八王子祭り2017年の日程や花火・山車の情報も!ギネスも達成!?
(出典:http://www.guinnessworldrecords.jp/news/2016/8/largest-bon-dance-jp)

2016年、八王子祭りはギネス世界記録を同時に2つ
達成しました。

挑戦した種目は、
「最多人数で踊る盆踊り」「浴衣を着た最多人数」です。

なんと、2,130名が同時に浴衣で盆踊りを踊ったのです。

お祭りというと、何万人、何十万人の来場者
という話はよく聞きますが、
同時に浴衣で2千人を超える人が盆踊りを踊る姿は、
ちょっと想像がつきませんよね。

渋谷公会堂、東京文化会館、中野サンプラザ、
東京宝塚劇場が、だいたい2,000~2,300人程度を
収容できます。

小学校のクラスだと、30人のクラスが66個分ですよ。

これだけの人がギネス記録達成を目指して
浴衣で集まるってなかなかできることじゃないですよね。

今回は、ギネスを達成したことで、
まだみなさんの記憶に新しい
八王子祭りのみどころや花火情報を
お伝えします。

Sponsored Links

八王子祭りとは?

【動画】https://youtu.be/wzu9c3AFbl4

八王子祭りは、関東で行われる大きなお祭りの1つです。

祭り当日は、立派な山車が街中を練り歩きます。

2003年に地域伝統芸能大賞を受賞し、
昨年2016年にギネス認定されたことでも
知られています。

例年80万人を超える人が、八王子に集まり、
出店される屋台の数も甲州街道におよそ300店と、
1日で全部を回ることができないほどの数ですよね。

この八王子祭り、江戸時代に山車祭りとして始まり、
多賀神社の祭礼を上の祭り、
八幡八雲神社の祭礼を下の祭りと呼び
それぞれ別の地域で別の時期に行われてきました。

山車はたびたび火事に焼け、
太平洋戦争の八王子空襲では8台も焼けてしまった
と言われています。

その後、1966年の市民祭りに山車が参加し、
以降八王子祭りとして統合され、
現在に至ります。

空襲で焼けた山車も少しずつ修復され
現在も活躍しています。

江戸時代に始まった山車の思いが
今も受け継がれているのですね。

Sponsored Links

八王子祭り2017の日程やスケジュールは?

八王子祭りは、毎年8月の第一金曜日から3日間開催される
真夏の祭典
です。

2017年は
8月4日(金)・5日(土)・6日(日)
になります。

4日(金)は、子供たちの盆踊り大会や氷の彫刻展が行われます。

子供たちに癒され、真夏の氷の彫刻で涼しい気持ちになれますよ。

5日(土)は、太鼓合戦や、神輿、山車を見ることができます。

祭りも中盤です。

屋台は初日と2日目に出ているので、
屋台を目当てにしている方は、この日までにお出かけください。

6日(日)は、上地区・下地区別に分かれて
山車の巡業が行われます。

お祭りのハイライトとなるでしょう。

また、八王子祭りに先駆けて、
7月の最終土曜日には八王子花火大会が行われます。

八王子市民球場で19時から打ち上げが始まります。

屋台はそれほど出ていませんが、
夏の風物詩である花火も楽しんでくださいね。
Sponsored Links

八王子祭りのみどころや楽しみ方は?


八王子祭りのみどころは何と言っても、
山車の「ぶっつけ」でしょう。

八王子祭りでは、19台もの山車が街中を練り歩きます。

山車を見たら、その彫刻の素晴らしさを見てください。

灯火で浮かび上がらせられた彫刻からは日本の職人の腕が見て取れます。

「ぶっつけ」というのは山車同士を寄せ、囃子を競い合うことです。

町内ごとに山車を出しているので、その気迫のぶつかり合いは必見です。

また、お神輿が威勢よく担がれ、市内を練り歩く姿や、
獅子舞・太鼓など
八王子祭りにはみどころがいっぱいです。

甲州街道がお祭り一色に染まる姿を堪能してください。

屋台は、300店近く並びます。

屋台は2日目までの出店となるので、
屋台を目当てにお出かけするなら、
2日目までに出かけてくださいね。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

お祭り会場は、JR八王子駅から甲州街道に向かう
通り沿い
となります。

大きなお祭りですから、交通規制もあります。

お出かけの際は公共の交通機関をご利用ください。

JR八王子駅から徒歩5分と
アクセスが便利な場所で開催されていますよ。

まとめ

1. 八王子祭りとは?

江戸時代の山車祭りから始まった、
関東で行われる大きなお祭りの1つで、
山車が街中を練り歩きます。

2. 八王子祭り2017の日程やスケジュールは?

8月4日(金)・5日(土)・6日(日)の3日間行われます。

屋台は4日・5日のみ、山車の巡業は6日に楽しめます。

お祭りに先駆けて、
7月29日には八王子市民球場にて花火大会が行われます。

こちらも浴衣で出かけましょう。

3. 八王子祭りのみどころや楽しみ方は?

町内ごとに出す、19台の山車の「ぶっつけ」がみどころです。

また、お神輿・獅子舞・太鼓もみごたえ十分です。

甲州街道に並ぶ300近い屋台の出店は、2日目までです。

4. アクセス・駐車場情報

JR八王子駅から徒歩5分、甲州街道に向かって歩きましょう。

ギネスなんて言葉を聞くと、
ついついミーハーな気持ちで見に行きたくなってしまいます。

大勢の人が集まる歴史あるお祭りですから、
山車を間近で楽しむのは良いかもしれませんね。

また、屋台が300も並ぶとのこと、人が多いので
お財布がすぐに出せるよう準備をしておくべきでしょうかね。

珍しい食べ物も並ぶようなので、
くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

Sponsored Links