バジルシードとチアシードの違いって知っている?悩み別の正しい選び方image001-17
健康や美容志向の高い女性に話題のスーパーフード
「バジルシード」「チアシード」
雑誌やテレビでもよく特集されていますよね。

見たことがある、食べたことがあるというかたは多いのではないでしょうか。
名前も見た目も似ているこの2つですが、違いって正しく理解していますか?

2つとも美容と健康、ダイエットにとても効果的ですが、栄養成分の比率が違うのです。

バルジシードはシソ科オシウム属、
チアシードはシソ科サルビア属で見た目はゴマみたいです。

水につけると膨張するという特徴があり、無味無臭です。

見た目も特徴も同じですが、食べるなら、
自分の目的にあったものを選んで食べた方がいいですよね。

美肌になりたい?アンチエイジングがしたい?
痩せたい?便秘を解消したい?

人によって悩みは様々です。

あなたはどうですか?

これから違いを紹介したいと思います。
しっかり理解して、自分に合うものを食事に取り入れてみてください。
そして、あなたの理想の身体を手に入れてください。

Sponsored Links

バジルシードとチアシードの違いは?

image003-5
バジルシードとチアシードの栄養成分などの違いを紹介します。

「バジルシード」

カロリー1gあたり約1キロカロリー
食物繊維56%
タンパク質20%
脂質14%
(αリノレン酸、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、アミノ酸、葉酸、鉄分、ビタミン、ミネラル含む)

特徴

水につけると約30倍に膨らむ

価格

100gあたり270円~1500円くらい

「チアシード」

カロリー1gあたり約5キロカロリー
食物繊維40%
タンパク質20%
脂質30%
(αリノレン酸、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、アミノ酸、葉酸、鉄分、ビタミン、ミネラル含む)

特徴

水につけると約10倍に膨らむ

価格

100gあたり350円~1200円

カロリー、食物繊維、脂質など違いがあるのがわかりますね。
どちらも無味無臭ですが、食感が少し違います。
バジルシードの方が歯ごたえあります。
Sponsored Links

バジルシードとチアシードの効果は?

image004-1
バジルシードとチアシードの効果を紹介します。

その前に、先ほど出てきた栄養成分の主な効果を紹介しますね。
・食物繊維
・αリノレン酸(脂質)
・必須アミノ酸(脂質)

① 食物繊維

食物繊維は、便秘解消効果が期待できます。
食物繊維には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維2種類があります。

便秘を解消、すなわち腸内の環境を良くするには、
水溶性と不溶性両方の食物繊維をバランスよく摂取する必要があります。

水溶性は便に水分を与えて柔らかくして排便をスムーズにし、
善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。

不溶性は便のかさを増やして、腸に刺激を与えて、
便意をもようしやすくしてくれます。

どちらかに偏ってしまうと、せっかく食物繊維を摂取しても
逆に便秘が悪化する可能性があります。

バジルシードとチアシード、ともに水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれているので、
便秘解消にはとても効果があります。

ただし、水に浸して膨張させた時に限りです。
水に浸さずに、そのまま食べてしまうと、
腸内の水分を吸収してしまい逆に便秘になる可能性があるので気を付けましょう。

また食物繊維は、血糖値を上がりにくくし、
脂肪を溜め込みにくくしてくれるので、ダイエット効果も期待できます。

② αリノレン酸(脂質)

αリノレン酸は、脂肪分解酵素を活性化させてくれるので、
脂肪を溜め込みにくくし、脂肪を燃焼してくれる効果があります。

脳の神経細胞を活性化し、血流を良くする効果もあるので、
認知症防止効果も期待できます。

血液さらさら効果もあり、アンチエイジング効果もあります。
コラーゲンやヒアルロン酸の生成も行うので美肌効果も期待できます。

③ 必須アミノ酸(脂質)

必須アミノ酸は、コラーゲンの材料となるため、美肌効果があります。
肌に潤いを与えてくれるので、乾燥肌でお悩みの方にはとくにおすすめです。

上記をまとめると。
バジルシードは便秘解消とダイエットに効果的
チアシードは美容とアンチエイジングに効果的と言えます。

Sponsored Links

解消したい悩み別の選び方

image005-9
便秘解消やダイエット目的の方には、
食物繊維が豊富で低カロリーなバジルシードがおすすめです。


美容やアンチエイジング目的の方には、
αリノレン酸や必須アミノ酸が豊富なチアシードがおすすめです。

Sponsored Links

オススメの効率的な取り方は?

image006-2
バジルシードとチアシードは、無味無臭なので
ドリンクやヨーグルトなどに入れて食べると程よく食感も楽しめて良いと思います。

私は毎朝、グリーンスムージーに入れて飲んでいます。

食前の30分~1時間前くらいに食べると、
体内で膨張し満腹感が得られ食欲を抑制してくれるのでおすすめです。

食べる際は必ず水に浸してからにしてください。
さきほども紹介したとおり、そのまま食べてしまうと腸内で水分を吸収して、
便秘が悪化する可能性があります。

バジルシードは30分程度、チアシードは12時間目安に水に浸してください。

チアシードには発芽毒があるといわれており、
12時間以上水に浸すことにより、無毒化することができます。

両方とも水に浸した状態で、1週間程度冷蔵庫に保存できますよ。

まとめ

① バジルシードは食物繊維が豊富で低カロリー。水に浸すと30倍に膨れる。
② チアシードは美容成分が豊富で、水に浸すと10倍に膨れる。
③ 便秘解消、ダイエット目的の方には、バジルシードがおすすめ。
④ 美容、アンチエイジング目的の方には、チアシードがおすすめ。


バジルシードもチアシードも栄養成分が豊富な分、
カロリーがあるので、1日大さじ一杯を目安に食べてくださいね。

毎日の食事に加えて、ますます美しく健康になってください。

Sponsored Links