シチューをおいしく冷凍保存できる期間って?image001
シチューは手軽に作れて家族が喜んでくれるメニューですが、
作りすぎてダメにしてしまった経験はありませんか?

かといって少なめに作ると足りなくなりそうで不安ですよね。

シチューを余らせてしまった時、
どうやって保管したらいいのか、どれくらい持つのか、
迷った事はありませんか?

Sponsored Links

シチューをできるだけ長持ちさせる方法は?

冬になると温かい煮込み料理が食べたくなりますよね。
家族が多い私は、ついついたくさん作りすぎたりします。

特にクリームシチューは乳製品が入っているため常温保管は危険です。
冬場だからと油断して鍋全体に火を入れず、食べる分だけ温め返した時は
二日目で大鍋の残り全部をダメにした事があります。

冷蔵庫に入れても過熱し直しが必要で手間がかかりますから、
冷凍して保存します。

ただ、シチューを冷凍する時、注意するポイントがいくつかあります。
ただ冷凍庫に入れただけでは解凍した時に劣化してしまい、味が落ちてしまうんです。
Sponsored Links

失敗しないシチューの冷凍保存の仕方は?

注意しなければならない具のトップはじゃがいも
シチューをそのまま冷凍してしまうと、解凍した時に「腐った?」と思うほど、
ビショビショに崩れて、口に入れた時の食感が気持ち悪いんです。

学生の時、初めてそれを体験した時、ビックリして捨ててしまった事があります。
(もったいなかった……)
もちろん、それを防ぐ方法は幾つかあります。

・じゃがいもを取り出してつぶし、
マッシュポテトにしてからもう一度シチューに混ぜる。

形が残ったままだとアウトですが、つぶしてからシチューにまぜると、
とろみになって解凍の後もおいしく食べる事ができます。

・じゃがいもを入れないレシピのシチューにする。

シチューの定番野菜はじゃがいも、にんじん、たまねぎですが、
根菜を外して白菜やほうれん草などの葉っぱ野菜を使ったシチュー
もおすすめです。

冷凍しても食感が変わりにくいので、つぶしたりする手間もいりません。

ちなみに白菜のシチューは、冷凍に限らずおすすめです。
私は白菜の使い残りを早く食べないと、と思った時はシチューで一気に消費します。

作った事がない人にはよく「おいしいの?」と聞かれたりしますが
白菜はうまみ成分が多いので優しい甘味がします。
癒される味ですよ。
Sponsored Links

冷凍保存したシチューの保存期間の目安は?

こちらは大体一ヶ月ほどです。
(冷凍庫が小さくて温度の変化が激しい場合は三週間くらい)

私はついうっかり保存期間を忘れてしまいそうになるので、
フリーザーパックに油性ペンで日付を書いています。

もし三週間から一ヶ月先に楽しい予定があるなら
「ライブの日の夜食にしよう」とか「映画から戻った夕食に食べよう」みたいに、
冷凍する時に使うタイミングをあらかじめ考えておくといいです。

もちろんその日の気分で食べたくない事もあると思いますが、
保存期間を把握できるのでその前後で食べきる事ができます。
Sponsored Links

おいしく食べられる、おすすめの解凍方法は?

image003
一番のおすすめは自然解凍です。
あらかじめ食べる予定がわかっていれば
前の日から冷蔵庫にいれておくのがおすすめです。

電子レンジで解凍する場合はつい普通に温めにしてしまいたくなりますが、
解凍」で一度解かしてから温めた方がベターです。

例えるなら「解凍」は「弱火」、「温め」は「強火」にかけるような物。
ですから「温め」で温めると先に溶けた部分だけが
どんどん加熱されてしまう加熱ムラになってしまいます。

そうすると、煮えすぎた部分が出来ているのに真ん中は凍っている状態になるなど、
最悪、分離します
分離したシチューは悲劇でしかないので、ご注意下さい。

シチューをおいしく冷凍保存するためのまとめ

1.長持ちさせるには冷凍保存が一番。
2.冷凍する時のコツはじゃがいもを形のままいれない。
3.シチューが空気に触れないようにして冷凍庫に入れる
4.保存期間は一ヶ月ほど。冷凍庫の温度が変動しやすい環境なら三週間程度。
5.解凍方法は自然解凍がベスト。電子レンジの場合はまず「解凍」してから温める。


家事をまとめて行う事は、時短+光熱費の節約になってとってもエコ

と言うとかっこいいですが、
私は自作冷凍の方がレトルトより野菜の味がして好きなのと、
時々手を抜きたいので積極的にまとめ作り→冷凍しています。

特にじゃがいもの事と温め方さえ注意すればいいだけなので、
シチューの「まとめて作って冷凍」、本当におすすめです。

Sponsored Links