プレミアムフライデーとは?メリットとデメリットが知りたい!ブラックフライデーとの違いは?
仕事をしていると、
休みの日の前日は長く感じることもありますよね。

私も楽しい予定が入っていたりしたら、
早く帰りたいなと思うこともしばしばありました。

でもなかなか仕事が終わらなくて、
帰る時間が遅くなってしまった
ということもありますよね。

次の日が休みだから
仕事終わりに飲みに行こうと思っていたのに、
行けなかったという経験をしたことがある人も
多いはずです。

そんな方に朗報があります!

なんと、金曜日がちょっと楽しくなる政策ができたんですよ。

その名も『プレミアムフライデー』です。

直訳すると「プレミアム」上質・上等、
「フライデー」金曜日って意味ですよね。

上質な金曜日とはどんな金曜日なのでしょう?

そこで、今回はプレミアムフライデーについて
詳しく紹介していきます。

Sponsored Links

プレミアムフライデーとは?


プレミアムフライデーとは、
月末の金曜日に早めに仕事を切り上げて、
夕方から買い物や外食、旅行などを楽しんでもらおう
という政策
です。

普段よりプレミアムな生活を送り、
消費を増やしてもらおうというキャンペーン
でもあります。

具体的には、
午後3時で仕事を切り上げよう
という事です。

会社を早く出れるので、買い物の時間に当てれたり、
土曜、日曜を使って旅行に出かける
なんてこともできますよね。

また、プレミアムフライデーというネーミングは、
月末の金曜日に行われるイベントだということと、
豊かな体験をイメージできるようにということから
生まれたようです。

お店でイベントやキャンペーンなどを行い、
消費を増やしてもらうことが目的の取り組みなので、
プレミアムフライデーの日には
イベントを開催しているところも多いです。

デパートなどでセールを実施したり、
限定の商品やサービスが提供される予定です。

そんなプレミアムフライデーに申請している企業や団体の数は
2017年3月現在、5,500件以上になっていますよ。


プレミアムフライデーのメリットは?

プレミアムフライデーのメリットは、
午後3時で帰れるので仕事を早く終わらせようと思い、
やる気が出るきっかけになることです。

また参加や協賛している企業が多く、
イベントで盛り上がれる
こともあげられます。

共働きの家庭では、
自分の病院や子どもの病院も金曜日に行けるように
なりますね。

それに金曜日にゆっくり買い物ができるので、
休日の家事の負担を減らして
自分の時間に当てられるようにもなりますよね。

また、労働者の長時間労働や過労の問題が増えているので、
プレミアムフライデーにより
働き方が変わっていくのではないかということも

メリットの1つと言えますね。
Sponsored Links

プレミアムフライデーのデメリットは?

逆にデメリットとしては、
働く人数を減らすことのできない、医療や介護、
学校の先生や市役所などで働く公務員の方は

プレミアムフライデーを行うことが難しいということです。

またサービス業や流通関係の仕事の方は、
逆に忙しくなりそうですよね。

それに加え、月末は締めを行っている企業も多いので、
仕事が集中しているので帰れないという人も
出て来てしまいます。

他にも午後3時までになるので、
給料が減ってしまう可能性もありますよね。
Sponsored Links

ブラックフライデーとの違いは?


アメリカでは、一年に一度の大セールとして
『ブラックフライデー』というものが行われています。

ネーミングの由来は、
お店の経営が赤字から一気に黒字に変わる日
ということからです。

この日は、絶対に値下げをしない有名ブランドも
商品が値下げされます。

なのでアメリカでは、消費にメリハリをつけるために
ブラックフライデーをお祭りのように重宝しているそうですよ。

アメリカで行われているブラックフライデーと、
日本で始まったプレミアムフライデーの
それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

~ブラックフライデー~

・11月末の金曜日に行われる。

・休暇になることが多い。

・商品のセールが行われる。

~プレミアムフライデー~

・毎月の最終金曜日に行われる。

・従業員の終業時間が午後3時までと早くなる。

・お店などでイベントやキャンペーンが行われる。

プレミアムフライデーはブラックフライデーと同じで、
消費政策ということから発端していますね。

ですが、アメリカでは年に一度ですが、
日本では毎月行われる予定だというところが大きな違いです。

まとめ

ブラックフライデーに似せて始まった
プレミアムフライデーですが、
より日本になじむように作られているように感じました。

また、プレミアムフライデーは
2017年の2月に始まったばかりなので、
様子見をしている企業も多く、
これからに期待したいですね。

Sponsored Links