ニット帽のかぶり方のコツは?お洒落な前髪の見せ方を紹介!image001
いよいよ夏も終わり、街中のお店には秋冬物が増えてきましたね!

秋冬といえば、ニット帽!

最近では春夏でもよく見かけますが、これからの時期は
おしゃれ且つ防寒アイテムとして重宝する万能アイテム
として出番も多いですよね。

でも、いざかぶると前髪がぺたーっとしてしまったり、野暮ったく見えてしまったり…。
かぶりたくても難しく感じてしまう経験がある方も多いはず。

私も憧れて買ってみたものの、自分に似合うかぶり方が分からず
押入れにしまいっぱなしに…。

そこで今回はニット帽をお洒落にかぶりたい方に、
私が色々試した中でポイントとなる前髪の見せ方をご紹介します。

Sponsored Links

ぱっつん前髪は程よくボリュームを

目元が大きく見えるぱっつんヘアー

せっかくの可愛い要素が無くなってしまうと、どうしても重たく見られがち
しかもぺちゃんこに見えてしまうと野暮ったさが出てしまいます。

そこで、ニット帽は深くかぶらず、少し斜め後ろにすることでボリュームを
維持しましょう。

オン眉くらいであれば、束感を出してラフに散らして見せると◎

眉毛より長いのであれば、軽くカールさせると柔らかい印象になります。

ガーリーやフェミニンな格好が多い方には可愛さも出てオススメです。

可愛いより綺麗、クールな印象が良い!」という方は、
斜め分けにしてシャープさを出しましょう。

分け目は中央から左右どちらかにズラし、
7:3か8:2くらいでサイドに流すのがベスト
耳にかからない時はベタつかないワックスなどで少しまとめると安定します。
Sponsored Links

ワンレンは顔周りに沿って束感を見せて

すっきりクールビューティーに見えるワンレンスタイル

このヘアスタイルの場合は深くかぶってニット帽のボリュームを
最大限活かしちゃいましょう


コンパクトめのニット帽であれば正面から形がしっかり見えるように、
先端がちょっと垂れるものであれば耳にギリギリ被らないくらいまで
かぶるとバランスが取りやすいです。

どちらも生え際がちょうど隠れるくらいにするとよりすっきりとした印象に。
長さが耳〜あご位まであれば、ぱっつん同様カールさせて丸みを出すと
クールビューティーな雰囲気を演出出来ますよ◎
Sponsored Links

しまうとクールな印象に

image003
ちょっと普段のかぶり方に飽きてきたら思い切って
前髪をニット帽にしまってみるのもオススメです。


前髪の長さによっては、ヘアピンで留める、編み込みするなどなど
すっきりまとめてみると顔周りがグッと明るい印象に。

ワンレン同様生え際は隠れるくらい浅めにかぶります。

この時セミロング以上の方は後ろでおだんごヘアにするなど
ボリューム感を出すとおしゃれ度が増して見えますよ!


私はニット帽をかぶってからおだんごを作ってバランスを取りました!
短い毛が出るようであれば、この時もワックスを使って整えましょう。
するとしないで全然違います。
Sponsored Links

耳を出して垢抜け感を

どの髪型にも共通しますが、耳に掛けるだけで印象がガラッと変えられます!
髪を下ろしたままかぶるのは、長ければ長いほど重く見られがち
そこで耳をチラ見せさせて抜け感を作る事をオススメします。

片耳だけ出すように髪をかけても良し、1束ほど残して耳見せても良し◎

ただこのスタイルはサイドの髪束の量に注意してバランスを取ること
ポイント。

動画を元にすると分かりやすいので参考にしてみて下さい。


まとめ

1、ぱっつん前髪はオン眉なら束感を、
それ以上は斜め分けかカールをさせて眉毛が見えるくらいに。
2、ワンレンは顔周りの毛束感を意識して。
3、前髪をインしてニット帽のボリュームを最大限に使うとすっきりとした印象に。
4、耳かけスタイルで垢抜けて。サイドの量のバランスには注意。


いかがでしたか?

これらを抑えておけばニット帽1つでいろんなアレンジが出来ます。
この秋冬は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links