フジロックで履く長靴のおすすめこれで決まり!選び方の基準は?
ワクワクする夏フェスの時期が近づいてきますね。

筆者は今年も夏フェスに参加予定なので、
とても気合が入っております。

夏の日本4大ロックフェスティバルの1つ、

“FUJI ROCK FESTIVAL”は
新潟県苗場スキー場で開催されているイベントです。


そんな通称”フジロック”に行くにあたって、
長靴のオススメを調べてみました!

Sponsored Links

1.フジロックに長靴は必要?


野外で行われるフェスでは、
基本的に長靴は事前に用意しておいた方が無難です。


スニーカー等の動きやすい靴は
靴の中が雨で浸水しやすく、

お気に入りの靴であれば
グチャグチャの泥で汚れてしまったりして
残念な事になりかねません。

また、フジロックの舞台はスキー場です。
つまり、大自然の中、山の中ですね。

山の中は、天候が変わりやすく、とても不安定です。

さっきまで晴れていたのに突然、
雨が降るなんてこともあり得る話です。

突然の雨にも対処が出来るように、
長靴は持って行って損は無いです。

2.長靴の選び方の基準は?


荷物がかさ張ったり、
重かったりして困る場合が多いので

折り畳めて軽い長靴がオススメです。

軽い長靴は動いていても
足が疲れにくくなるので、おすすめです。

最近では、お洒落な長靴も
増えてきているので

夏フェスの前に、お気に入りの長靴を
探してみるのも楽しいですね。

長靴は少し高くても
良い物を買っておきましょう。


毎年、フジロック等の夏フェスに
繰り返し使えて便利です。

夏フェス以外でも、普段の生活に
長靴を使っても良いですね。

筆者も、夏フェス用に買った長靴は、
普段使いでも活躍しています。

派手な赤色で目立ちますが、お洒落なので、
ジメジメした雨の日でもテンションが上がってしまいます!

雨の日が待ち遠しくなる事、間違い無しですよ。
Sponsored Links

3.オススメの長靴は?


“野鳥の会”の長靴が、大変オススメです。
この長靴は性能がとても素晴らしいです。

柔らかく折り畳める仕様になっており、
コンパクトに持ち運べます。

荷物を多く持って行くフジロックには、
大変有り難いですよね。

また、靴底が軽く、
靴自体も柔らかく歩きやすいそうです。

フジロックでたくさん移動する時には、助かりますね!

またこの靴のすごい所は、
手を使わずに簡単に脱げてしまう事です。


疲れていてすぐ脱ぎたい時には、とても便利です。

日本野鳥の会バードオンラインショップでの、
カラーバリエーションは現在、

グリーン、ブラウン、カモフラージュ柄、
グレー、レッド、メジロ、ネイビーの7色があります。

ただし、ネイビーは数量限定復刻版で
既に売り切れていました(2017年4月1日現在)


沢山のカラーバリエーションがあって、
選ぶのも迷ってしまいますね!

ちなみに筆者は、カモフラージュ柄を
断固としてオススメしています。

個人的な感想ですが、
とにかく奇抜でカッコいいと思います。

カモフラージュ柄は、
最近流行りのファッションでも
取り入られている事が多いので

オシャレをしたい方には、ピッタリのカラーです。

是非、購入してみて下さい。

なお、グリーン、ブラウン、カモフラージュ柄、
グレー、メジロはショップのオススメカラーなので、

一度チェックしてみて下さい。

サイズの種類も豊富です。

SS(23.0cm)
S(24.0cm)
M(25.0cm)
L(26.0cm)
LL(27.0cm)
3L(28.0cm)
4L(29.0cm)

と、幅広く足のサイズをカバーしています。

普段、足のサイズが無くて
困っている方には大変嬉しいですよね。

ちなみにお値段は

カラーの種類によりますが、
4,752円(税込)です。

カモフラージュ柄、メジロのみ
5,823円(税込)
となっています。

お求めやすい価格になっていて手頃です。

天候に左右されずに、
フジロックを快適に過ごせると良いですね。
Sponsored Links

4.まとめ

これまでの文書をまとめてみましたので、ご覧下さい。

(1) 長靴は前もって準備しておく。

(2) 長靴があれば、急な雨にも対応出来る。

(3) 長靴は”野鳥の会”の長靴がオススメ。

急な悪天候の変化にも慌てる事のないように、
長靴もしっかり用意して、準備万端でフジロックを楽しみましょう!

Sponsored Links