デニムジャケットのメンズブランドのオススメ4選&着こなしの3つのポイントを紹介!image001-75
みなさんが考えるセンスのいい
メンズファッションとはなんでしょうか?

私が思うセンスのいいメンズファッションは、
適度なトレンドも取り入れつつ、流行に左右されない
アイテムを身につけていることだと思っています。

つまり、自分に似合う定番のアイテムをよく知っているということです。

そんな定番アイテムの代表格といえば、
昨今のデニムブームで人気となった
デニムジャケットではないでしょうか?

古着屋の店長を経て、今も現役のバイヤーを続けている
私の経験を元に、厳選したデニムジャケットの
オススメのブランドなどを紹介したいと思います!

特に初めてデニムジャケットに挑戦する方は必見ですよ!

《目次》
1、デニムジャケットとは?
2、デニムジャケットのオススメのブランドは?
3、デニムジャケットの着こなしのポイントは?

Sponsored Links

デニムジャケットとは?

image003-65
デニムジャケットというのは、
デニム地で作られたジャケットのことをいいます。
代表的なのはGジャンカバーオールです!

そこで今回は、アメカジが好きな方には定番ですが、
最近では素材や形などさまざまなバリエーションで、

各ファッションブランドからリリースされている
Gジャンを紹介していきたいと思います。

そんなGジャンですが、
実は代表的な型が大きく分けて3種類あります。

1つめは、1stタイプ。

少しゆったりしているデザインで、アメリカの作業着が元なので、
悪く言えば野暮ったい型ではあります。
そして、胸ポケットは1つしかないので、かなりシンプルです。

その次は2ndタイプです。

2ndタイプは1stと違い、ポケットも2つになるなど、
少しですがファッションアイテムとして進化したような感じです。

最後は3rdタイプ。

かなりスタイリッシュな型になっています。
現在、さまざまなブランドからリリースされているGジャンは、
この3rdをモチーフにしているブランドがほとんどです。

それぐらい、現代のファッションでも
使える洗練されたデザインということです。

ただし、ここ最近各ブランドからリリースされているGジャンは、
この型にはまっていないことも多く、

またモチーフにしていたとしても、着丈を長くするなど、
シルエットには改良を重ねているので、非常に着やすいデザインですよ!
Sponsored Links

デニムジャケットのオススメのブランドは?

image005-45
デニムジャケットの中でも、Gジャンはシャツ感覚
さらっと羽織ることができるとても便利なアイテムです。

しかし、ハイブランドのGジャンやヴィンテージのGジャンなどは、
何十万もする高額なものもめずらしくありません。

そんなGジャンですが、初めてGジャンに挑戦する方や、
買ったことあるけれどタンスの肥やし状態だという方は必見です!

気楽にさらっと羽織ることができるGジャンの、
オススメのブランドを紹介したいと思います!

1、JOURNAL STANDARD
(ジャーナルスタンダード)

20代、30代の方からは圧倒的な支持を得ているセレクトショップ。
こちらのオリジナルのGジャンは、
シルエットも細くストレッチも効いているので、着心地は抜群です!

私はここのGジャンは1枚でも着ることもありますが、
メインは真冬のダウンジャケットコートのインナーに着ることが多いです。

他のブランドのストレッチが効いていないGジャンを
インナーに持ってくると、ゴワゴワして着づらくて大変です。

また、JOURNAL STANDARDには
他にもたくさんGジャンが揃っていますので、
1度見に行くことをオススメします!

2、DIESEL(ディーゼル)

イタリアのブランドDIESELといえば、
デニムの印象が強いのではないでしょうか?
特にここのオススメは、ユーズド加工したGジャンです!

色落ちがヴィンテージをコピーするのではなく、
ブランド独自の色落ちで、それがデザインにもなるほど美しいですよ!

そんな老舗ブランドのGジャンですが、
毎年独自のGジャンをリリースしているので、すべて揃えたくなるほどです!
ちなみに私はDIESEL が大好きで、15着以上は持っています…

3、GAP (ギャップ)

定番アイテムを低価格で手に入れられることからも人気のGAPです。
全国各地に店舗があるのも魅力ですよね!

