クリスマスパーティーで子供が喜ぶ料理レシピ5選image001-45
いよいよ今年もクリスマスを迎える時期になりました。
お家でホームパーティーの予定がある方が
メニューに頭を悩ませる時期でもあります。

鉄板のチキン料理はレシピも
お店で売ってる物も選択肢豊富ですが、
実は困るのはそれ以外のメニューだったりしませんか?

「マンネリでちょっと飽きて来た」
「別のパーティーとかぶらない物ってないかな」

そんな方に向けたチキン以外のメニューをご紹介したいと思います。

Sponsored Links

メニューその物をイベントにしてみる。

「メニューをイベントにするってどういう事?」
と思われるかもしれませんが
簡単に言うと「食べる人が参加できる要素を入れる」という事です。

わかりやすい例を挙げると「手巻き寿司」がそれです。
食べる人が「(具を)選ぶ」「(海苔でごはんと具を巻く)作る」要素が入っています。

好きな物をお皿に取って即食べるよりも
頭と手を使う作業が入りますよね?

作業が入る事で会話が生まれ、パーティーが盛り上がります。

ただ、手巻き寿司は和食ですので
クリスマス感という意味では今回は別のメニューをおすすめします。

イベントになるメニューのイチオシは「フォンデュ」です。
これは具のチョイスで人数の変動にも柔軟に対処できる上、
用意が意外と簡単。なので、お友達を招くパーティーにもぴったりなんです。

外食でフォンデュを頼むと割合にいいお値段ですが、
具の種類をシンプルにすればリーズナブルにする事もできますし、
もちろん豪華に楽しむ事も可能。

また、具はあらかじめ茹でるなど、加熱した物になりますので
食中毒のリスクも生物のメニューに比べれば安心です。

以前、長女のお友達が集まって
我が家で「女子会」をした時のランチに用意したのですが、
皆めちゃくちゃテンションがあがってもの凄い事になりました。

その時、野菜はサラダで添える形にしたので、
フォンデュの具はフランスパンソーセージ3種類ほど。
とてもシンプルでしたがそれでも十分だったようです。

チーズが糸を引くのが楽しいらしく、
串に刺したパンをクルクルして眺めたり、

どのソーセージが美味しいかおすすめについて
おしゃべりしたりしながらすごい早さで平らげていました。

帰った後「フォンデュが楽しかった報告会」
行われたお家が多かったらしく、
お礼のメールや電話は大体フォンデュが話題でした。

盛り上がるメニューとしてのコスパは最高だと思います。



レシピは色々ありますが、大型スーパーだとPBでお手頃価格の
フォンデュミックスが発売されていますので気軽にトライしてみて下さい。

「温めた牛乳にチーズを少しずつ入れて
溶かし切ってからチーズを足す」
というルールを守れば
牛乳ピザ用チーズでも十分作れます。

※ピザ用チーズ100gに薄力粉か
片栗粉大さじ1(カレーのスプーン1杯分でも可)を塗しておいて、
温めた牛乳100ccに少しずつ入れて溶かす。


コンソメ1/2 個ほど入れるとベスト
好みでチーズ牛乳を増減して好みの固さにして下さい。

アレルギーなどで牛乳とチーズがアウトの場合
チーズの代わりにミートソースを使ってミートソースフォンデュもできます。
こちらはシメに茹でたパスタを入れて食べるのをおすすめします。

見た目のインパクトを狙う。

パーティーをする時、実はメインを決めるより
サイドディッシュで悩んだりしませんか?
私は毎回サイドディッシュを決める方で悩んでいます。

今回はクリスマスという事で、
見た目で盛り上がりそうなメニューを紹介します。

手間のわりに見た目の派手さで
インパクトがあるのがオニオンフラワーです。

薄力粉の衣はスパイスがないお家は
塩コショウを適当に振り入れるだけでも十分おいしくできます。
コツは卵をまぶす時、まんべんなく玉ねぎをコートするようにかける事です。



まだ骨付きチキンが難しい
ちびっ子が来るパーティーにおすすめなのがタコさんドッグ

顔を付けなくても十分にかわいいので、
揚げ物のついでにもう一品欲しいという時にもどうぞ。



そしてサラダ

今年は台風の影響でとにかく野菜が高くなる傾向にあります。
シーザーサラダカプレーゼを作りたいけど、

パーティーだと生野菜メニューは余りがちなので(もったいない!)
もっと手軽に何か…というお悩みにお答えします。

サラダ本体は大根や水菜など、
冬場でも比較的お手頃な野菜を切って和えて

ポン酢醤油やドレッシングを添えれば
揚げ物の間の箸休めにピッタリですが、
それでは花がなさ過ぎる時。

リボンサラダを添えてみましょう。
華やかな色味でテーブルが華やいでおすすめです。
作り方も簡単なので小学生ならお手伝いしてもらえちゃいますよ。



ラストは口直しのスイーツ
本命のクリスマスケーキに差し障らない、
コース料理のソルベの代わりになるさっぱり味。

丸い製氷皿がない場合は、バット等で薄く固めてから、
包丁でダイス形やひし形にカットして作る方法もありますよ。

ゼラチンのゼリーは室温に出すと溶けてしまうので、
その点でも寒天を使ったレシピがおすすめです。


Sponsored Links

おまけ

サラダやパスタを大皿に盛って出した時、
トングがお皿の数だけ用意できない…という時この方法を。

少し練習しておけば、パーティー以外でもお役立ちです。



時間の都合で市販品のメニューをメインで済ませる時も、
パーティーピックで飾ったり、パムニール(紙製のケーキ型)に小分けしたり
「いつもと違う」という雰囲気が出せればパーティーは盛り上がります。

紙で使い捨てのランチョンマット
テーブル札を作ってあげても喜ばれると思います。
「どんな風にして食べたか」がパーティー料理の楽しさのポイントです。
今年も楽しいパーティーになるといいですね。

Sponsored Links