大晦日の過ごし方は決めてる?家族にオススメの年越しランキング5!image001-85
~もういくつ寝るとお正月~

小さい頃、この歌を歌うとわくわくドキドキしました。
お正月って無条件にうれしい気がしませんか?

それはお年玉のことを考えていたからなのか、
大晦日だけは何時まで起きていても
良いと言われていたからなのか、

今となってはあの頃の自分の答えはわかりませんが、
今でもお正月の歌はうれしい気持ちにさせてくれる歌です。

東京に出て一人暮らしの長かった私は、
大晦日になるといつも実家に帰省していました。

「ご褒美」という魔法の言葉を自分に言い聞かせて、
おいしい日本酒を買って、ずっと飲んでいたような気がします。

そしてまた新しい家族ができて、家族で年を越すようになり
新しい楽しみ方を見つけつつあります。

一人でのんびり過ごすのも良かったし、
友達と騒ぐのも楽しかったし、

恋人とドキドキ過ごすのも温かい思い出になっていますが、
今は家族で新しい年を迎えられることをとても感謝しています。

そんな私がオススメする
家族での大晦日の過ごし方ランキングを発表します。

Sponsored Links

第5位 ディズニーランドのカウントダウン

image002-16
ディズニーランドのカウントダウン
今は年越し特別営業と言うそうですが、
特別なチケット「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」が必要になります。

例年、オフィシャルホテルの宿泊付きチケットが夏には、
倍率数十倍と言われる郵便はがきやインターネットから
パスポートを申し込む方法でも9月には、発売が開始されています。

なかなか確率は低いですが、年に1回のイベント
当たれば是非行って家族で盛り上がりたいですよね。

これから、イベントの参加を考えている人は
旅行代理店のツアーバケーションパッケージなら
まだ可能性があるかもしれません。

子供の喜ぶ顔を見れば、
努力も疲れも吹き飛んでしまいそうですね。
Sponsored Links

第4位 家族でおせちを作る

image003-74
そんなギリギリに?と思うかもしれませんが、
年末は忙しくて意外とおせちを作る時間ってとれないものなので、
大晦日に家族で楽しく作るのはオススメです。

それにお正月の料理を家族で
意味を考えながら作るというのはなかなか楽しいですよ。
会話もいつもより弾みます。

また、子供は自分で作ったおせちだと
意外と食べてくれるのでお正月の食事がより楽しくなります。

ただ、作ると決めたら早めに材料を買っておかないと、
大晦日のスーパーにはおせちを作る材料は
あまり置いていないので注意してください。

去年私は、伊達巻きを作りたかったのに、
どこを探しても半片が売っていなくて断念しました。

また、黒豆を煮始めたら
砂糖が家になかった、なんて失敗もありました。
それも良い思い出ですけどね。
Sponsored Links

第3位 旅行

image004-14
年末年始の旅行は他の時期に比べると
お高くなっているので、勇気がいりますが、
いつもと違う雰囲気で迎えるお正月は楽しいものです。

本当は思い切ってハワイとかグアムなんかで
芸能人のようにセレブなお正月を迎えたいですが、
休みの日数を考えると難しいこともありますよね。

旅行だからと言って遠くまで行かなくても、
楽しめることはいっぱいあります。

温泉旅館でまったり高級ホテルで豪華になどなど、
いつもと違った日常を楽しみましょう。
Sponsored Links

第2位 帰省

image005-48
故郷との距離がある人は、年末年始は帰省
実家で過ごすのがオススメです。

年末年始は道路も混みますし
新幹線や飛行機のチケットも取るのが大変ですが、
実家でご両親は孫に会えるのをずっと楽しみにしているはずです。

帰省しのんびりすごしつつ、親孝行もできちゃいますよ。
懐かしい友達に会えるのもうれしいですね。

子供同士は、すぐに友達になれるので、
地元の同級生家族と食事会をするのも楽しいでしょう。

第1位 家族でまったり

image006-5
これぞ年越し!と思うのは、やはり家族でまったりでしょう。

早々にお風呂に入り18時を過ぎたら
テレビの前から動かない覚悟で、
こたつの上にはみかんを置きます。

年末の大掃除で押し入れの奥の方から見つけた
何年ぶりかのボードゲームをやるのも楽しいですし、
年末特番を見て大笑いするのも良いですね。

普段は時間に制限をかけているテレビゲームも
この日は特別に延長することもできます。

年の初めにたてた目標がどうたったか
というお話をするのも楽しいですね。

まとめ

家族で過ごす大晦日に正解はないのかもしれません。

ただ、どこにいて何をしていたとしても
「家族で過ごす」ことが幸せなのだろうと思います。

仕事などの理由があって、実際には
同じ場所にいることができないこともあるかもしれません。

それでも、家族を想って過ごせば
それは、家族で過ごす時間なのでしょうね。

そのときごとで、家族の形は変わっていきます。

自分が子供だったとき、結婚して夫婦2人になったとき、
子供が生まれたとき、子供が大きくなったとき、
そして巣立っていったとき。

今この瞬間の家族との年末がすてきな時間になりますように!

Sponsored Links