札幌夏祭り2017の日程は?ビアガーデンなどみどころ盛りだくさん!
北海道の冬は長いもので、
日陰などでは5月まで雪が残ります。

お花見ができるのも、
一足遅いGW頃になります。

そこからやっと春が始まって、
あっという間に春が終わります。

そしてそんな北海道の街、
札幌にも夏が来ます!

大通公園では短い夏を楽しむために、
毎月イベントが開催されます。

そんな中でも夏ど真ん中に開催されるのが
「札幌夏祭り」です。

成人になってからというもの、
私は毎年必ず参加しています。

1日だけとは言わず、何日も通い詰めます。

こうしてお話していても、
今年の札幌祭りが楽しみになってきました。

そんな札幌夏祭りって
一体どんなことをやっているのか。


大人になって楽しめるって?

札幌夏祭りについて、
詳しくご紹介させていただきたい
と思います。

Sponsored Links

1.札幌夏祭りとは?


「札幌夏祭り」とは
実はいろいろなイベントの総称なのです。

大通公園で行われる「ビアガーデン」、「北海盆踊り」、
豊平川で行われる「花火大会」
その代表です。

短い札幌の夏をぎゅっとたっぷり楽しめる
それが「札幌夏祭り」なんです。

ビアガーデンは、昼間・平日問わずにぎわっています。

大通公園から少し歩けば、
日本三大歓楽街のススキノもすぐですので
ビアガーデンでビールを楽しんだ後に、
ススキノへ繰り出すという人がほとんどです。

私も札幌夏祭りではこのビアガーデンはかかせません。

サッポロ・キリン・アサヒ・サントリーの他、
世界各地のビールも楽しめます。

ビールが苦手な方でも、
もちろんビール以外の飲み物も提供されています。

豊平川の花火大会はたくさんの人があつまります。

今年で62回目の開催を迎える、
こちらも長く楽しまれているイベントです。

河川敷の賃貸マンションでは、
花火大会が見える方角かというので
家賃相場がずいぶん変わってくるほど、
人気があります。

街中で打ち上げられる花火ですので、
仕事帰りに見ることができるのが
私にとっては嬉しいところです。

道路は大混雑ですが、
それも花火大会を感じられるところかな
と思います。

趣向を凝らした花火が多く、
ずっと見ていられる、
見ていたいと思うような花火大会
です。

札幌の夏はもちろん暑いですが、
本州のようにうだるような暑さではなく、
暑いは暑いですが、
外で過ごしたいなと思えるような気温ですので
この札幌夏祭りは夏を楽しむのに
本当にぴったりです。

2.札幌夏祭り2017の日程やスケジュールは?


札幌夏祭りは、
毎年7月20日頃から8月20日頃までの
約1ヶ月かけて開催されます。

2017年は第64回を数え日程もすでに発表されています。

今年の開催は
7月20日木曜日から8月17日木曜日までの予定
となっています。

この期間中に長く開催されているのが
ビアガーデンです。

ビアガーデンが始まると夏祭りが始まる
というようなかたちで、
毎年終了は8月15日までとなっています。

北海盆踊りはお盆の時期に行われます。

こちらは1週間の開催となります。

盆踊りが終わると夏祭りも終わり
というかたちとなりますので、
今年の開催はおそらく
8月11日金曜日から8月17日木曜日
ではないかと思います。

子ども盆踊りや仮装大会もありますので、
この1週間びっしり楽しめます。

豊平川の花火大会は、毎年7月の最終金曜日に
開催されています。

ですので今年は7月28日金曜日に
開催されると思います。

雨の場合は順延となってしまいますので
ご注意くださいね。

Sponsored Links

3.札幌夏祭りの見どころは?


さて、ご紹介してきた札幌夏祭りですが、
見どころはどんなところでしょうか。

最初にもお伝えしましたが、
私はここ最近、毎年参加しています。

もうすでに伝わっているかもしれませんが・・・、
私がこのお祭りで一番楽しめると思うのは
「ビアガーデン」です。

大通公園におよそ13,000もの席が用意されますが、
あっという間に満席になってしまいます。

お席の予約をできる会場もありますので
ぜひチェックしてみてください。


ビアガーデンの雰囲気も楽しいのですが、
知り合いを見かけて一緒にわいわいしたり、
たまたま隣に座った知らない人と一緒にわいわいして
新しい知り合いになったり、
外国人の観光客の姿も見かけることがあります。

長い期間で開催されますし、
お盆休みにも営業がありますので
いろいろな友達と何度も行ったり、
お盆で帰省した友達とも行ったりと、
何度も違う楽しみ方ができます。

実は私、当初はビールが苦手でした。

でもこのビアガーデンに通い詰めるうちに・・・
いつの間にか、「とりあえずビール」
ができるようになりました。

ビールが苦手でも通い詰めてしまうようなビアガーデンです。

ぜひ、機会があれば参加してみてください。
Sponsored Links

4.アクセス・駐車場情報

札幌夏祭りは大通公園の会場で楽しむ場合と、
豊平川の花火大会を楽しむ場合がありますので
2会場へのアクセスをご紹介しておきます。

まず、大通公園のビアガーデン・盆踊りを楽しむ場合です。

大通公園へは地下鉄を利用するか、
JR札幌駅からの徒歩で
向かうのがいいかと思います。

地下鉄は札幌市内に南北線・東豊線・東西線の
3本のラインがあるのですが、
大通公園駅にはどのラインも停車します。

札幌市内から向かうのでしたら、
地下鉄を利用するのが便利です。

札幌市外からはJRがいいのではと思います。

札幌駅まで到着すると、大通公園までは徒歩で10分ほどです。

地下街を歩いてそのまま大通公園に行くこともできます。

次に花火大会を楽しむ際ですが、
どこから花火を見るのかによって変わってきます。

一番にぎわうのは中島公園付近です。

打ち上げ場所に近く、花火を一番楽しむことができると思います。

中島公園へは地下鉄を利用します。

市営地下鉄南北線に乗車し、
中島公園駅もしくは幌平橋駅で降りると
どちらの駅も豊平川も近く、
中島公園とも直結ですのでオススメです。

5.まとめ

札幌夏祭りについて、おわかりいただけましたでしょうか。

「札幌夏祭り」とは、ビアガーデン・盆踊り
・花火大会などのイベントの総称で、
札幌の短い夏をギュっと満喫できるお祭り
です。

街中で行われますのでたくさんの人たちが集まり楽しみます。

1ヶ月間という長い期間で楽しめますので
ぜひ機会があればみなさんも一度、参加してみてくださいね!

Sponsored Links