福島わらじまつり2017の日程や見どころは?日本一大きいわらじとは? 
福島県を代表する夏まつりに福島わらじまつりがありますよ。

わらじのお祭りってなんだろう?と思いましたか。

わらじは今の生活の中で
あまり見ることも履くこともないですよね。

そのわらじに願いを込めて、
東北の夏を2日間熱く燃え上がろう!

というのが福島わらじまつりです!

走って踊って賑やかに、夏の夜を楽しむ!
そして日本一に驚いて下さいね。

Sponsored Links

1福島わらじまつりとは?

福島わらじまつりは「暁まいり」から由来しています。

まずは「暁まいり」ですが、
福島県福島市にある信夫三山羽黒神社に
昔、仁王門に仁王様が安置されていたそうです。

その仁王様に合わせて作った大きなわらじを奉納したことが
「暁まいり」のはじまり
だそうです。

羽黒神社の大わらじは日本一の大きさを誇りました!

そのため、人々が長旅に出る時の健脚と安全祈願に
わらじを奉納するようになりました。

これが毎年2月に開催される
「暁まいり」というおまつりですね。

「暁まいり」は300年の伝統ある行事で
大わらじを奉納して無病息災、五穀豊穣、
家内安全、商売繁盛を願うおまつりですが、
この「暁まいり」から由来と伝統を受けて
日本一の大わらじを守るために
「福島わらじまつり」が開催されるようになりました。

地元に元気をとの願いを込めて、
福島の短い夏をめいっぱい楽しむ!
地元に愛されているおまつりですね。

大わらじは「暁まいり」で片足分、
「福島わらじまつり」で片足分を奉納して

やっと一足分になるわけです。

これで一層の健脚を願うそうですよ。

大きな笑顔で喜んでいる仁王様の姿を
想像しちゃいますね。

今年で48回目を迎える福島わらじまつりは
福島県を代表するおまつりになりました。

いかに地元のみんなに愛されているかわかりますよね。

大わらじの大きさもおまつりを愛する気持ちも日本一!
熱い東北の夏が最高に燃える2日間ですよ。

2福島わらじまつり2017の日程やスケジュールは?

【日程】

2017年

《8月4日(金)》

・修祓式・オープニング 17:15

・わらじおどり 17:50

・ダンシングそーだナイト 20:30

《8月5日(土)》

・わらじ競走 17:15

・ダンシングそーだナイト 18:15

【会場】

信夫通り(国道13号)
Sponsored Links

3福島わらじまつりの見どころや楽しみ方は?



見どころは大わらじの大きさですね!

長さ12m、重さ2tの大わらじとは、
仁王様でも大きすぎじゃないかと思わせるほどです。

これが会場を練り歩くのだから大迫力ですね。

2tの大わらじを人力で運んで歩く!

真夏の暑さの中ですから、
角を曲がるとか相当な苦労ですよね。

会場の熱気とみんなの情熱が、
熱い夏をさらに熱くする、
これも
福島わらじまつりの見どころですよ。

そして、次の見どころがわらじおどりですよ。

コース内を平成わらじ音頭に合わせて踊る、
わらじおどり集団が華やかに会場を盛り上げますよ!

レゲエ調の平成わらじ音頭には
個性的なコスチュームがよく似合うのです。

さらに、最終日に行われるわらじ競争も見どころのひとつ。

わらじを担いで全力疾走するユニークなものですが、
真剣に走っている姿を応援しない人はいないほど
会場の熱気は最高潮ですよ。

参加者も観覧者もなんだかとっても楽しそうで、
手作りの地元のおまつりだというのがよくわかりますよ。

二日間で参加者含めて26万人もの見物客が来るお祭りになっていますが、
福島愛に溢れた作り手の情熱が伝わる素敵なお祭りですよ。
Sponsored Links

4アクセス・ 駐車場情報

【アクセス】

電車:JR「福島駅」より徒歩5分 

駅からまっすぐに歩くと会場になります。

わかりやすいのでご安心下さいね。

車:東北自動車 福島西ICから15分

【駐車場】

平和通り地下駐車場がおすすめ

この他駅の周りに多数有料駐車場があります。

国道13号 17:00-22:00通行止め 

両日共に規制がありますから、
早めの移動がいいですね。

まとめ


1「暁まいり」の伝統と大わらじを守るため、
引き継がれた祭りが福島わらじまつりです。


日本一の大わらじを奉納して家内安全や健康を祈願しています。

2 日程 ・2017年 8月4日 17:00
・5日 17:00

3 見どころは奉納される大わらじの大きさ、
わらじおどり集団の情熱あふれる平成わらじ音頭、
そして、わらじ競争ですよ。

4 電車:JR「福島駅」より徒歩5分

車:東北自動車 福島西ICから15分

参加しても観覧しても楽しいこと、
これが福島わらじまつりの最大の魅力ですね。

夏にこそ熱くなる東北魂を感じて下さい!

Sponsored Links