嵐山ライトアップ2017!! おすすめ紅葉スポットを満喫!image001
京都は一年を通して見所がたくさんあり、毎年訪れる観光客を飽きさせない魅力があります。

そんな中でも、紅葉に染まった京都の景色は、「紅葉って本当にステキ!!」
と思わせてくれますよね。
京都の数ある紅葉スポットでも、外せないのが今回紹介する嵐山の紅葉ではないでしょうか。
渡月橋を通して見る嵐山の山全体が、紅色や黄色に染まる景色は圧巻の一言です。

私は何度も嵐山の紅葉を見ていますが、毎年、時を忘れて見入ってしまうくらい美しいです!
今回はそんな嵐山の紅葉の見頃、そしてライトアップの楽しみ方などを紹介したいと思います。

1、嵐山の紅葉の見頃は?ライトアップを楽しむには?
2、おすすめ紅葉スポット
3、嵐山トロッコ列車から見る紅葉
4、アクセス・駐車場情報


それでは、嵐山の紅葉を楽しむために、上記の4つを順番にご紹介いたします!


Sponsored Links

嵐山の紅葉の見頃は?ライトアップを楽しむには?

image003

紅葉の見頃の時期は?

嵐山の紅葉の見頃は、11月中旬から12月の初旬にかけてです。
一年の中で、この短い期間だけ楽しめる紅葉です。
近年は温暖化の影響等で時期がズレたりするので、行かれる方はネット天気予報などで紅葉情報を頻繁にチェックしてくださいね!

ライトアップを楽しむには?

image005
明るいうちの京都嵐山の紅葉はもちろん綺麗ですが、それだけではもったいないですよ!
日が落ちた時に見る紅葉もまた美しいのです。

そこで私のおすすめは、天龍寺宝厳院です。

宝厳院は春と秋にしか一般公開されないため、それだけでも価値があります!

そして、その中で必見なのが、回遊式山水庭園 「獅子吼(ししく)の庭」です。
日中の鮮やかな紅葉とは違った、日が落ちてからの静寂かつ艶やかな紅葉が織りなす幻想的な景観は、ため息が出るほどの美しさです。
ぜひ、時間を作って、昼と夜、まったく違った景観を楽しんでみてください!!

開催場所:天龍寺宝厳院
開催期間:平成28年11月11日(金)~12月4日(日)
拝観時間:午後5時30分~午後8時30分閉門
※受付終了: (本堂)午後8時 (庭園)午後8時15分

拝観志納料(庭園)
大人600円 小中学生300円
※宝厳院本堂特別公開:
別途志納料(大人500円・小中学生300円)が必要です。

image007
Sponsored Links

おすすめ紅葉スポット

 

嵐山を満喫するにはたくさんのプランがあり、一日では回りきれないほどのスポットがあります。
しかし、今回は徒歩で気軽に行けるコースを紹介させていただきます!

まずは渡月橋です!

これはテレビやドラマ等、誰もが一度は目にしたことがある景色ではないでしょうか。
渡月橋から見る紅葉、そして渡月橋を通して見る紅葉。
どちらも最高のスポットです!

そこから、天龍寺宝厳院です。
先ほど紹介したライトアップを楽しめるお寺です。

まずは昼間の鮮やかな紅葉を楽しんでみてください!

そして、竹林の道
こちらもテレビ等でとても有名な場所ですよね。

そこから、常寂光寺
ここも紅葉ではとても有名な場所です。
境内からは紅葉に包まれた嵯峨野の山を一望できますよ!

そして、二尊院
「紅葉の馬場」と呼ばれる参道があります。
ウマが駆け抜けられるほど広いことからそう呼ばれています。
また、モミジとカエデの2種類の紅葉が楽しめますよ!

整理しておくと、
渡月橋→天龍寺宝厳院→竹林の道→常寂光寺→二尊院
という感じです。

今回紹介したコースは、「徒歩で気軽」に、というテーマ。

最近は、嵐山にもたくさんのカフェやランチを楽しめる場所が増えてきています。

食欲の秋!!でもありますので、のんびりランチやお茶をしながら楽しんでみてはいかがでしょうか!?
Sponsored Links

嵐山トロッコ列車から見る紅葉

image009

トロッコ列車とは??

