高源寺の紅葉、2017年ライトアップの天目かえでって知ってる?image001
この夏はムチャクチャ暑かったですね、熱中症怖さにずっと室内だった方も多いのでは?

秋になり、そろそろ外の空気を吸いに行きたくなってきましたね~。

残暑厳しい秋が続くようですが、それでも11月にもなれば例年冬の訪れを感じられるようになります。
その中でもひときわ涼しい山の中で、美しい紅葉を楽しんでみませんか?

兵庫県中部は、南部の神戸や姫路、北部の城崎などと違って山に囲まれてとても落ち着いた名所が多いですが、
その中でも東端の丹波市は京都府に接しており、丹波米や丹波栗など農産物でも名産が多く、
それらを生み出す自然環境は都会では考えられないぐらい豊かです。

他にも、平成18年ここ丹波市で発掘された恐竜の化石は、新種と認定されてタンバリュウと名付けられるなど、
近年話題にのぼることも多い地域です。

そんな丹波市に、「もみじの寺」とも呼ばれるお寺があるそうです。

名前は高源寺。国指定の重要文化財でもあるこのお寺では、ほかではなかなかお目にかかれないもみじが美しく色づきます。
その名も「天目かえで」
折角の紅葉、普通の紅葉とは少し違う美しさを由緒正しいお寺で楽しんでみましょう!


Sponsored Links

高源寺の紅葉の見頃は?ライトアップの時期は?

image002

紅葉の見頃は?

高源寺は、円通寺(えんつうじ)、石龕寺(せきがんじ)とともに「丹波紅葉三山」と呼ばれており、
境内を彩る「天目もみじ」は、開創した遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師が、中国の修行先・天目山から持ち帰ったといわれています。
もみじにしては珍しく垂れ下がった枝の先に、切れ込みが深く入った小ぶりな葉がつくのが特徴です。

高源寺のホームページでは、ご住職が「毎年違うので、訪れた時々で折々の紅葉をお楽しみください」というように趣高く仰っておりますが、庶民である私は折角行くならやっぱり美しいときが知りたい・・・!
というわけで調べてみました。

山の中らしく、見頃は他よりちょっと短めで
11月上旬~11月中旬ごろ
のようです。

毎年11月3日に、シーズンの訪れを告げる「山開き」が行われるのでその頃がいいみたいですね!

ライトアップの時期は?

また、この頃から夜間ライトアップも行われるようですが、今年はまだ日程が決まっていません。

例年、土日祝日のみ
のようですが、

天候によって中止の場合もあるようです

高源寺のホームページの「住職のお話」で過去にライトアップの日程について触れられていることもありますので、
今後チェックすると日程がわかるかもしれません。

また、ライトアップを見に行くときは夜の山なので暖かい恰好で、足元を照らす懐中電灯のようなものがあったほうがいいようですよ~
私も以前、この季節に山に行ったら日中なのに平野部とは比べ物にならないぐらい寒くて、
大変な思いをしたことがあるのでここは意外と要チェックです(笑)


高源寺 兵庫県丹波市青垣町檜倉514
0795-87-5081
8:30~16:30(閉門17:00)
11月のみ入山料大人300円、小中学生100円
Sponsored Links

おススメの紅葉スポット

image003
上に書いた「丹波紅葉三山」、高源寺以外のふたつをご紹介します。
全て30㎞ほどの範囲にあるので、車だと一度に3か所すべて回ることができます。

円通寺

丹波紅葉三山のひとつ。
参道入り口側のもみじトンネルと、境内上段~中段の紅葉グラデーションの時期が少しずつ違い、長い間紅葉が楽しめます
丹波市氷上町御油983
0795-87-2222(あおがき観光案内所)

石龕寺

丹波紅葉三山のひとつ。
境内のもみじが美しく、11月の第3日曜日に「もみじ祭り」が開催され、武者行列が見られる

丹波市山南町岩谷三番地
0795-73-0303(かいばら観光案内所)
Sponsored Links

山開きについて

image002
通常、様々なところでは紅葉の見頃に「もみじ祭り」という名目でイベントが開催されていますが、
ここ高源寺では「山開き」と呼んでいます。
毎年11月3日に行われ、甘酒の無料接待やお琴の演奏会なども行われ、実質他での「もみじ祭り」と同様です。
また、紅葉のライトアップもこの日から行われます。
普段は17:00までの開門ですが、ライトアップ期間中はこの開門時間が20:00までに延長になります。
折角行くなら、是非この期間にして存分に楽しみたいところですね!

奥のほうでは、急な石段の上に「方丈」という建物があり、ここで精進料理をいただくこともできます。
4人以上で、3~4日前に必ず電話で予約する必要がありますが、
精進料理をいただく機会なんて滅多にないので是非体験してみてはいかが?
・・・私も食べてみたいのですが、幼児連れではなかなか行けなくてとても残念なので、代わりにお願いします(笑)
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

image005
高源寺は、バス・電車ともにかなり離れた場所にしかなく、最寄りのJR柏原駅から神姫グリーンバスで最寄り「佐治」バス停で下車しても、徒歩40分ほどかかるため、公共交通機関でのお出かけには適していません。お車でのお出かけをお勧めします。

高源寺には約100台の第一~第三駐車場があり、無料で駐車できます。
このうち自家用車は第一・第二駐車場が利用できます。予約はできません。

・播但連絡道路を利用する場合
和田山インター経由で北近畿豊岡自動車道へ、青垣インターを降りて県道7号経由
→国道427号を西へ、約10分

・舞鶴若狭自動車道を利用する場合
春日インター経由で北近畿豊岡自動車道へ、青垣インターを降りて県道7号経由
→国道427号を西へ、約10分

まとめ

・高源寺では「天目かえで」が有名!11月上旬~中旬に堪能すべし

・ライトアップは土日祝日、20:00まで。足元の照明携帯

・11月3日の「山開き」はもみじ祭り。甘酒をいただきに行こう

・公共交通機関はNG、是非車で近辺の紅葉も見に行こう

車で丹波に行くと、道中周囲の山々の紅葉も楽しみながらドライブできます♪
珍しい紅葉を楽しんで、現物を数葉持って帰って押し花にしてみては?
きっとお土産話のアクセントにもなりますよ~。

Sponsored Links