しもやけの原因って何?体質は関係あるの?治し方と予防法を一挙紹介!image001-64
寒い季節、チクチクしたかゆみ
ジンジンした痛みを伴う厄介なあれ!
そう、しもやけです!

手や足や耳の先、かゆいし痛いし、
赤みがひどくて見た目も気になる・・・
そんな悩みをお持ちの方も多いですよね。

私も、空気が冷たくなると
すぐにチクチクカサカサで困っている1人です。
しかも、こういう症状のイヤなところは、毎年繰り返すということ!

それって、私がしもやけ体質だということ!?
予防法や治療法はないの?
そんな気になるしもやけ事情について調べてみました。

Sponsored Links

しもやけの原因は体質にある?

image003-53
しもやけになるのは、体質によるものなのでしょうか?
そう言われてみると、私は毎年しもやけに悩まされていますが、
同じような生活をしている主人はしもやけとは無縁です。

そもそもしもやけとは、
手足の血流が悪くなって炎症を起こした状態のことです。
血流が悪くなる大きな原因はというと、ズバリ冷えです!

1日の寒暖差や室内外の気温差が大きい冬になると、
急に身体が冷えて血行が悪くなります。

手足の先が冷えやすい冷え性の方は、
しもやけリスクも高いということですね。

さらには手足の湿度も、
しもやけと多いに関係しているのだとか!

濡れた手足をそのままにしておくと、
乾くときに熱を奪って余計に冷えてしまうからです。
手のひらなどに汗をかきやすい方は要注意です!

以上のことをざっくりまとめると、

① 冷え性の人はしもやけになりやすい
② 手足に汗をかきやすい人も、しもやけリスクが高い

ということでした。
冷え性も手足の汗も体質的なものなので、
「しもやけの原因は体質にある」というのは正しいようですね。
Sponsored Links

しもやけになる原因は他にもある?

image005-37
しもやけになる原因は、
冷え性と手足の汗という体質的なものであることがわかりました。
では、それ以外にしもやけになりやすいケースはないのか、調べてみました!

調べによると、

・小さなお子さん
・普段水に触れる機会が多い方
・ビタミンE不足
・先が細い靴やハイヒールを履いている方

というキーワードが。

小さなお子さんというのは、
調整機能が大人より未熟なため
しもやけにもなりやすいのだとか。

大人がきちんと守ってあげないといけませんね。

水に触れる機会が多い方というのは、
前項で紹介した『汗をかきやすい方』というのと同様です。
乾く時に冷えてしまうのが良くないようです。

ビタミンEは、血液の循環に欠かせないビタミンです。
これが不足すると、身体の冷えを招くそうですよ!

そう聞いてすぐに、『ビタミンE レシピ 簡単』で検索してしまいました。
今夜はビタミンEたっぷりメニューです!(余談でした。)

先が細い靴やハイヒール
合わない靴を無理に履いたりすることでも、
指先が圧迫されて血行不良を招くそうです。

しもやけの原因としては盲点でした!
女性は気をつけなければなりませんね。

それから、遺伝的要素があるとも言われているようです。
ただしこれは、はっきりとは解明されていないようですね。

でも、冷え性多汗症といった体質は親子で似ることもありますから、
家族的な要素もないとは言えないのかな?と思います。

こうして見てみると、体質以外による原因であっても、
しもやけというのはやはり冷えや血行不良と結びついていることが分かりますね。
Sponsored Links

しもやけになったらどんな症状が出るの?

image007-26
しもやけになると、どんな症状がでるのでしょうか?

主な症状としては、

・寒いと痛み、あたたかいとかゆみを伴う
・手や足が赤く腫れる
・手のひらや指に、赤い発疹ができる

といったものがあります。

私自身は、かゆみ軽い赤みが現れますが、
ひどい方は皮膚がただれたり水ぶくれになったりするみたいですね。

ちなみに、しもやけの症状が出やすいのは、
手足などの末梢部外気にさらされることの多い頬や耳など。

そして手よりも足のほうが、重症化しやすいそうです。
なぜなら靴下や靴で足が圧迫されて、
血流の悪い状態が長く続くからなんだとか。

いずれにせよ、症状が軽いうちに対処できるように、
普段から自分の身体の状態に気を配っておくことが大切ですね。
Sponsored Links

しもやけの治し方は?予防法はあるの?

image009-13
しもやけになってしまった場合は、
血行を良くしてあげることが大切です。

まずは家庭で簡単にできる方法を紹介します。

私も子どもの頃に聞いたことがあるので、
昔から行われている民間療法ですね。

やり方はとっても簡単!

・洗面器を2つ用意して、1つに40度くらいのお湯を、
もう1つに冷水を入れます。

・患部をお湯につけ、しっかりあたためます。
・あたたまったら、今度は冷水につけてしっかり冷やします。
・5回くらい繰り返し、最後はお湯であたためて終了!

終わったらタオルでしっかりと水分を拭き取ることもお忘れなく!

薬局やドラッグストアには、
しもやけに対応した塗り薬などもたくさん置いてあります。
上の方法と併せて使ってみるのもいいと思いますよ!

私の場合はかゆみが気になるので、
それを抑える効果が高いクリームを使っています。
かきむしって悪化させては大変ですからね。

最後に、しもやけの予防方法をご紹介します。

もうお分かりのように、冷えはしもやけの大敵です!
しっかりと冷え対策をすることが、しもやけ予防にもつながります。

具体策としては、

・外出時は手袋や帽子などの防寒具を。
耳をあたためるイヤーマフもおすすめ!
ただし、汗をかいてしまったらすぐに拭くことが重要です!


・なるべくきつい靴は履かないようにしましょう。

・お風呂はシャワーだけよりも、
しっかりと湯船につかって全身の血行を良くしましょう。


・基礎代謝を上げましょう!
お風呂あがりのストレッチや軽い筋トレは効果的です!


・ビタミンEを積極的に摂ることもおすすめです!
アーモンドやサプリなどを上手にとり入れてみましょう。


といった感じです。

私も、本格的なしもやけシーズンに備えて、
お風呂上りのストレッチを始めてみました。
ビタミンE摂取も心がけようと思います!

まとめ

1.しもやけの原因には、
冷え性や汗をかきやすいといった体質によるものも!

2.体質以外でも、やはり冷え血行不良がしもやけの原因!
3.しもやけの主な症状は、痛みやかゆみ腫れなど。
ただし程度は人それぞれ。

4.しもやけになってしまったら、血行をよくして塗り薬を。
予防はとにかく冷え対策を!


たかがしもやけ、でも、されどしもやけです。
症状が改善されない場合やひどくなってしまった場合は、
皮膚科などで診てもらうことをおすすめします!

Sponsored Links