こたつの電気代って本当に安いの!?知って得する節約法とは?image001-60
日本の冬に欠かせないものと言えば?
そう、こたつです!

足元がポカポカになって、テレビを観ながらついウトウト…。
誰もが経験あるのではないでしょうか。

最近はフローリングだけのお宅も珍しくないので、
エアコンや床暖房だけで冬を乗り切るというケースも
多いのかもしれませんね。

でも、こたつってやっぱりいいんです!
みかんが似合うだけのアイテムじゃないんです!
これを読めば、エアコン派の方もきっとこたつが欲しくなりますよ。

Sponsored Links

こたつの電気代は安いの?月にいくらぐらい?

image003-50
光熱費がかさむ冬、少しでも節約したいですよね。

そこで気になるのがこたつの電気代。
いったいどれくらいかかるのでしょうか?
ちょっと調べてみました。

こたつの電気代を算出する手順は次の通りです。
基本的に電化製品の消費電力はW(ワット)で書いてあって、
電気料金についてはkWh(キロワットアワー)で計算するんですよね。

ですので、ちょっと手間ですが、
以下にあてはめてもらうと求められます。

① こたつに書いてある消費電力(W・ワット)に
使用時間をかけて、電力量(Wh・ワットアワー)を求める。

消費電力(W)×時間(h)=電力量(Wh)

② 求めたWhをkWh(キロワットアワー)に換算する。
Wh÷1000=kWh

③ 契約プランを確認して、1kWhあたりの料金をかける。
kWh×1kWhあたりの料金=電気代!

ただしですね、ここがちょっとポイント
というか曖昧な部分というか。

たとえば消費電力600Wと書いてある商品は、
電源を入れたときには600W消費しますが、
温度が上がると100~200W程度の電力で済むようです。

ですので、ざっくり平均200Wとして、
わが家のこたつ事情にあてはめてみます。

・こたつの消費電力 600W→と記載してあるのでだいたい200W
・1日の使時間 4時間
・電力使用料金 1kWhあたり27円

200×4÷1000×27=21.6(円)

1ヶ月30日として、
月に648円の電気代ということになります。

もちろん4時間も使わない日もありますから、
実際はもう少し安いのかな?

実は私も初めて計算してみたのですが、
具体的な数字が分かると節約意欲も高まりますね。
他の電化製品についても調べてみようと思います!
Sponsored Links

こたつをつけっぱなしだと、電気代はどうなるの?

image005-35
こたつに限らず、こまめにスイッチを消すのと
つけっぱなしにするのではどちらが安いのか?という疑問は生じますよね?

私はずいぶん前に、
『つけっぱなしよりも、
スイッチのオンオフを繰り返す方が電気代がかかる!』


という豆知識を耳にしたことがあって、
しばらくそれを鵜吞みにしていました。

ですが!今回詳しく調べてみたら、
どうやらそれはエアコンの話だったようです。

エアコンは、設定温度になるまでは
フルパワーで運転をするので、消費電力も大きくなります。

ちょっとくらいの時間であれば、
電源をいれたまま設定温度をキープしておいたほうが
省エネだよ!ということなんですって。

一方、狭い空間をあたためるこたつは、
電源を入れてもすぐに温度が上がります。

さらに保温効果の高いカバー類を使えば、
スイッチをオフにしてもあたたかさがキープできますよね。

要するに、こたつはつけっぱなしにすれば
それだけ電気代がかさむので、
不要な時はちゃんと切りましょうということです。
Sponsored Links

こたつとエアコンの電気代を比較すると?

image007-24
エアコンは、こたつよりも電気代が分かりにくいですよね。

そもそものエアコンのパワーや、
外気温、部屋の広さ、設定温度…などなど、
様々な条件によって違ってきます。

ですので、あくまでも目安ではありますが、
再びわが家のエアコンで計算してみました。

・消費電力 平均520W
・使用時間 こたつと比較しやすいように4時間で。
・電力使用料金 1kWhあたり27円

これを、先にご紹介しました計算式に当てはめてみます。

520×4÷1000×27=56.16(円)

こたつでざっくり計算した時は、
同じ4時間で21.6円だったので、くらいってことですね。

じゃあエアコンやめてこたつにするほうがいいじゃん!

と思われるかもしれませんが、
それだけで判断するのはキケンです!
(すみません、そんなにおおげさな話ではないです。)

確かにこたつっていいですよね。
ポカポカとからだ全体があたたまって。

そこにお菓子と録画してあった
連ドラなんかあった日には、もう動けません。
家事の1つや2つ、余裕でショートカットします。

…という私のような適当タイプの人は、
家事の時だけはエアコンで部屋をあたためてという
手段をとったほうがいいかもしれませんね。

下手したら1日中こたつの住人になってしまうので。

何度も言いますが、エアコンは
使用条件で随分と電気代が変わります。

省エネタイプの商品もたくさん出ているので、
もしかするとここまでの差はないかもしれません。
あくまでも目安の数値として見て頂けたらと思います。
Sponsored Links

こたつの電気代を節約する方法

image009-11
エアコンと比較すると割安だということが分かったこたつですが、
その電気代をもっと節約する方法をご紹介します。

その1
保温・断熱性に優れた厚手の敷布団と
掛け布団
で、熱が逃げるのを防ぐ!


その2
敷布団の下に断熱シートを敷いて、さらに保温効率アップ!

その3
設定温度は強より中で!

敷布団と掛け布団で保温対策をしたこたつは、
中でも十分あたたかいです。

温度設定を強から中にするだけで、
20%程度の節電になるのだとか!

どれも簡単なことなので、やってみる価値大ですね!

まとめ

1.こたつの電気代は、数式にあてはめると簡単!
実際の電気代が分かると、更なる節電意欲が!

2.こたつはエアコンと違って、こまめに切れば節電効果大!
つけっぱなしだとそれだけ電気代が大!

3.一概には言えないけれど、
やっぱりエアコンよりこたつのほうが電気代が安い!

4.敷布団や掛け布団を充実させれば、
こたつの電気代もさらに節約可能!


最後に1つだけ。

あたたかくてつい眠ってしまいそうになるこたつですが、
低温やけど脱水症状をおこす可能性もありますので、
寝るのはやっぱり布団がいいですね。

小さなお子さんや高齢の方には特にご注意ください。

Sponsored Links