三条祭り2017の日程や大名行列の時間は?舞い込みはオススメ!
(出典:https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=1924)

小さなお子さんをお持ちのご家庭では、
一番の願いは子供達の「健康」だと思います。

我が家も小さい頃は、
風邪をひくだけで一大事となり、

治ると「静かにしなさい!」
なんてバトルが始まったものです。

三条では、大名行列に次ぐ

近年申込者続出の「舞い込み」
と言われる行事があるそうです。

子供たちを肩車に乗せて、
神職に頭を撫でてもらい

その年の「無病息災」を願う神事です。

他では見られない珍しいお祭りですので、
ぜひ一度見てみたいと思います。

Sponsored Links

三条祭りとは


(出典:https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=1924)

三条の鎮守様である「八幡宮」
毎年5月15日に行われる、

十万石の格式をもつ大名行列や
舞い込みで知られる伝統行事の一つです。

元々は大名行列も行われていなかったのですが、
文政5年に三条の領主(村上藩六代藩主)である、

内藤信教(ないとうのぶあつ)が、
本来十万石以上の大名がなるべく、
京都所司代に就任した事がきっかけとなり、

三条の町をあげて大名行列を模して
祝ったのが、今日に至る所以です。

今で言う「エリート昇格」でしょうか。

三条の人たちにとっては、
誇り高いお祭りという事です。

三条祭り2017の日程とスケジュール

5月14日(日)(宵宮):夕方

5月15日(月)大名行列:
12時45分/舞い込み:17時


15日の14~16時には
お子様の祭化粧を若衆会テント前で行います

14日の宵宮では時間が明確に決まってなく、
17時位には満員の可能性があります。

早めのご準備でお出かけ下さい。
Sponsored Links

三条祭りの見どころやイベント

おススメはやはり「舞い込み」でしょう。

総勢400名からなる、パフォーマンスの「先供」
約50㎝もの高下駄を履く「道祖神」「神輿」

お囃子を奏でる「囃子方」
「静」なる大名行列の後に、舞い込みが始まります。

さて、ここからはけがの無いよう
気を引き締めて参加する、

「動」なる祭りの始まりです。

大名行列に続き、幼い子供を肩車し
神社に入り込みます。

わが子の「無病息災」を祈り、
道祖神や神職に頭を撫でてもらいます。

昔は舞い込みに参加する人が少なく、

道祖神も神職の方たちも
走り回り大変だったそうですが、

今は申込者が殺到した為に、
歩いて回っているそうです。

お父さんたちは子供を肩車しながら、
境内を小走りに走るので、

体力の自信のない方は
覚悟をしないとダメですね。


肩車はご存知かと思いますが、
両手は上に挙げて子供を支えないといけませんから。

子供たちはというと、秋田の「なまはげ」のように、
ほとんどの子が泣き叫んでいるという光景です。

泣くと子供って重くなるんですよね。(不思議です)

子供が泣いているのも、祭りでは
微笑ましく見られるので、個人的には好きです。

時代は変化して近代化していますが、
古い伝統もこうして根づいているのは嬉しい事ですね。

いつか又頭を撫でられた子供たちが、
自分の子供を肩車して参加するのでしょうね。
(自分の息子が親になる事は、まだ想像出来ませんが)

元気で育つんだよ。可愛い後姿に癒し。


(出典:http://www.wakasyukai.org/)

・動画を参考にしてみて下さい。

(出典:http://be-useful1.com/archives/7034.html)
Sponsored Links

アクセス・駐車場情報


(出典:https://goo.gl/maps/GwJj7bZKSBm)

交通アクセス
JR弥彦線「北三条駅」より徒歩5分
北陸自動車道「三条燕IC」より車で10分

駐車場
・普通車:約50台(臨時駐車場のため無料)

まとめ

・平成29年5月14日(日)~
5月15日(月)(12時45分~)


・三条の八幡宮にて開催

・大名行列は午後から始まります。
露天にて美味しい物を午前中に食べて楽しみ、
ゆっくりと良い席を確保すると良いでしょう。

・子供を肩車するには体力勝負となります。
今からストレッチや体力増強のための
運動が必要と思われます。

・子供の笑顔が一番です。
怪我の無いように楽しみましょう。

Sponsored Links