2016年神戸ルミナリエ! 開催期間は? 混雑を回避するには?image001-51
今年もやってきました!神戸ルミナリエ!

神戸ルミナリエはそもそも、
1995年1月17日に起こった阪神大震災

被害に遭った方への鎮魂追悼の意を込めるとともに、
被災した都市の復興発展を願い、

1995年の12月から開催され、
今年で22回目の開催となります。

私も被災した以前から結婚するまでの約25年間、
神戸市に在住しておりまして、
ルミナリエは思い入れのある大切なイベントです。

震災で失った友人達の事を思い出さずにはいられません。

さて、そんなルミナリエですが、
例年たくさんの方が訪れる冬の風物詩でして、
混雑は避けられない状況になっています。

そこで、ルミナリエについて、開催期間や混雑状況
地元民のおススメ楽しみポイント等をまとめてみました!

Sponsored Links

神戸ルミナリエの期間や点灯時間は?

神戸ルミナリエの開催期間は毎年異なるのですが、
今年は12月2日(金)~12月11日(日)までの10日間となっています。

昔はクリスマスまで開催していたのですが、
最近は12月前半に開催されるようになっていますね。

点灯時間は曜日によって異なるのですが、

月~木曜日 18:00頃~21:30

金曜日   18:00頃~22:00

土曜日   17:00頃~22:00

日曜日   17:00頃~21:30

となっています。

神戸ルミナリエの見どころは?

image002-12
ルミナリエに来た際は、まず皆さん、
フロントーネ、ガレリア、スパッリエーラ等の装飾を見ていかれると思います。

これらは、光に包まれたトンネルのような形の構成で・・・

百聞は一見に如かず(苦笑)
皆さん見覚えのある、こういった光の装飾ですね。

たくさんの電灯で装飾された巨大なアーチ圧巻で、
その迫力と美しさに、きっと心を奪われますよ!

ちなみに、この光の装飾は
毎年決められたテーマに沿って制作されるのですが、

今年のテーマは「光の叙情詩」だそうです。

毎年このテーマが高尚すぎて
私には中々理解ができないのですが・・(汗)
見に行く方は参考にしてもらえれば、と思います。

さて、ルミナリエのその他の見所についてですが、
まずは神戸ならではの出店を楽しんで頂きたいです。

ルミナリエの会場、特に東公園周辺では、
毎年数多くの出店が並びます。

この出店、最近では地元神戸の飲食店さんが出店されている事が多く、
神戸グルメを楽しむ事ができるようになっています。

オシャレな洋食屋さんが出店するお店で、
シチューとワインを楽しめたり等・・
ルミナリエならではの出店が楽しめますよ。

ちなみに、毎年出店するお店はころころ変わるので、
今年はどのお店が出店するのかは、
会場に行ってからのお楽しみといったところですね。

個人的に毎年楽しみにしているのは、
寒い冬に食べる、アツアツほかほかのじゃがバターなんですけど・・(笑)
皆さんにも是非食べて頂きたいです。

私は切に、じゃがバターを今年も食べられる事を願っています。

また、ルミナリエ会場で催される、
震災の追悼式典等のイベントに目を向けて欲しいな、と思います。

ルミナリエの光が何に向けられているのか、
意識して頂ければ、ルミナリエをより一層深く楽しむことができますよ。

また、ルミナリエの運営資金を募る募金も会場で行われているので、
興味のある方は是非参加して頂ければと思います。
Sponsored Links

神戸ルミナリエの混雑状況は?混雑を回避するには?

神戸ルミナリエは、毎年非常に多くの方が来場されるので、
基本的には、混雑覚悟で行った方が良いです。

本会場にたどり着くまでの待ち時間は、
長い時で2時間ほど待つ事もあるので、
トイレは事前に済ませておく方が良いでしょう。

私の場合はむしろ、待ち時間は
一緒に行った友達や恋人とゆっくり話ができる時間と考えれば、
苦にならないと思っています。

もちろん、パートナーと気兼ねなく
会話ができる関係であれば、の話ですが・・・(笑)

