「承知しました」と「かしこまりました」の意味や違いは?正しい使い方を紹介!
これから紹介するのは
とある会社でのワンシーンですが

誰もが一度や二度は
経験があるのではないでしょうか?

はい。その件承知・・・あれ?
かしこまりましたかな?
迷ったこときっとあると思います。

もしくは、現在進行形で迷われているのなら
この記事必ずお役に立つと思います。

具体的には、どんな時に使うべきなのか
「わかりました」と同じ意味なのか
「敬語や謙譲語」なのか等についてまとめました。

それでは本文をお楽しみください。

Sponsored Links

かしこまりました。の意味とは?


「かしこまりました」

格上の立場の方に対して敬う気持ちを抱いた上で、
謹んで相手の言ったことを承諾するということです。


なので、お客様や上司などとやり取りする場合
「かしこまりました」を使うと良いでしょう。

かしこまりました。は敬語?
分かりましたと同じ意味の言葉?


結論から言うとかしこまりました。は敬語です。

意味は確かに同じですが、
使うべきシーンなどが異なります。

ビジネスシーンなどでは
「かしこまりました」を使う方がふさわしいです。

<使うのに相応しいシーン>

上司やお客様(クライアントさん)から

依頼・提案・リクエストを頂いた時の
返事で使うのが、「かしこまりました」

分かりました。を使う例を挙げるとすれば、
「わかりました。次からはそのように致します。」

「分かりました。よろしくお願い致します。」等のように使います。
場面にあった使い分けを覚えると仕事が上手く行くと思います。

なぜなら、相手へ敬意を持てれば、
自然と相応しい言葉をさがそうとしますし、使うと思うからです。

また、相手へ敬意を払うことが出来る人は、
敬意を払ってもらえる方です。

つまり、丁寧に扱う、
誠実さが伝わるコミュニューケーション


ココを大事にしていれば何にも問題ないと言えます。

そうなる為に、「かしこまりました」
「承知しました」違いなどを知っておきましょう。
Sponsored Links

かしこまりました。と
承知しました。の違いは?


かしこまりました。敬語ですので、
使って問題ないのですが、

厄介なのは「承知しました」

これを目上の人ビジネスシーン
使う事を推奨しているマナー本や
ネットの情報が多いですが、実はコレ「間違い」です。

それを証明してくれるのは、やはり辞典でした。

承知

1.事情などを知ること。
また、知っていること。分かっている事。


2.無理を承知でお願いする。
そんなことは百も承知。などと使う。


依頼要求等を聞き入れること。承諾。

3.相手の事情などを理解し、許すこと。

これを見て分かるようにどこにも
「尊敬」や「謙譲」の意味はないのです。

どちらかというと、立場が上の人間
(例えば上司)が使う言葉だと思います。

簡単に言うと「その要望聞き入れてやった」
という意味になるのです。

なのに、謙譲語敬語と理解している人が多いのは
「フレーズ」でインプットしているからでしょう。

「承知」には謙譲の意味はないのですが、
「致しました」に謙譲の意味があるため、

「承知いたしました」は目上の方等に
相応しいと思われたのでしょう。

単語だと謙譲の意味がなく、

フレーズだとあるということが、
混乱を招いたと言えます。
Sponsored Links

かしこまりました。の正しい使い方とは

ここまで読み進めてくれたあなたは、
それぞれの違いを分かったと思います。

そうしたら、次に知りたいのは
「使い方」ではないでしょうか?

そこで、この項目では「かしこまりました」の
正しい使い方をお伝えいたします。

<正しい使い方>

ダイレクトにそのまま

1.かしこまりました。
2.かしこまりました。+内容

<使うのに相応しいシーン>

ビジネス、目上の方がいる時。

<使うのに相応しいのはどういう人?>

上司やお客様、目上の方など
このあたりを押さえておけば困ることはないと思います。

まとめ


いかがでしたか?
少しはお役に立ったでしょうか?

簡単ではありますが、今一度まとめさせて頂きます。

1.かしこまりましたには
相手を敬う意味合いが込められているので
上司やお客様とのやり取りに相応しい。


2.「承知いたしました」の「承知」には謙譲の意味がないので、
「承知致しました」が目上などの人に相応しいというのは間違い。


3.混乱が起きたのは「承知」の単語には「謙譲の意味」がないのに、
フレーズになると「致しました」に謙譲の意味があるから。


4.どちらかで迷ったら「かしこまりました」でOK。

最後まで読んでくださり、有難うございました。

Sponsored Links