思い通りの前髪に!すきバサミをうまく使った前髪の作り方とは!?image001-29
前髪ってすぐ伸びてきちゃいますよね。
前髪はあなたの印象がパッと決まる大事な場所。

しかしすぐ崩れて気になる!
けど美容院に⾏く時間がない!もったいない!

そんな場所ですよね?

前髪って気に出すとずーっと気になる…
そんな事はありませんか?

私もいつも気になりだすと
仕事中でも家事をしていても
ついつい触ったり、鏡を⾒たりしてしまいます。笑

そこで!

セルフで前髪がうまく切れたら
⾊んなバリエーションの髪型が楽しめるし

常にウキウキできるんじゃないかな?と思い
セルフでうまく前髪を切る方法をまとめてみました!

Sponsored Links

成功の秘訣は準備8割!

image003-24
まずは必要なものを準備していきましょう!
道具は大切ですよー!

まず用意するのは
コーム・ハサミ・すきバサミです。

まずはコーム。

一般的にクシと呼ばれるものですが
少し目が粗めなものがいいです。

人によって前髪のクセが変わっています。

粗さが細かいコームでカットしていると
クセが自然な状態にならず、思ったより切りすぎた!
何か長さがバラバラすぎる!

なんて事が起こります。

探してもよく分からない方は
カットコームで探すと間違いないですよ!

次にハサミとすきバサミ。

こちらはまずカット専用
書いてあるものを必ず選んでください。

カット以外の用途のハサミ
髪を切るハサミでは切れ具合が全然違うので
仕上がりの自然さが変わってきますよ。

またすきバサミ隙間の広さが広いハサミがオススメ!
広い方が切れやすいのでやりやすいです!

冒頭でも少しお話ししましたが
道具の準備で仕上がりがかなり変わってきます。
ここは妥協せずに選んでいきましょうね!

ここまできたら次は髪を切る前の髪の状態を整えていきましょう!

まず前髪となる部分

サイドの髪をなる部分を分けていきます。

サイドの髪はダッカールで止めておくと
間違えて切る心配がなくなりますよ!

次にコームで根元からしっかり真下にとかします。

根元をしっかりとかさないと
切り終わった後にあなたのクセがでてきて
ここだけなんか短い!なんてことがあります。

根元からしっかりとかす。
ポイントです!
Sponsored Links

切る前に1度確認!すきバサミの使い方とすくときの2つのコツ

image005-18
すきバサミの使い方をマスターしましょう!

まず完全にハサミを閉じないようにいれましょう。
完全に閉じると量を余計にすいてしまう可能性があります。

美容師さんはプロですので
ハサミを自由自在に開閉してもうまく切ってくれますが
自分でやるとなかなかうまくいかないもの。

最初は半分閉じるイメージで使っていきましょうね!

すきバサミを使うコツは2つあります。

1つ目は髪の内側にハサミをいれること。

髪の表面に入れると短い髪ができてしまい
俗にいうアホ毛になります。

これが意外と前髪が扱いにくくなる原因になるんですよね。
短い毛があってスタイリングがやりにくくなった!
なんて事ありませんでしたか?

ちなみに私は短くなると、直毛なのでピン!とたってしまい
毎朝スタイリングにてこずった事があります。笑

そうならない為にも内側の髪を軽くすいて、
表面の髪はそのままかぶせましょう。

2つ目は根元からハサミを入れないこと。

根元からハサミをいれると短い髪の毛ができてしまい
広がる・浮くといったお悩みにつながってしまいます。

せっかく切ったのに広がったり浮いちゃうと
前髪のスタイリングが面倒になります。

いれる場所は量が多い方で中間と毛先。
それほど量の気にならない方は、毛先だけ入れていきましょう。
Sponsored Links

作りたい前髪別!思い通りの前髪を作るポイントとコツ!

image007-11
さあ!いよいよ前髪を切っていきましょう!

まずはぱっつん前髪!

1.前髪を上段、下段に分けます。
上段は上にあげてダッカールでとめておくとやりやすいです。
2.さらに下段を右・真ん中・左と分けます。
3・真ん中の髪の毛先を中心によせます。三角っぽいイメージです。
4・ここが中心部になるのでほしい長さまで少しずつカットしましょう。
ここはカットのハサミを使います。
5・次に右側の髪を真ん中に寄せます。
真ん中の長さとつながるようにカットします。
6・左も同様にカット。
7・上段の髪を被せます。
8・下段と同様に真ん中・右・左と分けて
下段の長さにあわせてカットします。


ここでポイントなのが
上段の髪を下段の髪より少し長めにカットすると
重たく内側に入りやすい前髪になります。

逆に少し短くすると、軽くて動きのある前髪になります。
お好みで調整してくださいね!

またぱっつんがお好きなかたでも、
端は少し長めにしてあげた方が可愛くみえるので
気持ち長めに残しましょう!

そしてすきバサミ。

1・再び上段・下段と分ける・
2・下段の毛先にハサミをいれる。
ポイントはにハサミをいれること。
平行にいれてしまうと、平行な後がついてしまいます。
また量が多い方は中間から縦にいれていきましょう。
3・上段の髪を被せる
4・毛先にハサミを縦にいれていく。
ここは量の多い方でも毛先のみにしましょう!
先ほどお伝えした様に、表面にいれると短い髪ができてしまうので
ここは毛先のみで十分です。

次に斜め分け前髪!

今回は右流しでお話ししてますが
左流しの場合3番から逆にやってくださいね。

こちらもまずはカットのハサミから!

1・上段・下段に前髪を分ける
2・分けめの位置を決めて右に流す髪、左に流す髪を分けます。
3・右の髪を左側にもっていき、欲しい長さで平行にカット。
ここでポイントなのが真ん中辺りの髪が一番短くなる髪になるので
一番短い長さでどのくらいがいいのか しっかり把握しておくことがポイントです。
4・右側の髪の真ん中部分と左側の髪を持ちます。
5・そのまま右側に持っていき、真ん中の髪の長さに合わせて平行にカット。


流したい方向とは逆に寄せているので平行にカットしても短くなりません。
心配な方は少しずつカットしていきましょう。
6・上段を下におろして被せる
7・下段と同様の手順でカット。

ここもぱっつん前髪と同様、
少し長さを長め、短めにすれば
見た目の雰囲気が変わってきますよ。

そしてすきバサミ!

1.再び上段・下段に分けます。
2・下段の髪の毛先に斜めにハサミを入れます。
ポイントは流したい方向に刃先を向けていれること。
そうすることで前髪が流れやすくなりますよ!
ここも量が多い方は中間から入れていきましょう。
3・上段を被せます。
4・下段と同様の手順でカットしていきます。
こちらも上段は毛先のみで十分です!

Sponsored Links

まとめ

ポイントは仕上がりをどうしたいのかのイメージ!

イメージをしっかり持ちつつ

1・道具を妥協せずにそろえる
2・コームで根元からまっすぐとかす
3・すくときは中は中間と毛先、表面は毛先のみ
4.根元からすきバサミを入れない。


のポイントを考慮して作りたい前髪の手順をきちんと守れば
美容室に行った後の様なあなたの思い通りの前髪がセルフで作れますよ!

Sponsored Links