梅花祭 北野天満宮2017 日程と見どころは?知ると3倍楽しめるおすすめコースも紹介!https://www.youtube.com/watch?v=y1UyiixV9JQ

少し暖かくなってくると、行きたくなるのがお花見ですよね!
お花見といえば桜が代表的だとは思いますが、
わたしはその少し前に見ごろになる梅がとっても大好きです。

わたしは京都に生まれ育ったのですが、
毎年2月に開催される北野天満宮の梅花祭には
かかさず行っています。

本当にここの梅はすてきなんですよ!!

今回は、そんな京都を代表する梅の名所、
北野天満宮の梅花祭を紹介したいと思います!

《目次》
1、梅花祭とは?
2、梅花祭2017の日程は?
3、梅花祭の見どころは?
4、梅花祭の基本情報

Sponsored Links

梅花祭とは?

image002-18
北野天満宮というのは、「学問の神様」として有名で、
菅原道真公を祀っている神社です。

京都に生まれた方のほとんどが、
受験シーズンで親に連れて行かれる神社です!

今でも梅花祭に行くと、
受験のことを思い出してしまうほど、
よく行った思いで深い神社です!

そんな北野天満宮の梅花祭は、
梅をこよなく愛した菅原道真公が亡くなった、
2月25日の命日におこなわれたことが始まりです。

そんな梅花祭は、なんと!900年の歴史があるんですよ!
Sponsored Links

梅花祭2017の日程は?

image004-16
2017年も変わらず、菅原道真公の命日の
2月25日におこなわれます。

そんな2017年2月25日は、
なんと土曜日にあたるので、
遠方の方も行きやすいですよね!

また2月25日の10:00より、
本殿にて祭典がおこなわれます。

梅花祭2017年日程

2017年2月25日(土曜日)~
参拝時間:5:30~17:30
Sponsored Links

梅花祭の見どころは?

image006-6
まだ北野天満宮の梅花祭に行かれたことのない方に、
わたしのおすすめの見どころを3つ紹介したいと思います!

これを知っておくと、3倍は楽しめるはずですよ!

おすすめの見どころ①約1,500本の梅

やはり梅を見に行っているので、梅を外せませんね!

しかも、約50種類1,500本ほどの梅
一気に見ることのできる風景は圧巻ですよ!

わたしが梅花祭に初めて親に連れられた時は、
もう何十年も前の子供の頃だったのですが、
梅があまりにもきれいだったのか、

「スゴイ!きれい!」と叫んでいたらしいです!

そして、外国人の友人を連れてきたときも、
桜よりも感動した!と言っていたので、

子供でも外国人観光客でも、
すべての人に感動を与えるほど、
北野天満宮の梅はすごいですよ!

そんな梅をもっと楽しんでいただきたいので、
ぜひ「梅苑」をおすすめします!

梅苑は入場料がかかりますが、
梅茶と茶菓子がついているので、お得ですよ!

道真公が生涯愛した梅を眺めながら、
温かい梅茶を飲む…これほどの贅沢はないですよ!

梅苑詳細

開苑時間:10時~16時
入苑料:大人700円・こども350円 (茶菓子付き)

おすすめの見どころ②野点大茶湯

梅花祭が始まる2月25日におこなわれるお茶会です。

北野天満宮近くにある上七軒の芸子さんたちが、
お茶をふるまってくれる贅沢なイベントです!

この時期に友人たちが京都観光にくると、
必ず連れて行くのですが、みんな本当に喜んでくれますよ!

芸子さんにお茶をいれてもらう機会なんて、
京都人のわたしでもないですからね!

このためだけに京都観光にきても
損はないくらいの、おすすめの催しですよ!

野天大茶湯詳細

場所:北野天満宮 三光門前広場
日程:2017年2月25日 10:00~15:00

料金:2017年1月25日発売

拝服、宝物殿拝観、撤饌引換券の三連券を
1,500円で購入 先着3,000名

おすすめの見どころ③上七軒

少し番外編になりますが、3つめのおすすめは、
北野天満宮の裏手にある花街「上七軒」です。

先ほど少し触れましたが、
野天大茶湯にきてくれる芸子さんたちは、
この上七軒からきてもらうのです。

ここはなんといっても京都最古の花街なんですよ。

舞妓さん、芸子さんといえば祇園が有名ですが、
本当の京都の風情を感じたい方は、
この上七軒をおすすめします。

たとえば祇園で舞妓さんや芸子さんが歩いていると、
観光客に囲まれたり、カメラを向けたりする人がたくさんいますよね?

しかし、ここではそんなことはありません。

自然に、そして当たり前のように上七軒という町に
馴染んでいる舞妓さん芸子さんがいるんです。

京都に生まれ育ったわたしでも、ときどき上七軒にくると、
なんだかタイムスリップしたような感覚と、
そして「京都っていいな」と改めて感じられる場所です。

ぜひ、梅花祭に訪れた際には足を運んでみてください!
ちなみに、夜の上七軒もいいですよ!

梅花祭の見どころを整理すると、

1、梅苑
2、野点大茶湯
3、上七軒

1日ですべて楽しめるおすすめスポットですので、
ぜひ行ってみてください!
Sponsored Links

梅花祭の基本情報

image008-1

梅花祭2017年日程

2017年2月25日(土曜日)~
参拝時間:5:30~17:30

梅花祭の祭典日程

2017年2月25日(土曜日)
10:00~

野天大茶湯日程

2017年2月25日 10:00~15:00
料金:1,500円(2017年1月25日発売)

アクセス方法

image010

■電車でお越しの方

京福電車 北野白梅町駅下車 徒歩約5分
JR山陰線 円町駅下車 徒歩約20分

■バスでお越しの方

JR京都駅から京都市営バス50・101系統
北野天満宮前下車


京阪三条駅から京都市営バス10系統
北野天満宮前下車

■車でお越しの方

名神高速道路 京都南インターより約10km
所要時間:約30分

駐車場情報

300台駐車可能の無料駐車場があります。
しかし、2月25日は使用できないため、公共の交通機関をおすすめします。

まとめ

梅花祭は、毎年多くの人達で賑わいます。

混雑を避けたい方は、2月上旬から3月中旬まで
梅をみることができますので、2月25日に行く必要はありません。

しかし、2月25日に梅苑、野点大茶湯、上七軒と、
先ほど紹介したおすすめのコースを楽しんでいただきたいです!

北野天満宮の梅花祭は梅だけでなく、
「京都」というものを感じていただけるおすすめの行事です。
ぜひ、2月25日におでかけください!!

Sponsored Links