4月の代表的な童謡はなに?子供たちが食いつくオススメ曲は?4月
進級新入園の時期。

新社会人になる人はやる気満々でも、
反面、不安がいっぱいな人も多いですよね。

実際に私も新社会人として
保育士1年目の時は不安だらけでした…。

特にピアノは大の苦手!
実際そういう新人保育士は多いです。

新入園児の子は初めて家族と離れて過ごすので
泣き声の大合唱!泣き声にあたふたしてしまう上に
ピアノのプレシャーにゲッソリ


実際保育士として働いている私の経験上、
歌は環境が変わって不安な
子どもたちにも効果てきめん!


知っている曲を歌うと
安心するのでしょうね。

ピアノは苦手だから歌はちょっと…
と感じている人にこそ伝えたい、
そんな4月の代表的な童謡おすすめ曲
ピアノが苦手な保育士が紹介します!

Sponsored Links

まずは代表的な4月の歌を紹介します!

4月の代表的な童謡と言えば

・ちゅうりっぷ
・ちょうちょう
・ぶんぶんぶん
・春が来た
・春の小川
・ことりの歌


などがパッと思い浮かぶのではないでしょうか?

親御さんも知って歌っている有名な曲が多いですね。
もしかしたら今までに歌ってもらったことがあって、
馴染みの曲を聞くと一緒に歌ってくれるかもしれませんね。

実際に泣いている新入児に歌ってあげると
ピタッと泣き止んでくれることも多いですよ。

しかし童謡だけ歌えれば
なんとかなると思ったら考えが甘い!!


初めて家族と離れて過ごす子どもたちには
大人の歌声以上に大きな泣き声を出すパワーがあり、
心が折れかけたことも。。


そんな時は視覚的にも楽しめる物
用いると効果もアップ!

視覚的”というと難しく感じがするかもしれませんが、
簡単です。

例えばちゅうりっぷを歌う時に
赤や白や黄色のちゅうりっぷの絵を描いたり、
画用紙で作って歌に合わせて見せてあげたりすると
子どもも興味を持ってくれます!
経験上このようなグッズを使って歌う方が
子どもも楽しく歌ってくれています!!

4月の童謡でこれは必ず歌おう!おススメ曲

4月の代表的な童謡を紹介しましたが、
子どもたちが一番食いつくのが、
おはながわらった』です。

笑った”で手を叩いたり
腕を振りながら歌ったりと、
他の4月の童謡よりも動きが大きく、
子どもたちも真似をして
楽しく歌えるからです!


それだけでなく、毎年歌に慣れてきた頃に
〇〇ちゃんが笑った~』と
子どもの名前にして替え歌で歌うと
大喜び!

次は僕の名前にして!』『△△ちゃんもー!』と
自分の名前を呼ばれたくてワクワクしてくれるのも
おススメしたい理由です。

やっぱり子どもたちの笑顔が
見たいですものね!


先程書いたように見て楽しめるグッズ
使って歌うのも喜んでくれます。

グッズも簡単に作れるので、
こちらの動画もぜひ参考にしてみて下さい。



童謡に少しアレンジを加えたり、
グッズを使ったりして歌う
ことで
不安を感じる子が多い4月も
楽しく過ごすことができますよ

Sponsored Links

ピアノを弾く時ここだけは守る!

子どもと一緒に歌うのは良いけど、
いざピアノ伴奏を頼まれると
話はですよね。

特にピアノが苦手な人にとっては
憂鬱の種が増えるだけ…


私もその1人です
経験年数が長くても
毎回緊張してしまいます。。

家で必死に練習しても、
実際子どもたちの前で弾くと
止まってしまうことも
何度も経験しています


そんな経験を踏んできたからこそ
心がけていること


・左手がわからなくなっても、右手のメロディーは絶対止めない

・実際に子どもたちの前で弾くピアノで練習する

メロディーが止まってしまうと、
子どもたちも歌えなくなって
戸惑ってしまいます


今まで何人の子を戸惑わせてきたか…
反省です


また、ピアノによって鍵盤の重さが違うので、
思ったより音が出ずに弾きにくいことがよくあります。

家では弾けていたのにどうして?!」と
努力が報われなかった時に
落ち込まないためにも上記の2点
最低でも守っていきたいものですね。
Sponsored Links

ピアノが苦手な人向けの楽譜は意外と多い!

私の回りでもピアノ短大に入ってから始めた人や、
ピアノが苦手な後輩は多いです。

しかし保育士として避けては通れない
ピアノの壁

私を含め、ピアノが苦手な人用の楽譜
本屋や楽器店には選ぶのが大変なくらい
たくさんあります。

伴奏が簡単な和音だけだったり、
音階や指番号を予め書いてくれていたりと、
簡単な伴奏で童謡が弾けるので、
自分に合った本を見つけて
練習するのも良いですね。

メロディーが簡単な伴奏でも
前奏が難しい曲もあります。

そんな時はメロディーの最後の8小節を前奏に代用しても
違和感なく歌えるので覚えておいて損はありませんよ。



無理に豪華にしなくても
このように簡単な感じで大丈夫です。

まとめ

1.
4月の代表的な曲は身近な草花や虫などの
春を感じる曲が多い


2.
歌だけでなくグッズを作ったり
替え歌にアレンジしたりすることで
子どもたちの興味を惹く


3.
ピアノが苦手でもメロディーだけは
途絶えさせない


4.
ピアノが苦手な人向けの楽譜は意外と多いので、
自分に合った楽譜を見つける

長い経験上、
ピアノ自分に合った本を見つけたり
先輩に相談しながら練習したりすると
意外と何とかなるもの。

特に新人保育士になる人は右も左もわからず
不安な気持ちでいっぱいだと思います。

ピアノが苦手なら尚更ですね
それでもとてもやりがいがある仕事なので
一緒に頑張っていきましょう!

Sponsored Links