北海道神宮祭(さっぽろ祭り)2017年の日程や見どころは?中島公園の出店の時間は?
北海道の冬も終わり、これから桜が咲いて
外で過ごすのが気持ちの良い季節が近づいてきました。

札幌ではこれから毎月、

大通公園や中島公園など
大きな公園でイベントが開催されます。

そのイベントの中でも、
「さっぽろ祭り」「中島公園祭り」とも呼ばれ、

札幌市民に親しまれているのが
「北海道神宮祭」です。


実はこのお祭り100年以上も続いているんですね!

毎年6月に3日間開催され、
夏の訪れを感じさせるお祭りとなっています。

車が多く行き交う札幌市内の道路を、
神輿や山車が練り歩き、

いつもとは違う雰囲気を感じることができます。

そんな北海道神宮祭ですが、
今年はどんな日程で行われ、
どうしたらより楽しむことができるのでしょうか。

私はお祭りを毎年楽しませていただいてますので、

ぜひ北海道神宮祭の見どころ楽しみ方について
ご紹介させていただきたいと思います。

Sponsored Links

1.北海道神宮祭(さっぽろ祭り)2017の
日程やスケジュールは?

北海道神宮祭に行ってみたい!と思っても、
まずは日程を知っておかないと始まらないですよね。

まずはさっそくお祭りの日程をご案内します。

北海道神宮祭は、先ほどもチラっとお話しましたが
毎年6月に開催されています。

さらに言うと、日付も決まっていて

曜日に関係なく6月14日から3日間
つまり14・15・16日に開催されます。

今年は14日(水)、15日(木)、16日(金)という曜日です。

毎年同じ日程に開催されるということで、覚えやすいですし、
自分のスケジュールも立てやすいですよね。

また、土日に限った開催でもないので

平日にお仕事がお休みの人でも
昼間からお祭りを楽しめます。

神宮祭は3日間で行われますので、
そのお祭りのスケジュールもご紹介します。

14日・・・宵宮祭

前夜祭のようなものです。
北海道神宮の本殿で行われます。

毎年、太鼓演奏よさこいの踊りも行われています。

15日・・・例祭

お祭りの本番です。
こちらも本殿で開催されます。

例祭では毎年、忍者ショー
人形浄瑠璃が上演されます。

16日・・・神輿渡御

お神輿山車が札幌の街中を練り歩きます。

さらにこの3日間、北海道神宮・中島公園では
出店が並び、たくさんの人で賑わいます。

見るところがたっぷりです。

2.北海道神宮祭
(さっぽろ祭り)の見どころは?


日程をご紹介しましたが、3日間で
いろいろなことが行われていますよね。

ではどこに注目して楽しんだらいいのでしょうか。
そこもご紹介させていただきます。

私が一番オススメしたいのは、
3日目に行われるお神輿・山車の練り歩きです。


私は残念なことにこの日が
仕事だったことが多かったのですが、

札幌市内で働いていて、その職場の前を
お神輿・山車が通っていましたので、

ビルの窓からその行列を眺めていました。

祭囃子が聞こえてくるので、音が近づいてくると
子どものようにみんなで窓に張り付いていました・・・。

私がこれをオススメしたい理由は、
「お祭り」という雰囲気を存分に味わえるからです。


笛の音が聞こえてきて、
ワクワクしながらお神輿が来るのを待つ、

お神輿の行列のムービーを撮ったり、
知り合いを一生懸命探したり・・・。

小さい頃に近所のお祭りで
見ていたことを思い出せますし、

でも近所のお祭りとは規模が全然ちがい、
迫力もありますのでとても楽しめます。

あとはやはり、中島公園の出店です。

次で、中島公園の出店について
詳しくご紹介していきたいと思います。
Sponsored Links

3.中島公園の出店の時間や楽しみ方は?


中島公園の出店は
毎年約500店舗が出店します。


公園は実は地下鉄1駅分の
広さがあるので、結構広いのですが、

気がつくとすぐに一番端まで歩いてしまい、
さらにまた歩いて戻るという

普段なら歩かないような距離を歩けてしまいます。

私は食いしん坊なので、
かなり食べ歩いてしまいます。

その分、歩いてるからいいか
なんて言い聞かせながら・・・。

食べ物のほかにもお祭りといえば

欠かせない金魚すくいや、射的
お化け屋敷サーカスなど、

見て楽しめる、体験できるものも
ありますので飽きることがありません。

ちなみに中島公園の出店は
10:00から22:00まで営業しています。


夕方は混雑しますので、昼間に行ける方は
昼間の出店を楽しむのがオススメです。

夜に行かれる場合は、6月とはいえ冷えますので
暖かい格好でお出かけくださいね。
Sponsored Links

4.アクセス・駐車場情報

北海道神宮・中島公園どちらに行くのにも、
市営地下鉄を利用するのが便利です。


北海道神宮
札幌市営地下鉄東西線
円山公園駅下車 徒歩15分

中島公園
札幌市営地下鉄南北線
中島公園駅下車 3番出口直結

お祭りといえば、車で行ってしまうと
駐車にかなり苦労しますよね。

北海道神宮祭もそれは同様です。

北海道神宮には240台の駐車場がありますが、当然混雑します。

待てば入ることはできますが、
近くのコインパーキングを利用するのが良いと思います。

また、中島公園には実は駐車場はありません。

近くにコインパーキングもありますが、
こちらは街中に近いということもあり

普段、祭りでないときでも混雑しています。

運がよければ停められるとは思いますが、
中島公園へ向かうのに車はオススメできません。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
毎年あるお祭りですが、毎年行っても飽きません。
お祭りってそういうものですよね!

1.2017年の日程は6月14日(水)
15日(木)・16日(金)の3日間


2.1日目は宵宮祭、2日目は例祭、
3日目は神輿渡御、中島公園の出店は毎日営業


3.見どころは3日目の練り歩くお神輿
山車と中島公園の出店


4.お祭りに行くなら車ではなく、
地下鉄がオススメ


札幌のお祭りといえば、
冬の雪祭りが有名ですが

夏にも楽しめるお祭りがあるんです!

ぜひ一度、夏の札幌のお祭りも
楽しんでみてくださいね。

Sponsored Links