蒲原祭り2017の日程や屋台の出店時間やお化け屋敷も!
(出典:http://niigata-map.net/kaetsu/kanbara-matsuri.html)

約1kmに渡り食べ、食べ、飲み、
食べ、笑いを450店余り。

今年も例外なく地元民は
6月30日(金)~7月2日(日)迄楽しみます。

蒲原祭りは子供にタイムスリップ出来る祭りです。

なぜか沢山の人混みですが、
知り合いにバッタリが無いのは私だけでしょうか?

30年以上参加(もはやライブ感覚)してますが、

1度だけ取引会社の女の子が、
秘密にしている社内恋愛の現場を目撃してしまいましたが。

露店の種類も毎年少し変わったりしているので
「おいしい」の再発見が出来ます。

「食いしん坊」の皆さん、今年は何に挑戦しますか?

気の合う仲間と食べて、笑って、
喉が乾いたら飲んで、お化け屋敷で叫んで、
又飲んで楽しみましょう。

毎年同じ日程ですが、
纏めてみましたので参考にしてみて下さい。

Sponsored Links

蒲原祭りとは


(出典:http://niigata-map.net/kaetsu/kanbara-matsuri.html)

蒲原祭りは、露店数450店余り
約1km続くという光景が有名ですが、

元々は五社神社と呼ばれた神社で、
農業の神として信仰されていて7月1日の夜に、

神楽殿にて、稲作の豊凶を占う
「御託宣」(おたくせん)という神事を行うものです。

この神事は830年も続いている
大変歴史のあるものですので、

私達がこれからも
守っていかなければならない行事ですね。

是非この神事も1度経験してみてはいかがでしょうか?

1年間新潟の美味しいお米が頂けるのも、
「御託宣」の結果が「吉」と出ているのでしょうね。

蒲原祭り2017の日程とスケジュール

6月30日(金)~
7月2日(日)…毎年同じです。

露店出店時間

6月30日…13時~23時
7月 1日…10時~23時
7月 2日…10時~23時

各種催し

6月30日…宵宮のぼり行列
7月 1日…大祈願祭(10時30分~
御神餞(19時~
鳥屋野六階節奉納(20時~

7月 2日…五穀豊穣祈願祭
太々神楽祈願祭(10時30分~

太々神楽奉納(15時~
新崎伊佐弥神楽奉納(19時~
Sponsored Links

蒲原祭りの見どころや楽しみ方は

何といっても1km程続く露店の数々。
450店程ありますので、食べ逃しても又出会えます。

昨年私は帰ってから知り合いのSNSに
「タイラーメン」が大好評だった事を知り、

「来年は絶対にタイラーメンを食べよう」
と固く心に誓う事となったのです。

個人的に今年のイチオシは

①タイラーメン


(出典:http://blog.livedoor.jp/niigata_kimama/archives/45392309.html)

タイのフォー(しょうゆ味)にもやし、
ひき肉、干しエビ、ネギが入っている。

②ぽっぽ焼き(蒸気パン)


(出典:https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=1889)

県外からの参加の方、久しぶりに帰省された方、
もちろん新潟在住の方にはお馴染み。

黒糖で作った「蒸しパン」。
独特の形です。

出来たての熱いのは勿論ですが、
覚めても美味しいのでお土産にも最適です。

③ 焼き豚
(結構コロコロが大きいのが串に5個位刺さっています。)
④ トルコアイス
⑤ チョコバナナ
⑥ 関西流たこ焼き(祭りの定番)
⑦ やきそば(祭りの定番2)
⑧ クレープ
⑨ 唐揚げ
⑩ 綿あめ
⑪ りんご飴
⑫ パインアイス
⑬ お好み焼き

などなどあります。キリが無いですね。

食べ歩きながらお店の人と話したり、
行き交う人の顔に知り合い入るか探したり、

暫く歩くと「お化け屋敷」
「クイズ迷路」の看板に出会えます。

昔ながらの「お化け屋敷」は
子供から大人まで楽しんで、叫べます。

毎年「ぽっぽ焼き」を食べながら並んでしまいます。

子供がターゲットの「クイズ迷路」
3~4回のクイズに答えて、出口を探すゲームですが、
何でも楽しめるカップルにもおススメです。

素敵な動画ですので見てみて下さい。


Sponsored Links

アクセス、駐車場情報



駐車場が無いので
近くのパーキングを利用するか、
公共の乗り物をおススメします。

個人的には毎年、
新潟駅に車を停めて歩いて行きます。

少しでもお腹を空かす作戦です。

まとめ

蒲原祭り2017
6月30日(金)~7月2日(日)


450店以上の露店で食べ歩き、
全国のイチオシ屋台食を堪能できる

農業の神様に「御託宣」で
今年占い豊作を祈願しましょう。

ぽっぽ焼きはお土産にも購入しましょう。

良い天気に恵まれる事を祈り、
6月30日から開催される「蒲原祭り」に備えましょう。

(出典:https://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=1889)

Sponsored Links