のほか、精神的ストレスや運動不足があり、
それらによって血液が酸化してしまうことにより
ドロドロになってしまうのです。

黒酢には、抗酸化作用を増やし、
酸化ストレスを軽減させる働き
があります。

血糖値や高血圧の改善にも役立ちます。


Sponsored Links

黒酢の効果的な摂り方は?

image004

食事中、または食後に大さじ1杯(約15ml)摂取するのがいい
と言われています。
1日の目安は、15〜30mlです。
これ以上は身体に負担をかけてしまいます!

また、黒酢の原液のままだと刺激が強すぎるので、
10倍程度に薄めて飲むようにしましょう。

それぞれの効果を高めるオススメの摂り方があるのでご紹介しますね!

◎ダイエットしたいとき

食後や、運動後や入浴後など身体が温まった時がオススメ!

◎血糖値の上昇を改善したいとき

食事前半に黒酢を摂るのがオススメです。

◎疲労回復したいとき

疲労を感じた時や、運動後に糖分と一緒に黒酢を摂りましょう。

◎カルシウムの吸収率を上げたいとき

料理に使うのがオススメです。
黒酢の成分で肉や魚介類を骨や貝殻ごと煮込むと
そのカルシウムが溶け出します!

空腹時に黒酢を飲むと胃に負担をかけてしまうので、
注意してください!

私も黒酢を習慣的に摂っていますが、
最初の頃は飲み方を知らず、
朝目覚めた直後や小腹が減った時など空腹時に飲んでいました。

すると数日後ひどく肌荒れが起きてしまったのです(泣)
調べてみると、胃が荒れてしまっているのが原因でした。
肌をきれいにしたいから黒酢を飲んでいたのに、
これでは本末転倒ですよね。
なので、食事中ならお料理に使うのでもOKなので、
空腹時の摂取は避けてください!

Sponsored Links

黒酢や黒酢ドリンクの例は?


黒酢には、大きく分けて4つの種類があり、
それぞれ特徴があります。

香醋(こうず)
中国の黒酢で、日本の黒酢の元になったといわれています。
酸味が少なく、濃厚な風味があります。

米黒酢…日本の黒酢の中でもっとも一般的なものです。
酸味がやや強いので、水やジュースで割って飲む方法が主流です。

大麦黒酢…米黒酢よりさっぱりとした味わいで、
お酢が苦手な人でも飲みやすいといわれています。
栄養素も米黒酢と違い、
マグネシウムも豊富で健康維持への高い効果が期待されています。

バルサミコ酢…ぶどうが主原料のイタリアの食酢の一種です。
ポリフェノールを豊富に含んでいます。
サラダにかけるなど、料理の調味料として使われています。


黒酢の効果を実感するには、毎日継続して摂る必要があります。

毎日のことなので、できるだけ美味しく飲みたいですよね!

自宅で簡単に作れる黒酢ドリンクをご紹介します☆

◎黒酢&水

黒酢大さじ1杯を約10倍の水で薄めます。
冷やしたほうが飲みやすいのですが、黒酢は身体を冷やす効果もあるので、
特に冷え症の方は常温の水のほうがいいと思います。

お湯で割るのもOKです!
ただし、黒酢の酸は熱に弱く、熱すぎるお湯だと気化して有効な成分が減ってしまうので、
ぬるめのお湯がオススメです。

甘みが欲しい時は、ハチミツや黒砂糖を少し加えてください。
でも、糖分の摂り過ぎに気をつけてくださいね!
レモン汁で風味付けするもの美味しいですよ♪

◎黒酢&ジュース

お好きなジュースで割る飲み方です。
黒酢大さじ1杯に約10倍のジュースを加えます。

色々なジュースを試してみて、お気に入りの組み合わせを見つけてみてください。
特に相性抜群なのは、トマトジュースだそうですよ!

◎黒酢&牛乳

大さじ1杯の黒酢に約10倍程度の牛乳を注ぎます。
飲むヨーグルトのようになりますよ!

ハチミツやバナナ、ブルーベリージャムなどを加えると
デザートのようになります♪

黒酢にはカルシウム吸収を促す働きもあるので、
成長期のお子さんにもオススメです。

◎黒酢&赤ワイン

グラス1杯の赤ワインに、ほんの少しの黒酢を加えるだけです。
健康的なカクテルですね!

黒酢に果汁を加えたブルーベリー黒酢、リンゴ黒酢、
ザクロ黒酢なども市販されています。

他にも、サプリメントで摂るのもいいですし、
コンビニでも黒酢ドリンクが売られていることがあるので、
そういうものも上手く活用すると長続きしそうですね!

まとめ

1.黒酢は他の酢よりアミノ酸などの栄養素が豊富!
2.黒酢は全身の健康に効果的!

特に美肌作り、ダイエットには最適!
3.「適量を守る」「薄めて飲む」「空腹時を避ける」
がポイント!

4.黒酢ドリンクは手軽に作れる!
ただし糖分の摂り過ぎに注意!


敷居の高そうな黒酢でしたが、意外と簡単に摂取できそうですね!
すぐに効果は出なくても継続して摂り続けるのが
黒酢で健康になれるコツですよ♪

Sponsored Links