雪かきする時のスコップおすすめは?あなたにこっそり教えます!image001
今年は例年より寒くなるとニュースや天気予報でいっていますね。
夏はこんなに暑かったのに…

全国的に寒さが厳しくなるってことは、
より広い地域に雪が降る可能性があります。

日頃から雪かきをしている地域なら「いつものこと」なんでしょうけど、
都市部や西日本に住んでると、ピンポイントで雪が降るので、
同じ県下でも、雪かきしてる人としない人に分かれるのが一般的でしょう。

専業主婦の奥様にとっては余計な家事が1個増える悩みの種ですね。
旦那も休みしか家にいないとなれば主戦力は「女性」になります。
スコップで雪かきするにしても農業用や建築用は重たいし…
って悩む方も多いのではないでしょうか?

積雪のない地域ではあまり目にかけないのですが、
実は「雪かきに特化したスコップ」って結構あるんですよね。
しかも女性が扱いやすいものが結構あります。

では一体どんなスコップがあるんでしょう。

ネットでも買えますので、住まわれてる地域や自分にあったスコップ選びをして、
少しでも負担軽減に繋げて下さいね。

Sponsored Links

スコップの種類にはいったいどういったものがある?

image003
スコップの種類には大きく分けて材質と形状の2つに分けれます。

【材質】

① アルミ
一番ポピュラーな材質です。
アルミ製の一番のメリットは「軽くて錆びにくい」ですね。

鉄って重たい」ってイメージがありますが、
アルミ製品が軽いのは、みなさんよくご存じだと思います。
物干し竿ややかんなどを思い浮かべるとアルミ製がいいのは想像つきますね。

また結構丈夫なので、アルミ製のスコップは大きく出来ていて、
一度にたくさん雪をかくことができます
ちなみに重さは1kgちょっとくらいです。

② 鉄、スチール製
こちらはアルミ製と真逆で「重いし錆びやすい」です。

しかし雪が積もって氷になってしまった場合には、欠点の「重み」が役に立ちます。
固い氷を砕くには力が要りますが、
このスチール製なら少し上げて落とすことで比較的小さな力で割ることができます。

こちらの重さは2kg前後くらいです。

③ プラスティック製
これはズバリ!「軽さ」です。
大体600g~800g超軽量です。

ただし軽いという事は言い換えると柔らかい材質なので、固い雪には不向きです。
最近ではスコップの先のみアルミ製にして強度を上げたものがありますが、
基本は男性が砕いた雪をすくうのがベストな使い方です。

【形状】

① 雪はね
長い柄の付いた樹脂製の長方形をしています。
主な用途は「すくう」「運ぶ」作業向きです。

② スノースコップ
四角形でブレード(エッジ)を大きくしています。
主な用途は「切り分け」「すくう」「運ぶ」作業向きです。

③ 角スコップ
スノースコップよりブレードが小さくなっています。
主な用途は「切り分け」すくう」「運ぶ」作業向きです。

④ 剣先スコップ
先の尖ったスコップです。
主な用途は「崩す」「切る」「すくう」作業向きです。

⑤ プッシャーラッセル
長い柄が付いた長方形少し傾斜があります。
主な用途は「押し運ぶ」作業向きです。

⑥ スノーダンプ
大きなソリに掴み手がついた形です。
主な用途は「運ぶ」作業向きです。

材質と形状だけでこれだけの種類があります。

これだけ揃える必要はなく、
みなさんの住んでる地域の雪質や積雪具合に応じて必要なスコップを買う
といいと思います。

水分量が少ない雪は軽いので、アルミ製やプラスティック製が向いてますし、
水分量が多い場合アルミ製やスチール製など丈夫なスコップがいいと思います。

積雪量が多ければスノーダンプなどの一度にたくさん運べる方が作業は早くなりますし、
積雪量が少ない場合にはプッシャーラッセルのような商品が向いていますね。

アルミ製角スコップ


スノーダンプ    :


プッシャーラッセル


Sponsored Links

都会でオススメの雪かきスコップは?

image005
都会というと「東京」や「大阪」などを思い浮かべますね。

高層ビルがあって、人や車の往来も多いエリアです。
また気温が氷点下になることはほとんどないので、凍る心配はあまりないですね。

その場合、雪質は水分量が多く重たいです。
積雪量も少ないですね。

その場合は「軽くて丈夫で大きくない」スコップがベストではないでしょうか

★おすすめはコチラ★
アルミ角スコップ【HLS_DU】
アルミ製の角スコップアルミ製です。

重量も1.2kgと軽く女性でも苦にならず扱えます。
スコップの幅も25cmあり十分の大きさです。
全長も98cmなので事務所の玄関済やちょっとした倉庫にもしまえて収納も便利ですね。

耐久性もあるので水分量の多い雪を掻いても簡単に壊れません!
Sponsored Links

女性にオススメの雪かきスコップは?

image007
女性がする雪かきでは主に運んだり、すくったりする作業が向いています。
力を使うにも角スコップのような腕力メインの道具だと使いにくいですよね。
腕力だけではなく女性でも楽に雪かきができるのがベストだと思います。

★おすすめはコチラ★
ダブル・プースコ

プッシャーラッセルとショベルの良いとこ取りをした雪かきスコップです。
重たい雪の場合は、プッシャーラッセルのように軽い雪であればすくって投げることもできます。
Sponsored Links

車に積むのにオススメの雪かきスコップは?

image009
車載用スコップは「軽くて小さい」が一番ですね。
そして車の下やタイヤ周りの雪かきをする事がおおくなるので、
アルミなどの金属製品だと、ホイールやボディに傷をつけてしまう可能性がありますね。

★おすすめはコチラ★
除雪スコップ 車載&ハウスくん

全長が83cmなので軽自動車のトランクにも載りますよ。
しかもスコップの部分はプラスティック製なので
雪かきしている時に間違って先がホイールやボディに当たっても傷が付きにくいですね。

雪かきスコップおすすめ まとめ

① スコップは材質と形状が様々。みなさんの地域の特性に合わせた商品を選ぼう。
② 軽くて丈夫で収納に困らない大きさのものがベスト
③ 腕力だけではなく体全体で雪かきができるものが向いている
④ どんな車にでも載せれて車に傷をつけない材質が向いている。


シーズン直前は在庫切れになりやすいので、
早めに準備をして楽しい冬を過ごしましょうね。

Sponsored Links