枝豆の正しい保存方法とは?茹でたときの日持ちから冷凍保存の方法まで紹介!
6月になるとスーパーなどでよく見かけるようになるのが、
枝豆ですよね。

私のお母さんもお父さんのおつまみ用として、
夏には枝付きの枝豆をよく買っていました。

そんな枝豆は手軽に食べられるので、
お買い得になっているときについつい買いすぎちゃう
なんてこともありますよね。

でも、食べ切れなかった分を保存していたら、
保存方法が悪かったのか、食べられなくなっていた
という経験がある方も少なからずいるはずです。

そこで今回は、枝豆の正しい保存方法などについて
紹介していきます。

これでいつでも美味しい枝豆を食べることが
できますよ!

Sponsored Links

生の枝豆の保存方法は?


生の枝豆の保存方法は、
枝付きのものは枝ごと濡れた新聞紙に包んで、
冷蔵庫の野菜室にて保存
します。

きゅうりやにんじんと同じ理由で、
立てて保存しておくと日持ちしますよ。

また、枝つきのままだと場所をとりすぎて
野菜室に入らないって場合は、
枝から実をはずしても保存できます。

実だけの場合も枝付きと同じく、
濡れた新聞紙に包んでからビニール袋に入れて
保存してくださいね。

ただし、茹でていない生の枝豆は、
枝付きのものと実だけのもののどちらとも、
時間が経つにつれて
どんどん風味や栄養が落ちてしまいます。

生の状態で置いておくと枝豆自身の糖分の分解により、
糖分が失われていくので、
早めに茹でて保存しておくことが
おすすめ
です。

せっかくなら、美味しく食べたいですもんね。

そこで次は、茹でた枝豆の保存方法を紹介します。

茹でた枝豆の保存方法は?


茹でた枝豆は、まず、ざるに移して
うちわなどで扇いで
冷まします。

茹でた後に自然に冷ます方法だと、
温度が高い状態が長く続くので
傷みやすくなってしまうんです。

また、流水で冷ましてしまうと塩気が抜けて、
水っぽくなって
しまいます。

なので、少し手間ですがうちわで扇いで冷ます方法が
一番美味しく保存ができますよ。

うちわ以外にも、扇風機の風にあてて冷ます方法もあります。

この方法なら放置しておけるので、
忙しい方にはおすすめです。

ただし、冷ましていることを忘れないように
してくださいね。

枝豆が冷めたら、密閉できる袋や容器にいれて
冷蔵庫で保存
します。
Sponsored Links

茹でた枝豆の日持ちはどれぐらい?

茹でた枝豆の賞味期限は、2~3日くらいです。

3日を過ぎると、ネバネバしてきて
食べられなくなってしまいます。

もちろん早めに食べるにこしたことはありません。

ですが、枝豆がたくさんありすぎて、
3日くらいでは食べきれないって時もありますよね。

そこでおすすめなのが冷凍保存です。

よく、冷凍食品のコーナーに枝豆も置いてあったりしますよね。

冷凍の枝豆は、一度湯がいてあるから
すぐ使うことができてとっても便利です。

私もよく、お弁当に入れたりするので、
家の冷凍庫に常備してありますよ。

と、いうことで次は冷凍保存の方法を紹介します。
Sponsored Links

枝豆を冷凍して保存するときの方法は?


枝豆を冷凍保存する場合は、
まず枝豆を少し硬めに茹でておきます。

茹でたらざるに移して、氷を入れて流水で冷まします。

実だけで保存したい場合は
この時に、さやからだして
冷ましておきます。

枝豆をおつまみとしてそのまま食べるのではなく、
料理に使いたい時などはこっちの方が便利ですね。

冷めたら水気をしっかりと取ってください。

キッチンペーパーなどで拭くと
しっかりと水分を取ることができますよ。

最後に、密閉できる袋や容器などにいれて
保存
します。

この時、上からアルミホイルを巻いて冷凍すると
熱伝導がよくなるので、
巻いていないときと比べて
急速に冷凍することができますよ。

急速冷凍の方がより鮮度を保つことができるんです。

なので、このひと手間をかけておくことをおすすめします。

食べるときは、流水につけて解凍したり、
電子レンジで加熱して解凍したり、
自然解凍したりします。

また、もう一度サッと茹でてから食べると、
より美味しく食べられますよ。

ただし、一度湯がいているので、
茹ですぎには注意してくださいね。

また、冷凍した場合の枝豆の賞味期限は、1か月程度です。

なので、保存してから1ヶ月を目安に
食べきってください。

まとめ

枝豆は生のまま保存するより、
茹でてから保存したほうが美味しく食べられます。


また、茹でた枝豆の賞味期限は3日程度なので、
食べきれない場合は冷凍保存に切り替えたほうが、
より美味しく食べることができますね。

夏にピッタリの枝豆ですが、
夏は食材が傷みやすい時期でもあります。

美味しいし、たくさん食べれちゃう枝豆ですが、
保存管理をしっかりとして、
最後まで美味しく食べたいですね。

Sponsored Links