白老牛肉まつり2017の日程や見どころは?前売り・当日のチケット情報も!
何だか久しぶりに
ハンバーガーが食べたい・・・

今日はハンバーグが食べたい・・・
いや、やっぱり焼肉かな・・・

おいしいおいしいステーキが食べたい・・・

無性にお肉が食べたくなることありませんか?

しかもせっかく食べるんだから、
おいしいお肉を食べたい。

外も暖かくなってきましたし、
外でBBQなんていいですよね。

なんて、私はお肉が大好きなので
毎日お肉が食べたいと言っているかもしれません。

でも周りの女性は野菜を好きな方が多いので、
あまり大きな声では言えません・・・。

そんなお肉大好きな私が、
わざわざ行ってまで食べたいと思うのが

北海道白老町の「白老牛」です!

私だけじゃなくて、お肉が好きな人なら
みんなそうかもしれません。

とにかくおいしいんです。

そんな白老牛のお祭りが毎年、開催されています。
これは行くしかありません。

おいしいお肉だけではなく、
イベントも開催されていますので

小さなお子様でも楽しむことができるお祭りです。

ではまずは、「白老牛って何?」という人のために
白老牛の魅力についてたっぷりとご紹介したいと思います。

Sponsored Links

1.白老牛とは?


「白老牛」という名前の通り、
北海道白老町で育てられた牛のことを言います。


まず、白老町をご存知でしょうか。

新千歳空港のある
千歳市の南隣のさらに隣の町です。

登別温泉をご存知でしょうか。
千歳と登別の間くらいにある町です。

白老町は農業よりも畜産が盛んです。

北海道白老の地で育てられた
ブランド牛が「白老牛」です。

松阪牛や神戸牛といった有名なものよりも、

北海道という寒い地で育った牛なので
おいしさがキュッと引き締まっています。

実はこの白老牛ですが、
2008年に開催された洞爺湖サミットで

リブステーキとして提供され、各国の首脳陣に
おいしく召し上がっていただきました。

原産は黒毛和牛で、特定の条件下で育て上げ、
肉質の等級もしっかり設けられています。

また、「白老牛銘柄推進協議会」という機関を設置し、
しっかりと品質・安全を守っていますので、

おいしく・安心して食べることができます。

この白老牛を、おいしくでもお手ごろ価格で
食べられるのが「白老バーガー」です。

B級グルメとしていろいろな雑誌などでも紹介されています。

実際に町に行くといろいろなお店で提供していますので、
どこのものを食べようか、毎回とても迷ってしまいます。

この白老バーガーは、
中のお肉ももちろん白老牛なのですが

バンズももちろん北海道で採れた
小麦を使用していますので、
この点でも安心して食べることができます。

まとめますと、

白老牛はおいしく安全に、
多くの人に食べてもらいたいという思い


たっぷりつまった白老で
育てられたお肉、ということなんですね。
Sponsored Links

2.白老牛肉まつり2017の
日程やみどころ・楽しみ方は?


では、そんな白老牛を堪能できる「白老牛肉まつり」とは
いったいどんなお祭りなのでしょうか。

白老牛肉まつりは2017年で28回目を迎え、
およそ5万人もの方が訪れ楽しんでいます。

良質のお肉ステーキ・ハンバーグ
牛丼・ビーフシチューなどを白老の空の下で、
おいしい空気と一緒にいろいろな食べ方で楽しむことができます。

その他にも、ステージでのイベントや、
なんと牛の丸焼きも毎年恒例で登場しています。

白老川の河川敷で開催され、開放感があります。

BBQのような炭火焼台も用意され、

自分で好きな焼き加減で、
焼きたてのお肉を楽しむことができます。

天気が良いと・・・何も言えないくらい、最高の気分です。

白老牛肉まつりは
毎年6月に開催されています。


今年、2017年の開催予定
6月3日(土)・4日(日)の2日間を予定しています。

このお祭りで絶対に楽しむべきは
「黒毛和牛の丸焼き」です。

2日間ともに提供される予定です。

私も見たことがあるのですが、
焼いている様子はかなりびっくりします。

丸焼きという想像はできていますが、
実際に見てみると大きさにびっくりしました。

焼きあがるのにはおよそ10時間かかるそうです。

時間をかけてじっくり焼いた牛肉は、
とても甘く感じました。トロッとおいしかったです。

12時からの販売開始となる予定ですが、
その時間にはもう解体されてしまいますので

丸焼きの姿が見たい方は、
少し早めに見に行ってみるといいかもしれません。

その他にも、ステージではライブが開催されたり、
ゲームやイベントが開催されたりしますので、

「食」以外のことも楽しめます。
Sponsored Links

3.白老牛肉まつりのチケット情報

実は、このお祭りには
「前売りチケット」があります。


前売り券を購入することで、
売り切れにハラハラドキドキすることなく

安心してお肉を楽しむことができます。

前売り券はお肉150gで1,800円、
限定10,000枚の販売です。


当日券もありますが、
午前中のうちに売切れてしまいますし

前売り券よりも割高となっています。

2017年は4月22日(土)から、
「チケットぴあ」白老の商工会・観光協会などで販売されます。

おいしいお肉を売り切れの心配をすることなく、

少しでもお得に食べたい方はぜひ
数に限りがありますのでお早めにゲットしてくださいね。
Sponsored Links

4.アクセス・駐車場情報


5万人もの方が訪れるお祭りです。

すぐに会場に入ることができるのか、

おなかを空かせてきたのに
駐車場は並ばないと入れないのか、

気になりますよね。

白老には地下鉄などがないため
主な移動手段は車か電車です。

電車の場合は
JR白老駅まで移動してください。


駅から会場まではお祭りの期間、
無料シャトルバスが運行しています。

毎年、駅からの行きは朝9時すぎから、
会場からの帰りは午後5時ころまで、

およそ1時間に1本ほどの割合で運行しています。

車でお越しの際には
駐車場が完備されています。


およそ2,000台が停められ、料金は無料です。

ですが満車になってしまうこともありますので、
お時間には余裕を持って移動してください。

また、駐車場から会場へは少し距離があるため、
こちらもシャトルバスでの移動が必要です。

5.まとめ

おいしいお肉が食べたくなっちゃいましたか?
私はもう・・・今すぐにでも食べたいです。

開催は6月の2日・3日ですのであと1ヶ月と少し。
チケットの販売はまもなくです!

「食」を楽しむのはもちろんですが、

丸焼きを実際に見てみたり、
イベントを楽しんだりできる白老牛肉まつりに、
ぜひ前売り券をゲットして参加してみてくださいね。

Sponsored Links