少しずつと少しづつどっちが正しいの?迷った時に思い出すには?
少しイメージしてみてください。

今、あなたはココロや頭に浮かんだものを
文字化しようとしています。

それを何に書くのかは分かりませんが、
どうやら筆が止まってしまったようです。

それはなぜだと思いますか?

勿論、その理由はひとつではないと思いますが、
その原因のひとつにいまいち「使い分け」

どちらが「正しいのか」よく分からない言葉
だということがあるように思うのですが

貴方の筆が図らずも止まった言葉は
そういったものではなかったでしょうか?

もしも、そうならこの記事はきっと
あなたのお役に立つことが出来るでしょう。

なぜなら、今回取り上げるのは
思わず筆が止まってしまうコトバのひとつである

「少しずつ」と「少しづつ」
取り上げているからです^_^

この記事を読めば迷った時に
どうすればいいかも分かるので
きっと筆が止まる回数が減ると思います。

よろしければ参考にしてみてください^_^
それでは本文をお楽しみください。

Sponsored Links

「少しずつ」と「少しづつ」
正しいのはどっち?


結論を言ってしまうと
正しいのは少しずつです。


だけど、昭和21年まで
「づつ」が正しかったのですが、

その後40年間は「づつ」は
間違いとされてきました(´・ω・`)

それはなぜかというとGHQの中に
「言語簡略化担当官」というのがいて

「日本顔はややこしいから簡略化しなさい」
と言ったからだということです。

要はアメリカの意向で変わったってことです(>_<)

色んな思いがありながらも
そのお達しに従い生きてきたのに、

昭和61年にまた改定されたんです。

そのため「ややこしい言葉のひとつ」となっており、

今のところ正解は「ずつ」だけど
「づつ」も間違いじゃない


としか言えないのです(´・ω・`)

「ずつ」と「づつ」の違いは?


一言で言うならば「現代仮名遣い」なのか
「歴史的仮名遣い」なのかの違いですが、

個人的には、「違いを考える」ということは
つまりはどうやって「使い分ければいいか」

ということかに繋がると思うので

ここでは、基本は「ずつ」だけど
こういう時は「づつ」を使うんですよー。

ということをお伝えしていきます^_^

※歴史的仮名遣いとは・・・

「てふてふ」と書いて
「ちょうちょう」と読むあの仮名遣いです。

中学高校あたりの古典の授業で
触れたあの仮名遣いです^_^
Sponsored Links

「づつ」を使うのはこういう時


1.同じ音が続く場合(「つ」が重なる場合)
例:つづみ(鼓)

2.2つの言葉が合わさって出来た言葉の時。
例:竹筒、手続きなど

3.音が濁る場合
例:宝塚

ここが「違い」だと言えます^_^
Sponsored Links

迷った時に思い出す方法は?


基本は「ずつ」と覚えておけばOK

次のような時は「ずつ」

教育の場、新聞など公的な場所
書物、発信などフォーマルなもの。


その他の場所では現在、
両方が使われていることが多いけれど、

迷ったら「ずつ」にしとけば無難です^_^

最後に・・・


長文お付き合いくださいまして有難うございました。
今一度ここで簡単ではありますがまとめさせて頂きます^_^

<「少しずつ」と少しづつ「正しい」のはどっち?>

昭和21年までは「づつ」が正解だったが、
昭和21年にアメリカの意向で

「日本語はややこしいから簡略化しなさい!」

と言われたことから、この年以降
昭和21年以降)においての正解は「ずつ」となった。

<「ずつ」と「づつ」の違い>

現代仮名遣いか歴史的仮名遣いかの違い。

歴史的仮名遣いとは「てふてふ」と書いて
「ちょうちょう」と読むあの仮名遣いです。

中学高校あたりの古典の授業で
触れた仮名遣いのことです。

<「づつ」を使うのはこういう時>

1:同じ音が続く。(「つ」が重なる)
例:つづみ(鼓)

2:2つの言葉が合わさって出来た言葉の時。
例:竹筒

3:音が濁るもの。
例:宝塚

以上のような時は「づつ」を使う。

<迷った時に思い出す方法>

基本は「ずつ」と覚えておく。
迷ったら「ずつ」を使うのが無難です^_^

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Links