2017年東京大神宮に初詣を計画しているあなた必見!混雑を避けるには?https://youtu.be/QCC9p10LXzs

東京大神宮伊勢神宮の遥拝殿だと知っていますか?
そもそも遥拝殿とは何でしょう?

11月・神無月になると神々が集まるとされる伊勢神宮は
古くから参拝を望む人が多い神社でした。

けれど伊勢は東京からは遠く、
なかなか実現しないのが現状でした。

そこで明治13年、明治天皇によって
伊勢神宮の遥拝殿として創建されました。
東京で参拝しても伊勢神宮での参拝と同様の効果を生む建物ということです。

東京大神宮は東京で最も恋愛成就
ご利益があるといわれているパワースポットです。

お参りすると結婚できると言われ、
全国から参拝者が訪れる場所です。

実は神前結婚式が始まったのはここ、東京大神宮なのです。
なんだかご利益がありそうな気がしますよね!

2017年の初詣はそんな恋愛成就のパワースポット
東京大神宮にできれば混雑を避けて初詣に行ってみませんか?

Sponsored Links

東京大神宮の初詣 混雑する時間帯は?

image001-43
毎年、東京大神宮では大晦日から年始3日まで
5万人ほどの初詣客でにぎわいます。

2013年に伊勢神宮の式年遷宮が行われたことがきっかけで
ここ数年は年々その参拝客は増えています。

初詣を東京大神宮に決めたら、混雑は覚悟してください。
とは言え、年明け早々行列に並ぶのは嫌!ですよね。

できれば混雑は避けたいです。
ではいったいいつが混んでいるのでしょうか?

境内が広くはないため、東京大神宮の前から
飯田橋さくらテラスまで初詣の参拝者列が並ぶこともあります。

護国神社からの流れで
東京大神宮も参拝して行こうという人もいるので、
さらに参拝客は増えていきます。

例年から予想すると、元旦、2日・3日ともに、
最も混雑する時間帯は10時頃で、
参拝に2時間から3時間はかかるでしょう。

年明け元旦の0時頃でも1時間から1時間半の待ち時間があるようです。
Sponsored Links

東京大神宮の初詣 オススメの参拝時間は?

image002-1
混雑は覚悟していても、
少しでも空いている時間帯に参拝したいですよね。

ではいつ参拝すれば待ち時間が少なくてすむのか、
答えは「早朝」です。

そもそも初詣期間の参拝時間は、
大晦日とお正月2日・3日は6時から21時までになり、
元旦のみ0時から21時まで参拝することができます。

年越しで参拝したい人は多いので、
狙い目は元旦5時から7時と言えるでしょう。
この時間帯であれば、お守り神札をいただくことができます。

お守り・神札の授与時間と参拝時間は異なりますので、
2日以降に初詣を考えている方でお守りが欲しい方は時間帯を注意してください。

元旦は0時から19時まで授与品をいただくことができますが、
2日からは通常時間の8時から19時になります。
Sponsored Links

東京大神宮のご利益やオススメのスポットは?

image003-7
東京大神宮のご利益は幅広く、恋愛成就・家内安全
商売繁昌・厄除開運・交通安全・学業成就などが挙げられます。

中でも今、東京で最も縁結びのご利益がある
〝恋のパワースポット〟と言われています。
ではなぜ、恋愛パワースポットと呼ばれるのかご存知ですか?

東京大神宮に祀られている神様は天照大御神豊受大御神です。
また、「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」が祀られています。

この3人の神様は、合わせて「造化の三神」と呼ばれています。
古事記には、天地が初めて別れた時に現れた神々として登場し、
「むすび」の働きをした神様とされています。

「造化の三神」は縁結びのご利益を授けてくださいます。
そのことより、東京大神宮は恋愛パワースポットと呼ばれるようになりました。

東京大神宮の中でも、是非立ち寄ってもらいたい
パワーの強いおすすめスポットが3つあります。

まずは神門

神門にはハートマークに見える
「猪の目(いのめ)」と呼ばれる模様があり、厄除けになっています。

次にご神木

拝殿の右奥に立派なご神木があります。
近くに流れる川と併せてパワースポットになっています。

最後に拝殿

参拝の際は、まずはお礼をし、感謝の気持ちを伝えましょう。
そしてお願い事は明確に、具体的な名称をあげてお願いするのが良いようです。
Sponsored Links

東京大神宮のアクセス・駐車場情報

最寄り駅は飯田橋駅です。駅から徒歩5分で神社に到着します。
初詣の期間、参拝者の待機場所が
早稲田通りに面した飯田橋サクラテラスに設けられます。

電車の場合はJR「飯田橋駅」の西口で降りるのが便利です。
地下鉄有楽町線・南北線の場合はB2A出口を、
東西線の場合はA4出口を降りましょう。

境内に駐車場はありません。
近隣にコインパーキングはありますが、
混雑が予想される上に台数も少なく、道幅も狭いので注意してください。

まとめ

1.混雑する時間帯

三が日の10時頃

2.おススメ参拝時間

早朝 特に狙い目は元旦5時から7時

3.ご利益やおすすめスポット

ご利益は何と言っても恋愛成就
神門、ご神木、拝殿

4.アクセス・駐車場情報

JR「飯田橋駅」の西口で降りて徒歩5分

東京大神宮では神殿にて元日午前0時からご祈祷が行われ、
境内では、樽酒と「赤福」・特製しるこがふるまわれます。

「一年の計は元旦にあり」と言いますよね。
東京の神社の代表と言われる東京語五社の1つ
東京大神宮で一年の始まりを厳かな気持ちで過ごしてみませんか?

Sponsored Links