敷居が高いは誤用で使われてる?正しい意味や使い方をご紹介!!おや。あそこにいる女の子たち。
何か不義理したのかしら?


敷居が高い」という
言葉が聞こえたけど・・・。

あー。そっか。お友達が
高級店に行ったと聞いて
自分は高くて行かれない
」って
伝えているのねー。

そっかー。なるほどねー
正しい意味を知った上で、
相手やその場に合わせている
のなら
いいけど・・・。

もしも、そうじゃないのなら・・・
と思うと心配


中々教えてくれる人っていないから
気付きにくいのよね


だけど、なるべく早い段階で
気付いた方が良いと思うの


そして、これを読んでいるあなたが、
もしかしたら私も
「そういう使い方」してるかも

と思ったのなら、ぜひこの記事を読んでみてください。
きっとお役に立つと思います。

それでは本文をお楽しみください。

Sponsored Links

敷居が高いの一般的な使われ方

あなたはどんな時に
敷居が高い
という言葉を使いますか?


おそらく、下記のように使っている人が
多いのではないでしょうか。

あの店は私には
敷居が高くて行かれない


意味:高級すぎて、
自部には分不相応な気がして行けない


というように、
高級すぎる」「分不相応」で
あるなどの意味で使われることが多い。

特に30代以下での誤用が多い
文化庁の調査で出ている。

ではなぜこのような「誤用」が
広まってしまったのでしょうか?


私の想像の範囲は超えませんが、
そもそも若い人達は「敷居」が何かを
知らないのではないでしょうか?


なので、
何だか分からないもの高い
という言葉が引っ付いているため、高いと言えば
値段」を連想し、
手に届きにくいもの
手に入れるのが大変なもの
特別感のあるもの」「高級なもの
一部の人しか行かれない場所
みたいな理解をしてしまったのではないでしょうか。

一方、同じ言葉でも50代以上になると
正しい意味」で理解しています。

それではお父さん世代が正しく理解している
正しい意味」を我々若い世代
働き盛りな世代も理解しておきましょう。

そうすれば、上司に
おっ、若いのにちゃんと知ってるな。」
と思われるかもしれませんよ。
Sponsored Links

敷居が高いの正しい意味や使い方は?

誤用との違いは
一度は行ったことがあるということ」

更に言えば、
先方に不義理をして、行きにくい
と言う時に使います。

具体的には、
若い頃ご迷惑をかけたので、
先生の家に行くのは敷居が高い

というように、会うのをためらう
躊躇してしまう気が引ける
時に使います^_^

ですが、実際は「敷居が高い」という
言葉自体そんなに頻繁に使うもの
ではないので、無理してこの言葉を使って
「間違う」よりも、素直に
気が引ける行きにくい
躊躇してしまうでいいと思います。
Sponsored Links

敷居が高いの語源は?

敷居」とは
門の内外を分けるため敷く横木
のこと。

訪ねにくくなって相手の家の
敷居を高く感じられる

ところから生まれた言葉です。

また、敷居はとも書きます。
だから、日常会話の中では
登場する頻度が少ないのです。

内と外の境界線とも言える敷居

実際には高さはないのに、
高く感じる」という心の動きが
敷居が高い」というたった5文字に
込められているのです。

こういう細やかな心理描写が出来るのは
やはり日本語ならではないでしょうか

Sponsored Links

これは誤用なの?

そうですねー。
ここでは誤用
させて頂きます


と言いますのも、
現実に使われているのをある意味正しいとするのか、
元の意味を大事にし、そこを踏まえて相手や
その場によって使い分けるのか

どうかで「答え」は変わりますが、私としては、
正しい意味を知った上で、
どんな言葉、表現をとるのか

が大事だと思っていますので
誤用」とさせて頂きます。

だからと言って相手がいわゆる
誤用」をしていたとしても、指摘などせずに、
知っている人間が合わせる
のがいいでしょう。

そんなことで、目くじら立てなくても
いいのではないでしょうか。

まとめ

長文お付き合い頂き
有難うございました


いかがでしたか?
少しは参考になりましたか?

簡単ではありますが、
今一度まとめさせて頂きます。

1.
敷居が高いという言葉を
「高級」「分不相応」として
使う人が多いが、正しい意味は、

先方に不義理をしていて行きにくい
ということである。

2.
誤用が多いのは30代以下。

3.
正しい意味で理解しているのは50代以上。

4.
誤用かどうかについては、ここでは
誤用とさせて頂きます。

5.
正しい意味を知っている人間が、
その場や相手に合わせるのが良い

言葉狩りのようなことはしないこと

最後まで読んでくださり、
有難うございました

Sponsored Links