リンゴ酢の効能がすごい!効果的な飲み方や1日の摂取量は?
体に良いとブームになったこともあるリンゴ酢。

あなたはリンゴ酢を飲んだことありますか?

『お酢でしょ?』と、
ちょっと苦手だと思っている方も多いと思われます。

しかしリンゴ酢には素敵な効果がたくさんあるんです!

今回はリンゴ酢を飲んだことがある人もない人も、
もっとリンゴ酢を体験したくなるような
お話盛りだくさん
でお届けします♪

Sponsored Links

リンゴ酢の効果効能は?


お酢は体に良いと言われていますが
飲みにくいことから敬遠されがちです。

しかしリンゴ酢はとってもまろやかで、
たくさん種類のあるお酢の中でもダントツで飲みやすいんです。

しかしどのような効果が得られるのか分からないのに
飲んでいても続かないですよね!

リンゴ酢は、新陳代謝をコントロールしてくれたり、
満腹感を持続させてくれるため、

ダイエットにとっても効果的です。

とはいえ生活習慣がだらしないと意味がないので
気を引き締めることも大切です。

また、クエン酸の効果で便秘改善し、
腸内環境を整えてくれるだけじゃなく
老廃物を体外に出すデトックスの作用もあるので

美肌にも効果的です。

他にも乳酸菌の生成を抑えてくれるので筋肉痛や疲労回復、
コレステロールの減少、
糖尿病予防など様々な効果が盛り沢山
なんです!

それだけではありません。

青森県弘前市にある、弘前大医学部保健学科の研究チームが、
りんごのポリフェノールでがんが死ぬと発表したのです。

まだまだ研究中ですが、
お酢との相乗効果で健康体になれる
のは間違いないですよね!

先ほど美肌にも効果的とお話ししましたが、
実は体内からだけではなく
体外からもリンゴ酢を取り入れることが
出来るんです(≧▽≦)

やり方は至って簡単、
化粧水代わりにリンゴ酢をパタパタするだけ!

しかし私はさすがに全部お酢だと
においにやられてしまうので(笑)
化粧水にリンゴ酢をちょっとだけ混ぜて
コットンパックを
しています。

さらに、湯船にリンゴ酢を混ぜるのもすべすべになって
触り心地の良いお肌に
なりますよ♪

リンゴ酢の効果的な飲み方は?


リンゴ酢は特に飲むタイミングが決められているわけでは
ありません。

しかしその中でもより一層効果が出る方法は、
食事と一緒に飲むこと!

食事と一緒に飲むことによって血糖値の上昇を抑え、
カルシウムの吸収まで助けてくれるんですから
まさに一石二鳥ですよね(*^^*)

とは言え私はごはんと一緒には
どうしても飲めないものですから、
朝食後一時間くらいたってから
炭酸水で割って飲んでいます。

Sponsored Links

リンゴ酢を1日に飲む量はどれぐらいがいい?


リンゴ酢は飲みやすいとはいえ“お酢”です。

飲みすぎると胃が荒れて痛くなってしまいますので、
一日の摂取量は30cc(大さじ2杯)程度に
とどめるようにしましょう。

ちなみに私の飲み方をご紹介しますと、
朝は大さじ1のリンゴ酢を炭酸水で割って飲み
(気分ではちみつも入れます)、
昼と夜はサラダにリンゴ酢ドレッシングをかけて

食べています。

野菜もたくさん摂れるしおすすめですよ♪


《リンゴ酢ドレッシングの作り方》

・ゴマ油大さじ2 

・リンゴ酢大さじ1

・醤油 大さじ2 

・ゴマ  大さじ1

・ニンニクすりおろし 小さじ1


これをすべて混ぜ合わせるだけです(^^)/
Sponsored Links

リンゴ酢を飲む際の注意点は?


リンゴ酢は、お酢の成分が胃に負担をかけますので、
空腹時に飲むことは避けましょう。

どうしてもという時は牛乳で割ると
牛乳の膜が胃を守ってくれますよ(^^)

《牛乳とリンゴ酢を混ぜたら美味しいのか!?》動画をどうぞ♪


また、酸はエナメル質を溶かす性質を持っています。

歯磨きは必須です!

せっかく美肌になっても歯がボロボロじゃ
意味がないですからね(*^^*)

まとめ


1. リンゴ酢はダイエットや健康、美肌に効果抜群!

2. リンゴ酢の効果的な飲み方は食事と一緒に飲むこと!

3. リンゴ酢の一日の摂取量は多くても30cc(大さじ2杯)まで

4. リンゴ酢を飲んだら歯磨きやうがいをすることと、
空腹時に飲むのは避けるようにする

Sponsored Links