伊弉諾神宮は日本最古のパワースポット!?あの有名な神話が由来image001-27
・・・タイトル読めました?(笑)

実は私は読めませんでした。伊弉諾神宮。
そして調べました。「いざなぎじんぐう」です。

イザナギ・・・。
耳に覚えのある方も多いのではないでしょうか。

そうです、「国造り」で日本の島々を生んだ、
イザナミの夫兼兄のこと。

つまり、日本を造ったとされる神様を祀った神宮!
もうそれだけでなんかスゴイ。

巷で噂のパワースポットと呼ばれる場所がいろいろありますが、
ここよりすごいところなんてあるんでしょうか?

色々こまごま巡ってても、
ここに行かなかったらパワー足りないんじゃないかな~。

行かなきゃ勿体ない!というわけで、
ホームページでも「パワースポットめぐり」
自ら掲載しているほどの威力をもつ「伊弉諾神宮」

どこにあってどんなご利益が受けられるかについてお伝えします!

Sponsored Links

伊弉諾神宮とは

image002-4
上にも書きましたように、国造り神話で有名なイザナギですが、
日本の島々のなかで一番最初にできたのが、
瀬戸内海に浮かぶ兵庫県の淡路島

というわけで、淡路島にその伊弉諾神宮は存在します。

祀られているのは当然「伊弉諾尊(イザナギノミコト)」と、
その妻であり妹の「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」二柱

イザナギが、娘である天照皇大御神(アマテラスオオミカミ)
全ての権限を譲渡して、俗にいう隠居生活を送ったのが
神宮になったということですが、

イザナミはそれよりずいぶん昔に死んでしまって
(神様でもお亡くなりになるのですね・・・)

しかも黄泉の国まで追いかけてきたイザナギに醜い姿を見られて激怒、
黄泉の国に通じる入口に大岩を置いて逃げ切ったイザナミと
激しく口げんかをして完全に離縁!

というなかなかハードな経緯があるのになぜ・・・。

実は、昭和7年(1932年)までは
実際に伊弉諾尊一柱のみだったようです。

しかし、国産みはイザナギイザナミ両神あって
はじめて成しえたことから、神宮側から願上書を提出して
許可が得られたため二柱を祀るようになったという経過です。

というわけで、この国を生んだ神様が過ごした場所なので、
そんじょそこらとは比べ物にならない由緒伝統が宿っています。

実際にこの神社を起点にして、
ほかの神社が配置されたのでは?という説もあるようです。

たとえば、有名どころでは
最近縁結びで注目されている出雲大社は、夏至の日没方向

娘の天照大御神が祀られ、
お伊勢さんで知られる伊勢神宮は、
春分・秋分の日の出の方向

神秘的ですらあります。
こういう話聞くだけで、単純にわくわくしてきます~。

神話が好きな人は、パワースポットうんぬん関係なく
訪れたら楽しいでしょうね!

伊弉諾神社
兵庫県淡路市多賀740
0799-80-5001

Sponsored Links

伊弉諾神宮にはどんなご利益があるの?

image003-22
さて、そんなイザナギイザナミが祀られている伊弉諾神宮、
ご利益のほうも気になりますね!

日本「はじめ」の神様ですので、

ここは「何かを新しく始めたいとき」
もしくは「何か一つ物事を終えて、
自分を新たに見つめ直したいとき」


そして夫婦神の神社なので「縁結び」「夫婦円満」
アマテラス・ツクヨミ・スサノヲの3神を生んだことから「子宝」
「長寿」などがあるようです。

また、愛するイザナミを追った結果別離となってしまったことから
「男女の別離の悲しみを癒す」というものもあります。

拝殿の横には「夫婦大楠」という楠があります。

この楠、もともとは二本の別々の木だったのが
成長するうちにくっついて一本の木になったという、
まさに一組のカップルが生まれる経過そのものの形状なんです!

触れても大丈夫だそうなので、
女性は、この幹から手を離さずに
反時計回りに一周するとパワーをもらえるそうですよ。

まさに、縁結びにもってこいなアイコンですよね~。
これは是非一度は行っておかないと、運命の相手と出会えないかも!?
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

・車を利用する場合

山陽自動車道
三木インターで神戸西インター方面→
淡路鳴門自動車道→津名一宮インターから5分


阪神高速北神戸線
布施畑インターで垂水インター方面→
淡路鳴門自動車道→津名一宮インターから5分


第二神明
伊川谷インターから第二神明北神戸線→
永井谷インターで垂水インター方面→
淡路鳴門自動車道→津名一宮インターから5分


阪神高速
名谷インターから湾岸線→
垂水インターから淡路鳴門自動車道→津名一宮インターから5分


神宮正面右裏手駐車場があります。

・公共交通機関を利用する場合

淡路島には電車が走っていないため、高速バス・路線バスでの移動になります。

大阪駅から津名港ターミナルまで
JR本四バス・本四海峡バス・阪急バス・淡路交通各高速バス

三ノ宮から津名港ターミナルまで
淡路交通・神姫バス・本四海峡バス・JR本四バス各高速バス

学園都市から津名港ターミナルまで
山陽電鉄・淡路交通各高速バス

高速舞子から津名港ターミナルまで
JR本四バス・本四海峡バス・神姫バス・山陽電鉄各高速バス

津名港ターミナルから路線バスで
「伊弉諾神宮前」まで片道420円所要時間20分前後
Sponsored Links

まとめ

・伊弉諾神宮(イザナギジングウ)は、
淡路島にある日本最古の神社
・国造りの神イザナミノミコト・イザナミノミコトを祀る
パワースポット
・特に人生の見つめ直し、男女の縁に関することにご利益がある
・公共交通機関はバスになるので時刻表に気を付けて


淡路島自体、食べ物は美味しい
景色は美しいパワースポットのようなところですので、
島中あちこち散策するのも楽しいですよ!

是非神様がたのパワーにあやかりに行きましょう!

Sponsored Links