梅干しの効能や効果が凄い!効果的に摂る食べ方は?苦手な人にもオススメな食べ方も!
夏の食欲のない時に食べたくなるものの1つに
梅干しがあります。

あの酸っぱい梅干しを白いご飯と一緒に食べると
美味しいですよね。

また、5月下旬から青梅が売られるようになるので、
梅酒を家で作る人も多いですし、
完熟した梅を使って梅干しを自分で作るという方も
いますよね。

そんな梅干しは身体にいいとよく聞きます。

でもどう身体にいいのかや
どんな効果や効能があるのか
曖昧ですよね。

そこで今回は梅干しの効果や効能、
オススメの食べ方なども
紹介していきます。

Sponsored Links

梅干しにはどんな栄養成分がある?

梅干しには、ミネラルがたくさん含まれています。

塩に漬けて作るので
ナトリウムが一番多く含まれてはいますが、
その他にもカリウムやカルシウム、マグネシウム、
リン、鉄、亜鉛、銅など豊富に含まれているんです。

このミネラルが不足してしまうと
骨粗しょう症や貧血、免疫力の低下など
さまざまな欠乏症が起きてしまいます。

特に女性はミネラル不足を引き起こしやすい
と言われているので、
日頃から気をつけておきたいところです。

また梅干しには、
疲労回復効果や美肌効果のあるクエン酸
胃の殺菌作用の効果があるカテキン酸
多く含んでいますよ。
Sponsored Links

梅干しの効果・効能とは?

● 効果

・疲労回復効果

・夏バテ防止効果

・肩こり予防効果

・心筋梗塞の予防効果

・脳梗塞予防効果

・動脈硬化の予防効果

・食あたりや食中毒の予防効果

・抗菌、殺菌作用

・糖尿病予防効果

・高血圧予防効果

・美容やダイエット効果

・抗酸化作用効果

・老化防止効果

・便秘解消の効果

 

よく聞く疲労回復効果は、梅干しに含まれるクエン酸などの有機酸が関係しています。

またこのクエン酸は、カルシウムと結びついて吸収を助けてもくれますよ。

骨粗しょう症の危険性が高いといわれている女性には嬉しいですね。

Sponsored Links

それに梅干しに含まれているポリフェノールには、血流をよくしたり血管の老化を防いでくれる効果もありますよ。


● 効能

・水虫やいんきんたむしなどの皮膚病

・免疫力を高める

・腐敗防止

・二日酔い

・乗り物酔い

 

骨粗しょう症の危険性が高いといわれている女性には嬉しいですね。

それに梅干しに含まれているポリフェノールには、血流をよくしたり血管の老化を防いでくれる効果もありますよ。

 
Sponsored Links

オススメのとり方は?


梅干しはそのまま食べてもいいですが、
ネギやのりと一緒に食べたり、
梅肉エキスで食べるのがオススメ
です。

梅肉エキスは梅の果汁を煮詰めて作られます。

この時、250度以上の温度で20分以上焼くと
「ムメフラール」という成分が生成されます。

ムメフラールには血液をサラサラにしてくれる
効果
があるんですよ。

また梅干しを焼いても少量ですがムメフラールが生成されます。

また練り梅なら料理にも使いやすいので
オススメ
です。

~梅肉エキスの作り方~

まず青梅を丁寧に洗って水分を切っておきます。

次におろし器で皮付きのまま果肉をすりおろします。

すったものを布にくるんで汁をしぼります。

このしぼった汁を鍋に移して煮ていきます。

煮ているとアクが出てきますので取り除いてください。

表面に光沢が出て黒くてとろっとしてきたら完成です。
Sponsored Links

梅干しが苦手な人にオススメのとり方は?


梅干しが身体にいいとは知っていても
苦手という人は少なからずいますよね。

すっぱさが苦手という方は
塩抜きをしてみるといいですよ。

またお茶漬けと一緒に食べることでも
塩分が緩和されるので食べやすくなります。

最近ではハチミツで味付けしてある
甘味の強い梅もよく見かけるので、
これなら子供も食べやすいですよね。

さらに甘く煮た甘露煮なら、
デザート感覚で食べられますよ。


一度お試しあれ!

~甘露煮の作り方~

まず青梅を水洗いして、
残っているヘタを竹串などで取り除きます。


その後、針で1粒に20箇所程度、
梅をつついて穴を開けてください。

穴を開けた梅を鍋に入れて
かぶるくらいの水を入れたら火にかけます。

この時、熱くなった鍋底に梅が当たってしまわないように
ゆっくり
かけ混ぜながらゆでます。

50度くらいになったらお湯を捨てて、
再び水から煮るということを2~3回繰り返します。


ゆであがったらザルにあげて水分を切ります。

次に鍋に梅を入れて水と砂糖を入れて火にかけます。

砂糖は3回に分けて入れていきます。

砂糖を全部入れて煮詰めたら火を止め、
粗熱が取れたら完成です。

まとめ

梅干しは身体にいい効果がたくさんあるので、
ぜひ毎日取り入れたいですね。


ただし、塩分がたくさん含まれていますので、
摂りすぎには注意が必要ですよ。

塩分を摂りすぎると
高血圧や動脈硬化などの症状がでてしまうことがあります


身体にいいものも摂りすぎると害になってしまうので、
バランスよく食べることが大切ですね。

Sponsored Links