六甲山、2017年の紅葉の見ごろって知ってる?おすすめ紅葉スポットはこちら!image001
今年の夏は暑かった~。エアコンつけて家の中だけで過ごす日が多かった私みたいな人が大勢いたに違いありません!(笑)
そうやって徐々に運動不足になってきた体、山のいい気候の中で心地よくリフレッシュしませんか?
秋深まるころ、六甲山は素晴らしい紅葉を見せてくれますよ!

いえいえもう夏も動きすぎてぐったり・・・というあなたには、記事の中ごろでバスで見に行ける紅葉をご紹介します!


Sponsored Links

六甲山の紅葉の見ごろは?

image002
春夏秋冬、どの季節もそれぞれの顔を見せてくれる、都市部からのアクセス良好な山、六甲山。

よく見る海側からの眺めは有名ですが、今回お伝えするのはその山上から、街とは反対側の六甲山。
通称「裏六甲」というところの情報です。
裏六甲、というと走り屋の聖地・・・。みたいな印象を受けがちですが(笑)
それはドライブウェイに限った話で、れっきとした観光ルートもあるんですよ。

六甲山頂から北側へ、豊かな自然を楽しみながらおいしい空気でリフレッシュ。
例年、このあたりの紅葉は11月上旬から下旬まで

ひと月ほどの間楽しめるそうですよ。

余裕がある人は、そのまま有馬温泉へ降りるルートを使うと、半日以下で山下り。
比較的気軽に楽しむことができそうです。

有馬温泉でひとっ風呂浴びて気持ちよく帰宅~!とかいいですよね!
Sponsored Links

おすすめ紅葉スポット

image003
観光スポットでもある「六甲山頂ガーデンテラス」をスタート地点として、登山口から山を下りていくと、
「紅葉谷」というエリアに着きます。
名前の通り、と言うか逆に、昭和初期にこのあたりが整備されたとき、

あまりに紅葉が美しいため「紅葉谷」と命名されたそうです。

もうこれだけで興味津々。どんだけ綺麗なんでしょうか・・・。

このあたり、気候はだいぶ涼しくなんと東北~北海道南部の気候(!)と似ているそうです。

なので、樹木の種類も周りと違って、ブナ、イヌブナ、シラキ、クリ、コナラ、カエデ、シデなどの紅葉が美しい落葉広葉樹林が多く生えているそうですよ。
Sponsored Links

六甲有馬ロープウェイについて

紅葉谷までは比較的距離も短いのですが、そのまま下山するのはしんどいわ~!
とほとんどの方が思ってるような気がします・・・(笑)。

デートで紅葉狩り、なんかだったらまさかガッチリ登山装備、
というわけにもいきませんしね(汗)

和の紅葉狩りのあとそのままほっこり温泉してみたい方へ朗報!
「六甲有馬ロープウェイ」という素敵な味方があるのですよ!

ガーデンテラスの最寄り駅は、六甲有馬ロープウェイ「六甲山頂駅」
乗ればそのまま、たったの12分で神戸市北区の有名どころ「有馬温泉駅」まで連れて行ってくれます。

近辺には鼓が滝公園という、これまた紅葉の美しい場所もあって、さらなる紅葉を楽しみながら温泉へGO!

ただし、有馬側から六甲山上駅へ戻る最終便は16時半発とやや早いので、時間と相談する必要はあるかも?
有馬のホテルは結構お値段が張るので、普段はあまり行くことがないのですが、この際ちょっと頑張って私もお泊りしてみようかな!

六甲有馬ロープウェイ

六甲山頂駅~有馬温泉駅 所要時間約12分
9:30~ 20分おきに運行

有馬温泉駅発の最終 16:30  六甲山頂駅発の最終 17:30

片道 大人1010円 小人510円
往復 大人1820円 小人910円

JR三ノ宮からバス一本での紅葉!?

image004
冒頭でちらっとご紹介した「バスで見に行ける紅葉」。
なんだかちまちましたものを想像してしまいそうですが、「神戸森林植物園」の紅葉は違います!

ここ神戸森林植物園は、車でもバスでもアクセスでき、園内全体が、「シアトルの森」「アジア区」といったようにテーマで分けられ、
それらが紅葉する時期、園内一斉に「森林もみじ散策」というイベントを開催するのです!

なんと、国内外全38種の紅葉が見られるということですよ。38本じゃないですよ!(笑)
普段日本では見られないような植物の紅葉って、楽しみじゃないですか?

土日祝日には案内スタッフさんが、紅葉のみどころを案内してくれたり、
過去にはクラリネット演奏会なんかもあったみたいです。

きっと今年もそうした優雅なイベントが開催されるのでは?
しかもこの期間、森林植物園は無休です。いつ行っても大丈夫!

神戸市立森林植物園
営業時間  9:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料   大人300円 小人150円
水曜休館、ただし森林もみじ散策期間中は無休
Sponsored Links

六甲山へのアクセス

車の場合

(北方面から)
中国自動車道「神戸三田」から六甲北有料道路へ→「唐櫃南」から裏六甲ドライブウェイ→丁子が辻から記念碑台へ

(南方面から)
阪神高速3号神戸線「摩耶」で下道へ→「徳井」交差点で北方面へ→「鶴甲」で表六甲ドライブウェイ→丁子が辻から記念碑台へ

電車・バスの場合

(阪神電車) 御影駅から市バス16系または106系で約40分→「六甲ケーブル下駅」(210円)
→六甲ケーブルで約10分「六甲山上駅」(590円)
→六甲山上循環バスで「六甲ガーデンテラス」へ(260円)

(JR) 六甲道駅から市バス106系で約20分→「六甲ケーブル下駅」(210円)
→六甲ケーブルで約10分「六甲山上駅」(590円)
→六甲山上循環バスで「六甲ガーデンテラス」へ(260円)

(阪急電車) 六甲駅から市バス106系で約10分→「六甲ケーブル下駅」(210円)
→六甲ケーブルで約10分「六甲山上駅」(590円)
→六甲山上循環バスで「六甲ガーデンテラス」へ(260円)

どのルートを使用しても、1060円になります。

料金について

車でお越しの場合は、六甲ケーブル山上駅または六甲山ホテルで購入できる

「六甲山上バス1DAYチケット」


がお得です。

大人450円・小人230円で、一日中山上バスの乗降自由。
「高山植物園」や、「オルゴールミュージアム前」などでも降りられるので、
紅葉ついでにいかがですか?

電車でお越しの場合、六甲ケーブルを往復で購入すると大人1000円、小人500円になります。

また、六甲ケーブル下駅ではお得な乗車券を取り扱っています。

表六甲周遊乗車券

六甲ケーブル往復・六甲山上循環バスフリー(乗降自由) 大人1350円 小人680円

・六甲有馬片道乗車券

六甲ケーブル片道・六甲山上循環バスフリー(乗降自由)・六甲有馬ロープウェイ片道
大人1750円 小人880円

まとめ

image005
・六甲山の紅葉の見ごろは11月の一か月間!
・おすすめ紅葉スポットは、山頂から少し降りた紅葉谷
・六甲有馬ロープウェイで有馬温泉も堪能可能
・神戸森林植物園はもみじイベント盛りだくさん

今年は残暑が長引くようで、秋の訪れが待ち遠しくなりそうです。
涼しくなったら、秋を全身で楽しめるよう、いろいろお出かけしてみてくださいね!

Sponsored Links