トロッコとは、もともと荷物輸送用の小型貨車のことで、トラックや通常の車両が入れない場所で荷物を運ぶために使われた車両のことです。
「ガタゴトガタゴト!」と、平均速度は時速約25kmで、少し早い自転車くらいでのんびり走ります。
だからこそ景色を思う存分楽しめますよ!
特に美しい景色の場所では、速度を落として走りますので、ゆっくりと景色が楽しめます!

トロッコ列車おすすめプラン

トロッコ列車の始発駅は、トロッコ嵯峨駅です。

鉄道のジオラマなんかも展示されているので、退屈することなく待ち時間を楽しむことができます。

トロッコ列車の魅力は、何といっても手に取れてしまうくらい近くで見ることのできる紅葉です!
特に窓ガラスのない車両がおすすめです。
そして、嵯峨駅から出発したトロッコ列車は、片道約25分で終点トロッコ亀岡駅に到着します。
もちろん、そのまま帰りもトロッコ列車に乗るのも楽しいのですが、私のおすすめプランは、保津川下りで嵐山へ戻るコースです。



 

動画を見ていただければ、迫力はわかっていただけると思います!
亀岡から嵯峨までの約16Kmに及ぶ保津川下り
そこに四季それぞれの自然美とスリルを求める観光客はなんと!
年間で約30万人もいる人気のスポットです!
トロッコ列車とは違う角度から紅葉を楽しめるので、とてもおすすめですよ!!

トロッコ列車混雑状況

紅葉のピーク時はかなり混雑しています。
当日券の販売もあることにはありますが、、、希望の時間帯に乗車できない可能性もあります。
それでは、せっかくのプランが台無しですよね??
でも、安心してください!なんとトロッコ列車は事前予約ができます!
ご乗車日の1ヶ月前の午前10時からJR西日本の主な駅の『みどりの窓口』、全国の主な旅行会社、JR西日本の『電話予約サービス』にてご購入いただけます。

限られた時間で思う存分、嵐山の紅葉を満喫するためにも、事前予約はおすすめします!!

トロッコ列車
運賃:大人620円 小人(満6歳~12歳)310円 ※満5歳以下は無料
所要時間:約25分

保津川下り
料金: 大人4100円 小人2700円(4歳~小学生)
所要時間:約2時間
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

image012

京都駅からのアクセス

■電車でお越しの方
京都駅からJR嵯峨野線(山陰線)に乗車
嵯峨嵐山駅で下車
所要時間約15分 料金240円

阪急電車、京福電気鉄道などでもアクセスは可能ですが、乗換えが複雑なのでJRを利用するのがおすすめです。

■タクシーを利用
所要時間は約30分~40分
金額は2500円~3000円程度ですが、観光地ということもあり渋滞が予想されますので、所要時間や金額に関しては、もう少しかかるかもしれません。

駐車場情報

image014
嵐山の駐車場でアクセスもよく大きな駐車場といえば、京都市公営嵐山観光駐車場です。

営業時間は8時~17時までですが、時期によっては延長もしています。
普通車は一日1000円で、なんと収容台数は105台!!とかなり大きな駐車場です。
ただし、時期や混雑状況によっては、バスやタクシーが優先されることもあるので、行かれる前に確認はしておいた方がいいと思います。

その他にも嵐山付近には、100円パーキング等の駐車場も多くあるので、少しアクセスが悪くなることもありますが、
どこにも駐車できない状況はないとは思います。
しかし、嵐山近辺は道幅が狭く、観光客も多く渋滞になりやすいので、公共の交通機関で行くのがおすすめです。

まとめ

限られた時期しか見ることができない紅葉。
そんな紅葉だからこそ、思う存分楽しみたいですよね?
下記に嵐山の紅葉を楽しむポイントをまとめてみました!

1、渡月橋→天龍寺宝厳院→竹林の道→常寂光寺→二尊院
といったコースを徒歩でのんびり散歩する。
2、嵐山トロッコ列車と、保津川下りから見える紅葉を楽しむ!!
3、天龍寺宝厳院でライトアップの紅葉を楽しむ!!(昼と夜の両方を満喫しよう!)


この3つが嵐山の紅葉のおすすめの楽しみ方です!
もし時間があまり取れない方でも、おすすめコースの1つだけでも十分満足できると思いますので、今年の秋はぜひ!嵐山の紅葉を楽しんでみてください!!

Sponsored Links