ここのGジャンはノンウォッシュタイプが特にオススメです!
色落ちしているタイプもありますが、
低価格なこともあり、そこまで満足できる色落ちではありません。

しかし、ノンウォッシュタイプは色も濃くて、
モードな着こなしにも対応できるシルエットの良さが魅力です!

初めてのGジャンで失敗したくないという方には、
値段も含めて特にオススメしますよ!

以上3つが、初めてのGジャンでも
抵抗なく着ることのできる私のオススメでした!
しかし、あと1ブランド紹介させてください。

それは、

4、Denime(ドゥニーム)

何十年も前にレプリカブームの火付け役
とまでいわれたデニムのブランドです。
ここのブランドの魅力はなんといっても色落ちです。

何年も着続けて、自分だけの
本当のヴィンテージを作り上げる楽しさがあります。

しかし、最初にそんなGジャンを手に入れても、
さらっと羽織ることは難しいので、番外編にしました。

ただ、他にもあるレプリカブランドは、
シルエットが昔のままだったり、
硬くて着づらかったりなどあるのですが、

Denimeはシルエットも細見なので、
ぜひ2着目のGジャンで挑戦してみて欲しいです!

ちなみに私のDenimeのGジャンは、
もう20年以上着ているので、
古着屋に並んでいるヴィンテージと見間違えるほど育っていますよ!

オススメのブランドを整理すると、

1、JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)
2、DIESEL(ディーゼル)
3、GAP (ギャップ)
4、Denime(ドゥニーム)

今回紹介した4つのブランドは、
どれもシルエットや着心地は自信をもってオススメします!

この中でもまだ迷ってしまうな…という方は、
JOURNAL STANDARDGAPをオススメします!
種類も豊富にあるので、必ず気に入るものが見つかるはずです!
Sponsored Links

デニムジャケットの着こなしのポイントは?

image007-32
がんばってGジャンを着こなしてみたものの、
なんか野暮ったくなった経験はありませんか?

デニムジャケット全般にいえることなんですが、
特にGジャンの着こなしは非常に難しいのです!

しかし、私がこれからお伝えする
着こなしのポイントさえおさえれば、
簡単に!そしてかっこよく着こなせますので安心してください!

ポイント① 着丈は長いものを選ぶ!

冒頭でも紹介した昔からの型のGジャンは、
着丈が短いものが非常に多いのです!

その理由としては、Gジャンはアメリカの作業着だったので、
動きやすいように腕まわりが太く、着丈が短く作られていたからなんです。

着丈が短いジャケット類は、インナーの長さなども
考えないといけないので、着こなしが非常に難しいのです。

しかし、今回紹介したオススメのブランドのほとんどが、
着丈は長く作られているので安心してくださいね!

ポイント② 細見のパンツを合わせる!

Gジャンに太いチノパンなどを合わせると野暮ったくなります。

太いパンツはカジュアルな印象が強くなり、
子供っぽい着こなしになってしまうので注意が必要です!
細見のパンツでもスキニータイプが特に合わせやすいですよ!

ポイント③ 革靴を合わせる!

もちろんスニーカーもかっこいいのですが、
初心者の方であればスニーカーは子供っぽくなり失敗しやすいです。

そこでドレスシューズなどの革靴であれば、
簡単に大人っぽくなれるのでオススメです!

この3つのポイントさえおさえておけば、
Gジャンをかっこよく着こなすことができるので、
ぜひ実践してみてください!
Sponsored Links

まとめ

デニムジャケットのオススメのブランド
1、JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)
2、DIESEL(ディーゼル)
3、GAP (ギャップ)
4、Denime(ドゥニーム)

デニムジャケットの着こなしのポイント
① 着丈は長いものを選ぶ!
② 細見のパンツを合わせる!
③ 革靴を合わせる!

これが私のデニムジャケットのオススメです!
デニムジャケットは、真夏以外は着ることのできる
とても便利なジャケットです。

気に入ったデザインがあれば
何着持っていても損はないアイテムなので、

ぜひ!お気に入りをたくさん見つけて、
どんどん着こなしを楽しんでください!

Sponsored Links