高カカオチョコレートの効果・効能が凄い!1日の摂取量はどれぐらいがいいの?
健康に良いお菓子として、
最近高カカオチョコレートと耳にすることが
増えました。

老若男女問わず好きな方が多いチョコレート、
美味しくて身体に良いのなら
毎日食べたいですよね。

しかし、昔
「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る」
と聞いたことがある方、
多いのではないでしょうか?

「チョコレートをたくさん食べるとニキビができる」
とも、よく言われましたね。

私も小さい頃によく言われていたので、
たくさんチョコレートを食べることには
今でも抵抗があります。

そこで、私と同じように
「チョコレートが好きだけど、食べ過ぎが心配…」という方へ、
高カカオチョコレートは普通のチョコレートと何が違うのか、
どのくらいなら身体に良く食べられるのかを

ご紹介します!

Sponsored Links

高カカオチョコレートとは?


チョコレートの主な原料は、
カカオマス・カカオバター・砂糖・乳製品
です。

通常のチョコレートには
カカオが30~40%含まれていますが、
一般的に高カカオチョコレートは
カカオを70%以上含んでいるものを呼びます。

でも、実は高カカオチョコレートの定義は
はっきりと決まってはいないんです。

メーカーによってはカカオ60%以上で
高カカオチョコレートと表示している場合も
あります。

効果に期待して高カカオチョコレートを選ぶなら、
できるだけカカオの含有量が高いものを選ぶことを
おすすめします!

ただ、カカオ自体には甘みがないため、
カカオ含有量が高いものになればなるほど、
苦みが強くなります。

私も試しにカカオ99%のチョコレートを
食べてみましたが、すごくビターで驚きました。

美味しく感じる甘さは人によって違うため、
いろいろ食べ比べてみるのもいいと思います。

Sponsored Links

高カカオチョコレートにはどんな栄養素がある?

カカオには、ポリフェノール、食物繊維、
カルシウムや鉄などのミネラル、テオブロミンなど

さまざまな栄養素が含まれています。

カルシウムや鉄などのミネラルは
身体の中でつくることができないため、
食事から摂取しなければいけません。

サプリメントよりも美味しく、
手軽に
これらの栄養素を摂取できるのは
ありがたいですよね!
Sponsored Links

高カカオチョコレートの効果と効能は?


カカオに含まれているリグニンは、
難消化性たんぱく質のため、
身体に吸収されません。

そのまま大腸に届き、便のカサを増やすことで、
お通じをよくする効果が期待できます。

また、カカオポリフェノールによって
期待できる効果もたくさんあります!

美肌効果:抗酸化作用によるアンチエイジング効果

ストレス緩和:心的ストレスの抵抗力を上げる

血圧の低下:血管の炎症を軽減し、血圧の低下につながる

動脈硬化の予防:血流改善によって動脈硬化を防ぐ

アレルギーの予防:アレルギーの発症、悪化を防ぐ

お肌にも心にも身体にも良いなんて、
いいことづくめですね!

Sponsored Links

高カカオチョコレートの1日の摂取量は?

高カカオチョコレートは
1日に25~30g程度を目安に/span>
摂取しましょう。


1個5gくらいのチョコレートなら、
5,6個程度です。

ゆっくりと食べれば、
おやつとしても充分な量ですね。

また、高カカオチョコレートには、
通常のチョコレートよりも2~4倍のカフェインが
含まれています。

そのため、小さなお子さまや妊娠中、
授乳中の方は食べる量を少なめにしたり、
食べるタイミングに注意しましょう。

まとめ

・高カカオチョコレートは
カカオを70%以上含んでいるものを呼ぶ。


・カカオに含まれているリグニンには、
お通じをよくする効果がある!

・カカオポリフェノールによって期待できる効果は、

①美肌効果

②ストレス緩和

③血圧の低下

④動脈硬化の予防

⑤アレルギーの予防

・高カカオチョコレートの摂取量は、
1日に25~30g程度が目安。


毎日少しずつ美味しいチョコレートを食べるだけで、
こんなにたくさん身体に良いことがあるなんて、
うれしいかぎりですよね!

毎日好きなものを食べてもいいですし、
毎日少しづつ違った苦みのチョコレートを
食べて比べてみるのも楽しいと思います!

ぜひ、お気に入りのカカオ含有量のチョコレートを
探してみてくださいね。

Sponsored Links