母の日に贈る赤いカーネーションの花言葉は?色が違うと花言葉も違うの?
出典http://www.v3wall.com/wallpaper/1440_900/1001/1440_900_20100131012117356356.jpg

毎年4月の終わり頃になると
お花屋さんやデパート、スーパーやコンビニ、
どこに行っても絶対あるのがカーネーション》!

そう、5月14日は母の日です(*^^*)

いつも家事を頑張ってくれているお母さん、
仕事を頑張ってくれているお母さん、
ここまで育ててくれたお母さん、
そんなお母さんに感謝の気持ちを伝えましょう!

でもお花屋さんに行ったら
カーネーションがたくさんある…
何色がいいの?

ということで、
今回はカーネーションの花言葉を色別に
ご紹介します♪

Sponsored Links

母の日に赤色のカーネーションを贈る由来は?

母の日と言えば
5月の第二日曜日。

1905年5月9日、
アメリカウエストバージニア州に住む少女が
母の死を受け、
敬愛の意を生きているうちにしようと
働きかけました。

少女の母親は《ミセス・ジャービス》といって、
地域の医療や衛生環境の改善のため、
1858年に“Mothers Day Work Club”という
ボランティア団体を結成し、
社会運動家として活躍しました。

まだ女性が社会的に弱かった時代に、
こうした母親としての活動は
とても意義のあるものとされ、
社会を改革するのに大きく貢献したのです。

そんな母親を敬愛していた少女、
アンナ・ジャービスは、
母の好きだった白いカーネーションを
フィラデルフィアの教会で配りました。

この日が亡くなった次の日、
5月10日の第二日曜日だったんです!

アンナの提案で
母が健在な場合は赤いカーネーションを、
亡命している場合白いカーネーションを
胸につけるようになり、
やがてそれが『母に贈る花』というように
変化していったのです。
Sponsored Links

カーネーションの共通の花言葉は?


カーネーションは元々、
キリストが十字架にかけられたのを見送る
聖母マリアが流した涙の水で咲いた花、
と言われていました。

そのことから、
カーネーションは《母性の象徴》
なのです。

さらに、女性の愛、感覚、感動、純粋な愛情という
意味があるんですよ(*^^*)

母が子を想う気持ちが花言葉となっているなんて
素敵ですよね。

Sponsored Links

カーネーションの色別の花言葉は?


カーネーションにはたくさんの色があります。

・赤いカーネーション

母の愛、愛を信じる、熱烈な愛、母への愛

・ピンクのカーネーション

感謝、気品、温かい心、上品、美しい仕草

・黄色いカーネーション

美、嫉妬、愛情の揺らぎ、友情、軽蔑

・オレンジのカーネーション

純粋な愛、あなたを熱愛します、清らかな慕情

・白いカーネーション

私の愛情は生きている、愛の拒絶、尊敬、純潔の愛

・紫のカーネーション

誇り、気品

・青いカーネーション

永遠の幸福

花言葉を見ると、
黄色いカーネーションは母の日に贈るにはちょっと…
という気がしますね(^^;)

白いカーネーションは亡くなった母に贈るものですので、
健在なお母さんに贈らないようにしましょう!

ちなみに濃い赤のカーネーションは
《欲望、私の心に哀しみを》という意味があります。

こちらも母の日には避けた方がいい色ですね。

母の日にカーネーションを贈るというのは、
先ほどお話ししたように『母の好きな花』だったからです。

お母さんの好きな花を知っているのであれば
その花を贈るのも
いいですよね!

また、メッセージカードに花言葉を添えて贈るのも
素敵です(*^^*)

Sponsored Links

カーネーションはいつ買うのがいい?

前日や当日に焦ってカーネーションを購入しようとすると、
売り切れていることが多いです。

私も何度も同じ失敗を繰り返していました(笑)

予約も、5月入ってからではもう遅いこともありますし、
早い所では4月末にもう受付を締め切っている場合があります。

遅くても4月中旬までに
はしておきましょう!

ただし、母の日が過ぎたらカーネーションの値段は下がります。

少し遅れて渡すのであれば
お花屋さんに行って
残っているものの中から選ぶのもありですね(*^^*)

しかし、残っている確証はありませんので
やはり予約をするのがいいかと思います!

鉢タイプのカーネーションであれば
緑の葉と花の赤で目を引きます。

ブーケタイプのカーネーションなら
カスミソウをプラスすると
柔らかい雰囲気になりますよ(*^^*)

間に合わなかったら
手作りカーネーションという手もありますよ♪


まとめ

今回はカーネーションの花言葉や
赤いカーネーションを贈る由来について

まとめました!

1. 赤いカーネーションを贈る由来は
アメリカの少女が母の死を追悼したことから始まった


2. カーネーションの共通の花言葉は
《感動・純粋な愛情・女性の愛・感覚》

3. カーネーションには様々な色があり、
花言葉もそれぞれ違う

4. カーネーションの予約は4月中旬までに
済ませておきましょう!

一年に一度感謝を伝える日、
素敵な一日になりますように…(*^^*)

Sponsored Links