知らないと損する!初めての林道ツーリングに必要な装備とは?image001-12
バイクは仲間でのツーリング、1人でのソロツーリング、高速域を楽しむレースなど、
バイクひとつでも楽しみ方は人それぞれですよね。
そんなバイクの楽しみ方のひとつに、今回紹介する林道ツーリングというものがあります。

ここ最近、林道ツーリングは盛り上がりをみせているようで、
バイク雑誌も頻繁に特集を組んだりしていますね!

私は通常のツーリングも林道ツーリングも、どちらも楽しむライダーのひとりです。
林道ツーリングを始めたいと思っている初心者の方!これからわかりやすく紹介していきますね!!

Sponsored Links

林道ツーリングに必要な装備は?


○そもそも林道ツーリングとは?

簡単に言うと、通常のツーリングが舗装された道路を走ることであれば、
林道ツーリングは舗装されていない道を走るツーリングです。

そもそも林道は林業用に作られた道ですので、危険がいっぱいです。
道も狭く、ガードレールもなければカーブミラーもない。
生い茂る木々をくぐり抜け、砂利道や急カーブを走らなければいけません。

それでも楽しくてやめられないのが林道ツーリングです!

そんな危険な林道ツーリングですから、いろいろな装備が必要になってきます。
まずは、私が林道ツーリングを始めるにあたり、最初に購入した最低限必要な装備を紹介しています。

1、ヘルメット

これはバイクに乗るのであれば必ず必要にはなりますが、
通常のヘルメットを林道で使用するのはおすすめできません。

オフロード用のヘルメットを使用してください!!
なぜ、オフロード用のヘルメットがおすすめかというと、理由は2つあります。

まずはバイザーがついているということ。
林道を走ると泥が飛んできたり、生い茂る枝に直撃したりすることがありますが、
バイザーはそれを防いでくれます。

もう1つはチンガード(あごの部分が出っ張っている)に
空間を作ること
によって走行時に息がしやすいのです。

林道は険しい道が多く、息がハァハァなることもあり、
息がしやすくないと、とてもしんどいです・・・

おすすめは初心者からベテランまで人気の、
ARAI(アライ)のツアークロス3です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇アライ(ARAI) オフロードヘルメット TOUR-CROSS 3 グラスブラ…
価格:43848円(税込、送料無料) (2017/1/16時点)


 

2、グローブ

通常のグローブでも問題ないように思われますが、やはりオフロード用のグローブがおすすめです。
操作性とグリップ力が通常のグローブとは比較になりません!

あと、以外に重要なことが、洗えるということなのです。

実は私も林道ツーリングを始めてすぐは、オフロード用のグローブを使っていませんでした。
通常の革製のグローブを使っていたのですが、林道では泥や転倒などでグローブが汚れやすく、
「使って、汚れて、洗って」の繰り返しで、革が硬くなってボロボロになってしまいます。

ほとんどのオフロード用グローブは、素材が布のようなものなので、
洗っても革のように硬くならないので安心して洗えますよ。

余談ですが、冬などであれば林道コースまで行くのに、
オフロード用グローブでは寒いので、通常のグローブと使い分けてくださいね!!

おすすめのグローブはFOX(フォックス)のダートパウです。
FOXは機能的でデザインも優れているので、私は初心者の方には必ずおすすめしています!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fox Racing(フォックス) Dirtpaw Race ートパウ レーシン…
価格:6677円(税込、送料別) (2017/1/16時点)


3、プロテクター

転倒して当たり前の林道ツーリングですから、体を守るプロテクターは必須です。
お金をかけられるのであれば、全身をプロテクターで守るのがベストですが、
転倒すると高い確率で膝などを打ちますので、まずは膝、脛を守るニープロテクターを購入してください!

おすすめはKOMINE(コミネ)のトリプルニープロテクター3です。

【メーカー在庫あり】 SK-608 コミネ KOMINE トリプル ニー プロテ…

4、ブーツ

ブーツは初心者でも必ずオフロードブーツを購入してください!
ゆっくり走るから大丈夫だろう!ということは考えないでください。

単なる砂利道でも、例えゆっくり走っていても、足も付けないくらい一瞬で転んでしまうのが林道です。
そんな時にスニーカーやショートブーツを履いていたらと、想像するだけでゾッとします・・・。
転んでバイクの下敷きになった時に、足首を守る役目でもあるオフロードブーツがおすすめです。

おすすめはGAERNE(ガエルネ)のサイファーJ です。
こちらのメーカーは種類も豊富で、
初心者からベテランまで満足できる性能で人気のメーカーです。

その中でもサイファーJは軽く操作性に優れているので、
何を買っていいのかわからないという方は、最初の一足としておすすめです!

林道ツーリングに必要なおすすめの装備を整理すると、

1、ヘルメット:ARAI(アライ)のツアークロス3
2、グローブ:FOX(フォックス)のダートパウ
3、プロテクター:KOMINE(コミネ)のトリプルニープロテクター3
4、ブーツ:GAERNE(ガエルネ)のサイファーJ

林道ツーリングであると便利な装備は?

あると安心感が段違い!と思える装備類を2つ紹介しますね!

まずはバイクの装備ですが、ハンドガードです。
ハンドガードというのは、林道で前を走るバイクからの飛び石などから手を保護する樹脂製カバーです。
おすすめはACERBIS(アチェルビス)のハンドガードです。

【USA在庫あり】 737403 2170320002 アチェルビス ACERB…

汎用性も高く、イタリアのメーカーだけあって独創的なデザインでカッコイイです。
もちろん機能的にもすばらしいです!

