押さえておきたいスヌードの巻き方とは?今年の秋冬はオシャレに!image001-26
夏物は着られないし、コートはまだ早いし…
と着る物に悩んでしまうシーズンになりました。

クローゼットの衣替えはしたものの、何を着れば良いのか分からない!
季節の変わり目の時期って毎年悩んでしまいますよね。
とはいえ羽織物を持ち歩くにはかさばるし…

そんな時、私はストールスヌードを持ち歩く事にしました。
これがまた万能で、特にスヌードは変幻自在
オシャレにも見えやすいんですよね〜。

ただ巻き方一つで印象がグッと変わるので
色々知ってから使う事をお勧めします。

そこで今時期、そして真冬にかけても出番の多くなる
スヌードの巻き方をポイントごとにご紹介します!

Sponsored Links

スヌードの巻き方とポイント

まずすぐに使える巻き方をピックしました。

■一重巻き

ただ首にかけるだけです。

長さによっては野暮ったくなってしまうので注意が必要ですが、
コートを開けて見せるとロングネックレス風の印象にもなり
細身のシルエット強調されます。

ヒールフォーマルなシーンにもぴったりです。

■二重巻き

スヌードと言ったらこの巻き方を想像する方がほとんどではないでしょうか。
防寒としても首からの風の侵入を防いでくれます。

スヌードを引き立てるのにロングヘアーの方は
アップスタイルにするとより可愛いなーと思ってます。(笑)

■マフラー巻き

イメージはマフラーと一緒です。

首に通さず首かけして片方の穴にもう片方の先端を入れます。
二重巻よりも首回りのホールド感が出るので、
完全防寒したい時やコートの中にしまってすっきり使いたい時にオススメ。

■ショール風

幅広のスヌードに限定されてしまいますが、
デコルテが出るくらいの位置でショール風に見せる着方です。

ファー素材だとゴージャス感が演出出来ます。
秋の羽織物として使うのもアリですね。

■ボレロ風

背中でねじって袖を通す着方です。
ギリギリ二重巻きが出来るくらいの長さのスヌードであれば
丁度良いシルエットになります。

その他にも様々なアレンジがあります。
こちらの動画でも紹介されているのでチェックしてみて下さい。


Sponsored Links

巻き方による見え方(効果)の違い

スヌードと言っても最近ではかなりのバリエーションが出てますよね。
数本お持ちの方も多いのではないでしょうか。

ショートタイプだとすっきり使えるので、
オーバーサイズやゆったりめのシルエットの洋服との相性が良いです。

逆にぴったりしたラインの洋服の時は
ショートだとボリューム感が中途半端になってしまうので避けた方が良いでしょう。

それに比べるとロングタイプはお好みで
ボリュームも作れますしアレンジがしやすいです。

ベーシックな二重巻きはもちろんですが、
ファーやニット素材のものであれば
ただ首に掛けるだけでも小顔効果があります。

また、冬であればモコモコ感で可愛さも出るので一石二鳥ですよね。

ただ、長さにもよりますが三重にして
首回りにスヌードがぴったりになってしまうと詰まった印象になってしまうので、
程よく首回りは余裕を作っておきましょう。
Sponsored Links

秋冬にぴったりの巻き方は?

image003-21
秋冬であればやはり防寒具の一つとして使われる方が大半ですよね。

最初にご紹介した二重巻きが1番スタンダードな着方ですが、
よりオシャレに見えるように着たいですよね。

それであれば、フード風に頭に掛けて
カーディガンやコートを着るのはいかがでしょうか。
ちょっとしたレイヤードスタイルに見えて小洒落感が出ます。

フードはカジュアルすぎてちょっと…という方は、
幅広のスヌードを使ってトップス風の着方もありますよ。

一重のまま首を通し、肩に被せるようにスヌードを広げます。
フロント部分はクロスした状態になるので綺麗に整えれば完成です。

ぱっと見カシュクール風になります。
ゆったりめのアウターであれば上から羽織っても着膨れ感も出ませんよ。
Sponsored Links

スヌードを使ったコーデのポイントは?

せっかくスヌードを身につけるのであれば、
ポイントになるようなコーディネートをするのも良いですよね。

コートもいらない秋くらいの時期であれば、
二重にして首にかけるだけでも十分ポイントになります。

羽織物が必要な時期になったらフードの無いデザインにスヌードを合わせると
綺麗なシルエットでボリュームが出しやすいですよ。

個人的にはノーカラーコートステンカラーコートなどの
襟のシルエットが主張しすぎないコートがオススメです。

また、ロングコートや膝丈くらいのワンピースであれば、
シンプルに一重でかけて縦のラインを強調するのもスタイルがよく見えますよ!

まとめ

① 基本的な巻き方だけでも
コーディネートをオシャレに見せられる!
まずは一重、二重をおさえてコーディネートによってアレンジを。


② ショートタイプはゆったりしたシルエット
ロングタイプは小顔効果やボリュームを出したいコーディネート用に使い分けると○。

③ この秋冬はフードやカシュクール風にして
トップスとして使うのもオススメ。

④ コートなどと合わせる時は
首元のシルエットがすっきりした物で。
まずはノーカラーコートで。

コーディネートに合わせてスヌードも素材や色を変えて楽しんでくださいね。

Sponsored Links