パクチーにはどんな栄養素が含まれている?効能や効果は?
最近は、パクチー好きな人をパクチストなんて
呼ぶらしいですね。

かく言う私もパクチストの端くれです。

あちこちでパクチーを食べさせてくれるお店も出来て、
追加で追いパクチーなんていう事も出来たりします。

パクチー専門の料理人や料理本等もあったりして、
広がりは無限です。

パクチーは生春巻きやトムヤムクン、
フォーなんかに使われます。

薬味のような存在かなと思いきや、
このパクチーには主役を凌ぐ驚くほどの
たくさんのパワーが秘められているのです。

さてさて、どんな栄養素が含まれているのか、
ご紹介していこうと思います。

パクチーのパワーを知って、
パクチーの事を好きになってもらえたら嬉しいです。

Sponsored Links

まずはパクチーにはどんな栄養素が含まれているのか調べてみました

鮮やかな緑色のパクチー、せり科の1年草です。

英語ではコリアンダー、スペイン語ではシラントロ、
ベトナムではザウムイ、中国語では香菜、
インドではダニヤー等々、世界中で食べられています。

パクチーはタイ語。

本当に言葉って面白いですよね。

呼び名ではなくて、栄養の話をしないと!

やはり、ビタミン類は豊富です。

目に良いと言われるビタミンA、
老化防止や生活習慣病に良いとされるビタミンE、
他にもお肌に良い事で知られるビタミンC
エネルギー代謝にとても大切なビタミンB2などなど、
これだけでも十分な感じですが、まだあります。

含まれているカリウムは、身体の中にあるナトリウム、
つまり塩分を体の外に排出する働きがあるので、
血圧を下げる効果もあるんです。

まだまだ、もっともっと、いろいろあります。
Sponsored Links

あの独特な香りを持つパクチーにどんな効果・効能があるのか調べてみました

ずーっと昔、
古代ローマや古代ギリシャの時代から
薬草として使われていたとされているパクチー。

利尿効果や皮膚発疹、アレルギー疾患、
風邪などに効果がある
として重用されていました。

中世ヨーロッパでは媚薬としても使われていたようです。

あの、独特の香りも注目されていたんですね。

最近注目されているのは、
体内の重金属のデトックス効果です。

私、金属なんて食べない!

そりゃそうですよ、食べません。

でも、水や排気ガス、
化学肥料なんかから体内に入り込み、
自分の意思に反して
体の中にどんどんたまっていきます。

汗や尿、便などから排出されますが、
100%はムリなようで、
そんな時にパクチーのデトックス効果が
役立つのです。

体内の金属は酵素に取り付いて
酵素の働きを邪魔してしまいます。

酵素は、私たちが生きていく上で
消化吸収や代謝などを行う為には
必要不可欠な物。


酵素が正しく働けないことで
体内の活性酸素も増えてしまい、
身体がどんどんサビてしまうのです。

そこで注目するのが抗酸化作用。

パクチーには、金属のデトックス効果の他、
抗酸化作用も高く、私たちの体をダブルの力で、
老化からしっかり守ってくれるんです!

美肌、頭皮の健康、アンチエイジング効果、
さらに動脈硬化や糖尿病などの成人病にも
効果アリ
です。

どうです?

このパクチーの素晴らしい効果。

よーし、どんどん食べるぞ!

いやいや、ちょっと待って下さい。

どんなに体に良い物でも、
そればかり食べてしまっては、
かえって体に悪影響が出る場合もあります。

Sponsored Links

パクチーの食べ過ぎに副作用や危険があるのか調べてみました

どんな食べ物でも、たくさん摂り続けると
アレルギー反応を起こしてしまう人がいます。


稀に、
吐き気やじんましんなどのアレルギー症状がでてしまったり、
アナフィラキシーショックを起こしてしまう事も

全くないとは言い切れないようです。

パクチーはせり科の植物。

パセリやセロリ、人参などにアレルギーのある人は
注意して下さい。


もう一つ、デトックス効果が高いですから、
腸の働きが活発になりすぎて
腹痛や下痢を起こしてしまう恐れも
あります。

あと、妊娠中は通常よりも体が敏感になっていますから、
気を付けて下さいね。

とはいっても、食べ過ぎってどれくらいでしょう。

パクチーだけでお腹いっぱいになるくらいですか…

1つの物ばかり食べるのではなく、
栄養バランスのとれた食事が大切という事ですね。

Sponsored Links

パクチーを効果的に摂る方法について考えてみました

パクチーが苦手という人には、
火を通して食べると
あの独特のクセがあまり気にならなくなります。

チャーハンに入れたり、お肉と一緒に炒めたり。

でも、残念なことに
熱に強いベータカロテン以外のビタミンは
壊れてしまいます。

壊れてしまいますが、圧倒的に食べやすくなります。

私はパクチー大好きですから、
ザクザクと切ってタッパーに入れ、
冷蔵庫に常備してあります。

最近は近所のスーパーでも売っているので、
手に入れやすくなって嬉しい限りです。

スープやサラダ、納豆に混ぜてもおいしいですよ。

まとめ

1.パクチーには思いのほかたくさんの栄養素が含まれています

2.それ以外にも、私たちの体に良い効果をもたらしてくれます

3.でも、どんなに良いからと言って、食べ過ぎは良くないようです

4.フォーやトムヤムクン等のスタンダードな料理だけでなく、
自分の好きな使い方にチャレンジしてみるのも楽しいですよ!

今まで、パクチーに馴染みの少なかった人も、
ちょっと食べてみたくなって頂けたら嬉しいです。

パクチーの種子は、スパイスとしてカレー粉のブレンドに
使われています。

本当に世界中で使われているんですね。

Sponsored Links