鳥越祭2017年の日程と神輿のルートは?みどころや楽しみ方も紹介!1350年の歴史を誇る鳥越神社の例大祭、
鳥越祭りが2017年も開催されます。

重さ4トンもある本社神輿が夜の街を練り歩く
豪快なお祭りですが、4トンの神輿って、
そもそも持ち上がるのかも疑問な重さですよね。

その神輿を担ぐのは全国から集まった力自慢の方たちです。

仲良く担ぐのではなく
神輿の棒を取り合うようにして担ぎ、
街を練り歩きます。

だから江戸の華である喧嘩もあちこちで起こるとか・・・。

そんな迫力に満ちた神輿の練り歩きを見に
毎年数十万の人が東京都台東区に訪れているのです。

鳥越祭の日程と神輿のルートを確認し、
動画ではなく生でそのパワフルな姿を
楽しんでみませんか?


Sponsored Links

鳥越祭の日程やスケジュールは?


鳥越祭は毎年6月9日に近い日曜日に
開催されています。

2017年は
6月10日(土)・11日(日)
になります。

10日(土)は町内会の神輿や、子供神輿、
山車などが
街を練り歩き、
穏やかなムードがあふれるお祭りになります。

子供と一緒にお祭りを楽しもうと考えている方は、
こちらの方が癒やされ楽しめるかもしれません。

迫力を感じたいなら、
重さ4トンの千貫神輿を見に行くのが良いでしょう。

千貫神輿は11日(日)の予定で、
6時30分宮出、21時宮入となります。

夜祭りは19時頃からになります。

警察も巻き込んだ喧嘩が始まることもあり、
数年前から道路側と歩道側の間にバリケードがしかれるように
なりました。

見物客は歩道側から道路側へ行くことは出来なくなっていることで、
トラブルを減らすように考えられています。

お祭りを見に行って、喧嘩に巻き込まれてはたまりません。

特に初めて見に行こうと考えている方は
心の準備をしてお出かけください。

鳥越祭のみどころや楽しみ方は?


鳥越祭の一番のみどころは、やはり鳥越の夜祭りでしょう。

都内最大級の大きな神輿には、鉛が詰まっているため、
その重さは4トンもあります。

その4トンの神輿を担ぐ棒は、狭い下町を練り歩くため
太く短く作られています。

太い棒は担ぎにくく、短い棒は担ぎ手を少なくしてしまいます。

更に鉛を詰めて重くなった胴体ですから、担ぐのも一苦労です。

その上、誰もが担ぎ手になりたくて棒を取り合うから、
もうたまりません。

夜の街を神輿が押し合いへし合い進む迫力と、
神輿が弓張提灯によって輝き、
お供の氏子たちの掲げる高張提灯が長く暗闇を照らし、
神社へ帰っていく姿は何とも幻想的です。


鳥越祭に出かけたなら、夜祭りは外せませんね。

また、鳥越神社近くの道路や商店街には
お祭りの屋台が250店舗以上も並びます。

下町情緒あふれる商店街で地元の人とお話をしたり、
雰囲気を味わったりしながらの買い物も楽しめるでしょう。

Sponsored Links

御輿のルートや宮入の時間は?

2017年のルートはまだ公開されていません。

6月に入ると鳥越神社社務所にて頒布されるので、
詳しいルートが知りたい方は、
鳥越神社社務所まで出かけてみてください。

またFacebookの鳥越神社のサイトでも情報が公開されるので
チェックしてみてください。

宮出しは朝6時30分、宮入は21時と決まっていて、
宮入が最大の見せ場になるので、
思い切って21時に
鳥越神社を目指して出かけるのも

良いかもしれません。
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報

鳥越神社は、東京都台東区鳥越2丁目にあります。

最寄り駅は浅草橋駅と蔵前駅の2駅あり、
ちょうど中間地点辺りに位置します。

駐車場は用意されていない上に、
お祭りで興奮する人が多くなるので
車で出かけるのは避けた方が良いでしょう。

また、神社周辺の道路や商店街に
屋台が250店舗ほど並ぶので、
公共の交通機関の利用がオススメです。

電車では次の駅の利用が便利です。

・都営地下鉄浅草線 蔵前駅から徒歩6分

・都営地下鉄大江戸線 新御徒町駅から徒歩8分

・JR総武線 浅草橋駅から徒歩8分

まとめ

1. 鳥越祭の日程やスケジュールは?

2017年は6月10日(土)・11日(日)に開催されます。

2. 鳥越祭のみどころや楽しみ方は?

都内最大級の大きな神輿とその担ぎ手の迫力が魅力です。

下町情緒あふれる商店街で屋台の買い物も楽しめるでしょう。

3. 御輿のルートや宮入の時間は?

2017年のルートはまだ公開されておらず、
6月に入ると鳥越神社社務所にて頒布されます。


お祭りの日が近づくと
Facebookでも情報が公開されるので
チェックしてみてください。


4. アクセス・駐車場情報

・都営地下鉄浅草線 蔵前駅から徒歩6分

・都営地下鉄大江戸線 新御徒町駅から徒歩8分

・JR総武線 浅草橋駅から徒歩8分

車の利用は避け、公共の交通機関を利用しましょう。

下町の勢いあるお祭りで、
警察が出るほどの喧嘩の可能性・・・と聞くと、
ちょっと出かけるのに躊躇してしまうかもしれませんが、
伝統あるお祭りです。

今は、
見物客は神輿の通る車道側に
出られないようになっていることもあり、
安心して大丈夫ですよ。

商店街や屋台の方との会話も
是非楽しんでみてください。

Sponsored Links