ニットの縮みが気になる方必見! 縮みを戻す方法って何かあるの?image001
寒い時期に大活躍するニット。
暖かいですし結構な頻度で着ますよね!

でも沢山来ているからこそ
においが気になったり
ちょっと汗もかいたしなーと思って
洗濯しよう!と思う事ありますよね?

私は冬場でも汗が気になるのでよく洗濯をします。

でもニットがどんどん縮んでいくのを感じます。笑
皆さんは感じますか?

そこでこれから活躍するニットの縮まない方法があるのか
まとめてみました。

Sponsored Links

そもそもニットが縮む原因って何なの?

image003
ニットを洗濯したら縮んでしまったーーーー!

その原因2つあります。
1つ目はニットの編み方
2つ目はニットの素材にあります。

1つ目のニットの編み方・・・というのは

ニットというのはそもそも緩く編んであるので
編み目が粗くなっています。
そこに一定方向の力を加える事により
力を加えた方に伸びてしまうんです。

例えば洗ったニットハンガーにかけて干していると
ハンガーの先の方に力がかかり続けるので
伸びてしまう・・といった仕組みです。

このパターンよくありませんか?
きっと多くの人がやっちゃってるパターンだと思います。

2つ目はニットの素材。

ウール系繊維のニットは縮んでしまいます。

ウール系繊維は水分に触れると
キューティクルが一気にはがれていきます。
その状態で洗濯機の中で他の洗濯物とこすれあったり
引っかかることによって
縮んだ状態になってしまう・・・という事です。

ちなみにオススメなニットの素材はアクリル系繊維のニットです。
アクリル系だと縮まないので
洗濯するのに気を使わなくて済みますよ!
ニットを買う際に1度確認してみましょう!
Sponsored Links

縮んだニットを戻す方法ってある?

image005
ではもうすでに縮んでしまったニットはどうしたらいいのか!

結論から言うとある程度まで戻せます!

ただ素材によって少々やり方が変わってくるので
間違えないようにしましょう!

まずカシミヤやアンゴラなど動物の毛が繊維になっているニット。
こちらはトリートメントで戻す方法が効果的です。

合成繊維や麻や綿のニットの場合は
トリートメントでも伸びますが
元に戻るくらいではないので
あまりおススメではありません。
このタイプだとアイロンを衣服から1センチ開けて
スチームのように当てていきましょう
毛糸を潰すと見栄えも変わってくるので
ポイントはゆっくり丁寧に!です!

また麻や綿のニットを極力元の状態に戻したい場合は
1度柔軟剤を混ぜたぬるま湯につけて
少しずつのばしていく方法もあります。

伸ばしたら日陰干しをして
その後アイロンでスチーマーのようにしていくと
アイロンを当てるだけより元の形に近くなります。

ちょっと時間と手間がかかりますが
きれいに直したい!という方はこの方法がオススメです!
Sponsored Links

トリートメントでまっすぐに伸びるの?

image007
よく伸ばす方法の1つとしてトリートメントで伸ばす方法
よく聞くかなーと思います!
私の周りではトリートメントを使用している方が
多かったですね!

トリートメントで伸ばすやり方は簡単です!

まず洗面器や洗面台にぬるま湯を張ります。
衣服が浸かるくらいですね!
その中にトリートメントを500円玉の大きさ程入れます。
これでトリートメントが薄まった液の完成です。

この中に30分ほど衣服をつけてその後脱水にかけましょう。

その後日陰干しをします。

トリートメントに配合されているアメジメコチンという成分が
キューティクルをコーティングする作用があります。

ニットは動物の毛が多いのですが
これが髪の似ている性質を持っているんです。
トリートメントをすることにより
絡みがとれて元に戻りやすくなるんですよ!
Sponsored Links

まとめ

寒い時期だからこそ活躍させたいニット。

選ぶときはアクリル繊維のものを選びましょう。

伸びてしまったニットは
ぬるま湯にトリートメントを配合したものにつけるか
アイロンでスチーマーにように当てる方法があります。


何ども着たいニットなので
丁寧に扱いこの冬もおしゃれを楽しみましょうね!

Sponsored Links