塩麹の効能って!?食材の旨味を引き出してくれる塩麹の魅力とは?image001

塩麹は、美容や健康に良いと言われて近頃人気の高い調味料です。

スーパーで手軽に手に入る塩麹ですが、そもそもどんなものなのかご存知ですか?
塩麹とは、「米麹(こめこうじ)」からできています。
米麹とは、カビを生やした米のことです。

カビというとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、
このカビが凄いのです‼

麹カビは、でんぷん、タンパク質、脂肪を分解するので
古くから発酵調味料の製造に使われてきました。

甘酒、醤油、みりん、酢などなど、
日本の食文化を支える調味料のほとんどが米麹からできているのです。

麹カビは、日本の気候にとても適していて、質の良いカビができます。
日本の食文化そのものと言っても過言ではないです。

塩麹とは、米麹と塩、水を発酵させて作ったものです。


塩麹はなぜ美容や健康に良いのか、栄養、効能など紹介します。
ぜひ日本の食文化を支えている麹、そして塩麹の素晴らしさを知ってください。

Sponsored Links

塩麹に含まれる栄養成分は?

image002
塩麹には以下の栄養成分が入っています。
・ビタミンB群
・GABA
・α‐エチルグルコシド
・ペプチド
・麹酸(こうじさん)
・オリゴ糖


それぞれの効果を簡単に説明しますね。

① ビタミンB群

疲労回復効果や、美肌効果が期待できます。

② GABA

リラックスストレス解消効果が期待できます。

③ α‐エチルグルコシド

保湿力の高いコラーゲンの生産量を増やすので、美肌効果が期待できます。

④ ペプチド

脂肪の分解、血圧を下げるので生活習慣病の予防効果が期待できます。

⑤ オリゴ糖

腸内環境を整えてくれるので、便秘解消効果が期待できます。
Sponsored Links

塩麹の効能は?

塩麹には、先ほど紹介したような健康・美容に良い成分がたくさん入っています。

しかし、塩麹の効能はそれだけではないのです。
最大の効能は食材そのものの旨味を引き出してくれるところにあります。

タンパク質を分解する酵素が含まれているので、
硬いお肉を柔らかくしてくれたり、野菜の旨味を引き出してくれたりします。

味覚の「美味しい」という味は、塩味甘味旨味の3つで構成されています。

料理をするときに、醤油や塩(塩味)、砂糖(甘味)、だし(旨味)を
組み合わせて調理をすることがほとんどですよね。

塩麹は、塩味と旨味の役目を果たしてくれます。
旨味がたっぷりと入った野菜(玉ねぎなど)を塩麹を使って旨味を引き出せば、
甘味も出ます。

塩麹は万能調味料なのです。

私は麹についての理解を深めるために、先日、発酵マイスターの資格を持った友人が開催している、麹をつかった料理のレッスンにいってきました。

コンセプトは「自宅で簡単に作れる麹を使ったご飯」です。
肉野菜の炒めもの、スープ、漬物、とレシピは簡単に自宅で作れるものばかり。

驚いたのは、味付けに、塩麹・しょうゆ麹・生姜しか使わなかったことです。
それなのに、いつも家で作っている料理と比べ物にならないくらい美味しかったです。

しょうゆ麹とは、米麹としょうゆを発酵させたものです。

ふだん、しょうゆ、酒、みりん、砂糖など様々な調味料を使っていましたが、
無駄な消費をしていたのかなと思いました。

逆に素材の味を殺していたのかなとさえ思いました。

日本の気候に適した、古くから保存や調味料として活用されてきた麹。
その麹を使い、素材そのものの味を最大限に引き出し、最高の料理を作る

日本の食文化、料理の原点に触れた気がしました。
シンプルだけど美味しく、身体に優しくて健康に良い塩麹。

みなさんにも、これを機に麹の魅力を知っていただけたら嬉しいです。
Sponsored Links

塩麹の効果を最大限に高めてくれる食べ方は?

image003
塩麹は先ほど紹介した通り、万能調味料なので様々な活用方法があります。
中でも私がよく活用している方法を紹介しますね。

私は、いつも週末に1週間分の食材を買いだめします。
野菜やお肉など、大量に買い込むのですが、
塩麹を使う前は、腐らせてしまうことも度々ありました

今は、購入した食材のうちの半分は塩麹漬けにして、冷蔵庫に保管をしています。
麹はもともと保存用の調味料なので、腐る心配がありません

そうすることにより、食材を無駄にすることが無くなりました。

お肉は小分けにして、塩麹を入れて冷蔵庫に入れておきます。
そうすると、お肉も柔らかくなるし、味も染み込みます。

食べるときは、そのまま炒めるだけでも旨味と塩味が出ていてとても美味しいです。

簡単で本当に美味しいです。
添加物なども入っていないので、安心も出来ます。

野菜も切って小分けにして塩麹で漬けておけば、
漬物としても食べられますし、炒め物などにも使うことが出来ます。

私は旦那さんに毎朝お弁当を作っているのですが、
フライパンでさっと炒めるだけで一品できるので、かなり助かっています。

味も美味しくて、とても好評です。

麹は歴史が長い分だけ奥も深いです。
麹のレシピはたくさんあるので、日頃の献立に加えてみて下さい。

先日のレッスンで習ったのですが、塩麹の効果を最大限に高めるには、
調理の際、弱火で時間をかけてと食材を炒めたり、煮込むと良いそうです。

そうすることにより、さらに食材の旨味を引き出すことが出来ます。

もちろん強火で作った方が良い料理もあるので、
すべてというわけではありません。
どうすれば食材の味を1番に引き出せるかを考え、それに麹を利用してください。

私もレッスンで習ったことを生かして、塩麹のレシピを増やしていきたいと思います。
Sponsored Links

まとめ

① 塩麹には美容や健康に良い栄養成分が豊富に入っている
② 塩麹には食材そのものの旨味を引き出す効能がある
③ 保存調味料としても活用できる


塩麹は日本の食文化の原点とも言える、素晴らしい魅力のある調味料です。
近頃は、添加物の入った調味料もたくさんあります。

自分自身や大切な人の、健康を守るためにも、ぜひ塩麹を活用してみて下さい。

Sponsored Links