それでも、できるだけ混雑を回避したいという方であれば、
とにかく月~木曜日の平日に行くようにすれば良いと思います。

よく、「水曜日が空いている」「月曜日は一番人が少ない」等という
噂を友人から聞きますが、私の体感では、平日はいつでも大差ありません。

土曜日は、時間帯不問で、ずっと人で溢れかえっています。
人混みが苦手という方は避けた方が良いでしょう。

時間帯については、点灯直後か、
消灯間近が、比較的人が少ないですね。

19時~20時頃が、一番人が多いので、
できれば避けた方が良いでしょう。

また、先ほども少し触れましたが、
待ち時間中に列を離れてトイレに行くことはできませんので、
来場前にはコーヒーやアルコールの摂取は控えた方が賢明ですね。

私も数年前に、非常に辛い目に遭いましたので・・・。

あと、ルミナリエに限った事ではありませんが、
人混みの中では、スリ等の盗難被害も多く発生しています。

私の友人が実際に財布を盗まれる被害に遭っています。

こういった不測の事態に遭遇してしまうと、
せっかくの楽しいイベントが台無しになってしまいますよね、気をつけましょう。
Sponsored Links

神戸ルミナリエのアクセス・駐車場情報

神戸ルミナリエは、神戸市中央区の東公園周辺で開催されており、
東公園の最寄り駅は各線三宮駅です。

ですので、皆さんは三宮駅で降車される方が多いと思いますが、
「できるだけ歩きたくない」という方には、
三宮の一つ西のJR元町駅で降車されることをおススメします。

なぜかというと、神戸ルミナリエの開催地は東公園周辺なのですが、
会場までの順路の入り口が、JR元町駅の南側なのです。

ですから、三宮で降車しても、
ルミナリエの会場にたどり着くまでには、
一つ隣の駅の元町駅まで歩かねばならないので、

最初から元町駅で降りた方が良いのです。

元町駅から神戸ルミナリエの会場までたどり着くには、
混雑状況によりますが、空いている時なら30分もあれば到着するでしょう。

会場である東遊園地から最寄り駅の三宮駅までは、
ゆっくり歩いても15分位で着きます。

また、ルミナリエ開催期間中は三宮~元町界隈の道路は大渋滞し、
コインパーキングほぼ満車状態になるので、
断然、電車で行くことをおススメします。

どうしても車で来場されるという方は、少し離れますが、

ルミナリエ会場の東に位置する「磯上公園」付近のコインパーキングや、
会場が南西方向に位置する「メリケンパーク」
「ハーバーランド」周辺の駐車場であれば、駐車できる可能性があります。

また、少し話が逸れますが、
車でお越しの方で時間に余裕のある方には、
六甲山から神戸の夜景をぜひ見て頂きたいですね。

普段でも綺麗な神戸の夜景ですが、
ルミナリエ開催中の街の夜景は、
冬の澄んだ空気の中に映えて、とても綺麗ですよ。

まとめ イベントの趣旨を理解してより楽しもう。

image003-42

1.神戸ルミナリエは阪神大震災の追悼、再興を願うイベント!

もちろん、冬のお祭りといった感覚で、
神戸ルミナリエを楽しむのも一興だとは思います、

ですが、イベントの趣旨を理解し、
装飾の光に込められた人々の気持ちに思いを馳せると、
より一層、ルミナリエが楽しめると思いますよ。

2.混雑を避けたい方は、できる限り平日を狙いましょう。

社会人の方はなかなか難しいと思いますが、
混雑を避けるのなら平日がおススメです。

金~日曜日の週末、
特に土曜日はかなりの人で溢れかえりますので、
行く際はある程度の覚悟が必要です。

時間帯も、できれば19時~20時の混む時間帯は避けましょう。

3.会場のアクセスは電車等の公共交通機関がおススメ!

電車で元町駅を降車するのが、ベストのアクセス方法です。

車で来場された際、駐車場を探すのに
とてつもない労力を費やす可能性が高いので、
できれば控えた方が良いでしょう。

4.時間に余裕があれば、ルミナリエ以外の神戸も観光してほしい。

神戸の街の素晴らしさは、ルミナリエだけではありません。

街中にあふれるオシャレなカフェや雑貨屋、
旧居留地や北野坂の情緒溢れる街並み、
六甲山の夜景、ハーバーランドの港風景、元町の中華グルメ・・・

とてもとても、一日では味わい尽くせないほど魅力満載な街です。

できれば、ルミナリエの為に神戸に来て下さった方には、
ぜひルミナリエ以外の神戸の街を観光して欲しいな、と思います。

きっと、「神戸いいな。また来たいな。」と満足して頂けますよ!

Sponsored Links