2つ目は、です!
え?と思うかもしれませんが、飲み水は重要ですよ!
そんなの忘れないよ!と思うかもしれませんが、けっこう忘れる人が多いのです。
忘れても買えるならいいけれど、林道にはコンビニはありませんしね・・・

私は真夏の林道でタイヤがパンクして、そんな時に限ってチューブを忘れるという大失態。

バイクであればすぐの道でも、パンクしているバイクを押して、
林道を抜けて舗装道路まで出るまでには汗だく・・・あの時水がなかったらと思うとゾッとします。
林道では何がおこるかわかりませんので、水は忘れずに!!

林道ツーリングであると便利な装備は、
①ACERBIS(アチェルビス)のハンドガード
②飲み水

Sponsored Links

林道ツーリングでの服装は?

image004-3
林道ツーリングに適したウエアとは、とにかく丈夫でなければいけません。
転倒したり、木の枝に引っかかったりするので、
動きやすく、そして破れにくい丈夫な生地が最適です。

数あるオフロードウエアのメーカーの中でも、
絶大なる人気と知名度を誇るのは、グローブの時にも紹介したFOX(フォックス)です。

私もFOXのジャケットとパンツを愛用していますが、とにかく丈夫で動きやすいし、通気性も抜群です!
FOX に限らず、初めてオフロードのウエアを購入する場合は、
インターネットではなく、販売店などで実際に試着することをおすすめします。

もちろん本格的なオフロードウエアでなくても、林道ツーリングを楽しむことができます。
しかし、実際にオフロードウエアを着てみると、「あぁ、全然違うな!」と実感できますよ!
そりゃ、そうですよね。そのために開発されたウエアですからね!
Sponsored Links

林道ツーリングの工具・予備部品・修理道具で必要なものは?

image006-1
林道ツーリングではトラブルは日常茶飯事です。
工具も予備の部品もあればあるほど、便利です。

しかし、荷物を積むのには限界がありますし、
何よりもバイクで遊ぶのには身軽でないと楽しめませんよね。
ここでは、最低限必要な工具や予備部品を厳選して紹介いたします。

○林道ツーリングで最も多いトラブルはパンクです。

パンク修理に必要な工具は、
・前後のタイヤチューブ
・空気入れ
・タイヤレバー
・パッチ、接着剤
・ラジオペンチ


パンク修理は慣れていないとかなりの時間を要しますが、
慣れてくるとフロント約30分、リア約50分で交換できます。

○空気入れとエアゲージ

林道ツーリングでは、タイヤの空気圧を落とすことによりグリップ力が増します。
空気圧が高いと、柔らかく滑りやすい路面ではスリップする可能性が高く危険なのです!

林道の入り口で空気を抜いて、林道用の空気圧にしてから走ります。
そして、帰りは舗装道路用の空気圧に戻さなければいけないので、
空気入れとエアゲージが必要になってきます。

○LEDライト

これは小さくてもかなり明るく照らせるのでおすすめです。
何かのトラブルで暗闇の中で作業を行う時、そしてあってはならないことですが、
最悪バイクを置いて夜道を歩かなければいけない時などには必需品です。

○レバーの予備

ハンドカバーを装着していれば折れる可能性は低いですが、
念の為にせめてクラッチレバーがあると安心です。

○その他

ビニールテープ、針金、タイラップなどは、
部品の仮止めや緊急時に何かしら使えるのであると便利です。

整理すると、
林道ツーリングで必要な工具や予備部品は、

①パンク修理工具(前後のタイヤチューブ、空気入れ、タイヤレバー、パッチ、接着剤ラジオペンチ)
②空気入れとエアゲージ
③LEDライト
④レバーの予備
⑤ビニールテープ、針金、タイラップ


そして最後に忘れてはならないのが、バイクに標準で付属されている車載工具です!

実際よく使う工具やスペアパーツを紹介させていただきました。
しかし、「こんな工具持っていても、自分ではできないし意味ないよ」ということをよく耳にします。

それは間違いですよ!

たとえライダー自身に修理をする技量や知識がなくても、
道具やスペアパーツさえあれば、通りかかったライダーが助けてくれる可能性があります。
しかし、工具もスペアパーツもなければ、どんなに腕のいいライダーでも修理することはできません。
だから、最低限の工具とスペアパーツを持って、林道ツーリングを楽しんでください!!

まとめ

1、林道ツーリングに必要なおすすめの装備

・ヘルメット:ARAI(アライ)のツアークロス3
・グローブ:FOX(フォックス)のダートパウ
・プロテクター:KOMINE(コミネ)のトリプルニープロテクター3
・ブーツ:GAERNE(ガエルネ)のサイファーJ

2、林道ツーリングであると便利な装備

①ACERBIS(アチェルビス)のハンドガード
②飲み水

3、林道ツーリングでおすすめの服装

数あるオフロードウエアのメーカーの中でも、
絶大なる人気と知名度を誇るFOX(フォックス)

4、林道ツーリングで必要な工具や予備部品

①パンク修理工具(前後のタイヤチューブ、空気入れ、タイヤレバー、パッチ、接着剤ラジオペンチ)
②空気入れとエアゲージ
③LEDライト
④レバーの予備
⑤ビニールテープ、針金、タイラップ


さて、林道ツーリングで最低限必要な装備や服装、
そして工具などを紹介させていただきました。

私は、「装備類や工具は、林道ツーリングを始める前に一気に買い揃えた方がいいのか?」
とよく聞かれることがあります。

答えはNOです。

もちろん、始める前に揃えて欲しい最低限必要なものは紹介しましたし、
それ以外にも揃っているに越したことはありません。

しかし、実際に林道ツーリングを始めれば、必要なもの、
逆に今は必要ないかな?という判断が自然にできます。

そう、必要な時に買い足せばいいのです。

林道ツーリングはとても奥が深い遊びです。焦らずじっくり楽しんでいきましょう!!

Sponsored Links