6月に楽しめる童謡を歌おう!代表的なオススメはこれ!伴奏が簡単な曲も紹介
6月は祝日もなく、行事もないから

どんな童謡を歌えば良いのだろうか…
と悩んでいる人もいると思います。

確かに6月は祝日がありませんよね。

しかし6月は梅雨の時期!

雨や生き物に関する童謡など、
6月ならではの童謡を紹介したいと思います!

梅雨や雨に関する代表的な童謡は…

・雨
・あめふり
・あまだれぽったん
・あめふりくまのこ
・てるてる坊主
・ながぐつマーチ
・にじ

梅雨の時期は雨だけではなく、
この時期ならではの生き物の童謡も!

・でんでんむし
・ほたるこい
・かえるの合唱
・かわずの夜まわり

あまり知られていませんが、

6月には“時の記念日”や
“歯の衛生週間”もあります。


マイナーのことですが、大切なことです。

子どもたちが童謡を通して
身近に感じられるように教えてあげましょう!

・とけいのうた
・大きな古時計
・はをみがきましょう

6月ならではの童謡って意外と多いですよね。

ジメジメして、外で遊べない日も多く、
子どもたちの気持ちも落ち込みやすい時期

童謡を通して心は晴れやかに過ごせるようにしましょう!!

Sponsored Links

6月で特におすすめの童謡は?


意外と多い6月の童謡。

その中でも特におすすめなのは
“かえるの合唱”です。


この曲は老若男女問わず多くの人が歌える定番曲!

この童謡のおすすめポイントは…

その1:表現遊びに最適!
蛙の真似っこで体をしっかり動かせること!

雨の日はどうしても外遊びをする機会が減ってくるもの。

パワーみなぎる子どもたちは部屋を走り回って怪我をしたり、
イライラして嚙みついたり、ストレスを感じやすくなります。

そこで活躍するのが“かえるの合唱”です!

広い遊技場などで曲に合わせて
蛙の真似をして思い切りジャンプ!

『ケロケロ~』と蛙になりきって
遊ぶことで表現力が身に付きますし、
ジャンプすることで足腰も自然と鍛えられます。

私も実際蛙の真似っこ遊びをしたことがありますが、
子どもたちも有り余っていたパワーを発散できて、
怪我やトラブルも減りました

その2:梅雨の晴れ間にお散歩!
蛙さんいるかな?

梅雨の時期といっても
毎日雨が降っているわけではありません。

梅雨の晴れ間に散歩に出かけると蛙に出会えることも!

「蛙さんいたね!」と声をかけると、
乳児では『あっ!あっ!』と指さしにつながることも。

もう少し大きくなると、一人が歌い始めると
みんなで大合唱が始まります。

梅雨の晴れ間に楽しく散歩できるのも
おすすめする理由です!

その3:制作遊びに発展できる!


“かえるの合唱”で蛙に興味を持ったら、
制作遊びにつなげることもできます!

http://ameblo.jp/ohisama-ion/entry-12139403300.html

特に人気なのが上記のサイトで紹介したおもちゃ!
(私はパッチンかえると呼んでいました)

オリジナル蛙を作ると、気に入ってしばらく
鞄に入れて持ってくる子がいた程です。

身近な素材で簡単に作れるのも良いですよね!

牛乳パックの超簡単工作!跳ねるカエルのおもちゃの作り方!



こちらにわかりやすい作り方があります。
ぜひ参考にしてみて下さい。


http://blog.goo.ne.jp/oowada_2014/e/44c56dd41cc15c484b44087361b8765d

絵画制作にも良いですね!

上記のサイトはたらし絵でしたが、

0、1歳児などは先に画用紙に蛙を貼って、
クレヨンで雨を描いても楽しいと思います。

「蛙さん雨ザーザーで嬉しいね」などと声をかけると、
夢中で描いて大雨になることも。


http://youchien-net.jp/yc/user/186/blog/showCategory.do;jsessionid=BAFB8366BBC3EB6637700FF24DAB46AE?blogCategoryId=1234

このように子どもたちが作った蛙を
壁に貼って壁面にするのもおすすめ!

『僕のかえるどこー?』
『私のかえるさんあれよ!』

と自慢げに教えてくれます。

泣いている子にも「〇〇ちゃんのかえるさんいたね!」
と教えてあげると泣き止むこともありました。

“かえるの合唱”から工夫次第で
色々な遊びに発展できるので、ぜひ歌ってみて下さいね。

簡単な伴奏で6月の童謡を歌おう!


保育士歴が長い私でもピアノは大の苦手!

しかし同じような人もいるのではないでしょうか?
苦手だからピアノは避けがち…。

しかし簡単な伴奏でも大丈夫なのです!

簡単な伴奏でも子どもたちは
楽しそうに歌っていますよ!!

簡単に弾けて子どもたちが特に好きな童謡
“あまだれぽったん”はおすすめ!



『ぽったんぽったん~』と手拍子をつけて歌うと
より一層子どもたちも楽しく歌っています!

大きくなってくると子どもたちが
カスタネットを叩いて歌うとリズム遊びにもなります。

“でんでんむし”もおすすめです!



“かえるの合唱”と同じように散歩しながら
カタツムリを見つける楽しさにつながりますね。

また、片手をグー、もう一方の手をチョキにして
手でカタツムリを簡単に作れるので、

『見て~!カタツムリよ!』と得意げに
たくさんの子どもたちが見せてくれます。

簡単な和音で弾けるので、
ピアノが苦手でも挑戦しやすい童謡です。

大切なのはメロディーが止まらないこと。

そのポイントをおさえておけば、
簡単な伴奏でも十分子どもたちは楽しく歌っていますよ!
Sponsored Links

まとめ

1.6月は梅雨に関する童謡が代表的。
雨や生き物の曲で梅雨を楽しもう。


また、童謡を通して歯の衛生週間
時の記念日などを楽しく教えてあげましょう。

2.“かえるの合唱”は特におすすめ!
様々な遊びに発展させてしっかり遊びましょう。


3.ピアノが苦手でも、メロディーを止めないことを
意識すれば簡単な伴奏でOK!


いかがでしょうか?

雨が多い梅雨の時期は
子どもたちもストレスがたまりがち

しかし梅雨は1年に1度。

6月ならではの歌を歌って、
梅雨の季節をしっかり楽しみたいですね!

Sponsored Links