知って得する!元旦と元日の違い!意外に知らないお正月の3つの疑問!image001-22
慌ただしい12月が終わり、
大晦日を迎えると、もう新しい年の始まりですね。

そう、お正月ですよね!

お正月はおせち料理や初詣、
子どもの頃は凧揚げや福笑い、楽しいことだらけですよね!

でも、1月1日って元日というけれど、元旦はいつ?
そもそもお正月っていつまで?


ふと考えると、楽しいお正月は知らないことだらけ…
しかも、今さら聞くに聞けない…

そこで、今回はお正月の小さな疑問を、
わかりやすく解決していきますね!

≪目次≫
1、元旦と元日の意味は?
2、元旦と元日はどう違うの?
3、正月はいつからいつまでなの?

Sponsored Links

元旦と元日の意味は?

image003-17
そもそも私たちは普段なにげなく、
1月1日のことを「元旦」とか「元日」とよんでいますよね?

なんで同じ日に2つの言葉があるのか?
どちらが正しいのか?

実はどちらも正しいのですが、微妙な違いがあります!

実は、「元日」は1月1日のことです!

これはみなさんも思っていた通りかもしれませんね。
「元日」新しい年の1番最初の日のことを言います。

じゃあ、「元旦」は?同じ意味?

これが意外に知らない方が多いのですが、
「元旦」「元日」の朝のことをいいます。

つまり「元日」の始まりの朝、
1月1日の午前中のことを「元旦」というのです!

興味深い話があります。

「元旦」「旦」という字をよく見てください。
「旦」は日に一と書いています。

日の下の一は地平線を表し、
そこから太陽が昇るという光景を文字にしていると言われています!

そんなことを考えると、
「元旦」が1年の始まりの朝ということがとてもよくわかりますよね!!

元旦と元日の意味
・「元日」は1月1日のこと
・「元旦」は1月1日の午前中のこと

Sponsored Links

元旦と元日はどう違うの?

image005-14
みなさんには、「元旦」と「元日」の意味の違い
わかっていただけたと思います。
しかし、現代では「元旦」と「元日」の違いをそこまで意識していないのが現状です。

ただし年賀状については少し気遣いが必要な部分もあります。
そんな年賀状についてわかりやすく紹介しますね!

年賀状を出す方なら、
なるべく1月1日の元日に届いて欲しいですよね?

しかし、午前中に届くとは限らないので、
「元旦」という言葉は入れる必要はありません。

ちなみに年賀状は1月7日までに届けばいいとされています。
でも、やっぱり元日に届いてほしいものですね。

では、元日に届けるにはいつまでに年賀状を出せばいいの?

日本郵便の年賀状受付期間は
12月15日~12月25日までです。


この間であれば元日に届きます。

もしもこの期間に間に合わない場合は、
「元日」というキーワードは避けましょう。

その場合は「謹賀新年」といった言葉を使うといいと思います。

12月は何かとバタバタ忙しいとは思いますが、年賀状は早めに用意しましょう!
Sponsored Links

正月はいつからいつまでなの?

image007-8
正月というのはいつまでのことをいうのでしょうか?

一般的には1月1日から1月3日の三が日
正月という認識の方が多いのではないでしょうか?

本来、正月というのは
1月1日から31日までのことをいいます!
つまり1月いっぱいが正月ということです!

しかし、お正月の飾りつけなどは1月いっぱい飾ってはいけません。
飾りつけの時期について、紹介しますね。

しめ縄

片付けの時期は1月7日の「松の内」までです。
関西地方は15日が「松の内」とされているので、地域によって少し差はあります。
ちなみに「松の内」は年神様がいる期間という意味です。

鏡餅

片付けの時期は1月11日です。
その日に鏡開きをして、おいしくいただくのです!
年神様にお供えしたお餅を食べて、今年1年の健康を祈るのですよ!

こんな風に正月の終わりと、
お供えものを片付ける日は違うものなのです!

近年は、お正月といっても
スーパーやさまざまなお店も営業していることから、
なんとなく正月気分というのは少し薄れてきていますよね?

そんな時代だからこそ、
昔ながらの習慣を大事にして正月気分を味わいましょう!
仕事も1月いっぱい休みなら…いいのになぁ…

まとめると、
正月は1月1日から31日までのことです!!
Sponsored Links

まとめ

元旦と元日の意味は?

・「元日」は1月1日のこと
・「元旦」は1月1日の午前中のこと

正月はいつからいつまでなの?

・1月1日~1月31日まで

普段何気なく迎えていたお正月も、
さまざまな意味があると思うと少し気分がかわりますよね!

お正月の朝、そう!元旦はとても神聖な気持ちになれる特別な日です。
年々、お正月気分が薄れていく中で、
少しでも何かを受け継いでいければいいと心から思いますね!!

Sponsored Links