六甲山のおすすめ夜景スポット3選!行き方や時間はいつが良い?になると、夜も暖かくなって
お出かけもしやすくなりますよね♪

冬のイルミネーションもきれいですけど、
爽やかな気候のなかで夜景を見に行くのもまた格別。

テレビの旅番組で夜景をみているシーンがあって、
私も夜景を見に行きたくなりました

そして好都合なことに、
日本三大夜景の1つである神戸が近い!!
(出典:神戸観光壁紙写真集
http://kobe.travel.coocan.jp/)

みんなで出掛けた帰りに夜景をみて帰るのもいいなぁ
って事で早速プラン作りに取りかかりました。

そして
色々調べてたら、
知らなかったことがいっぱい


これ、漠然としたままいつもと同じ所にいっていたら損する…
そんな感想を姉に話していたら、なんと姉も初耳だったとのこと。
そんなに見る場所あったの?!
って。

私も行き当たりばったりにいってて損している部分があったので、
そうならないために、そして私や姉のような方に少しでも役に立てば、
と思って調べた情報、皆さまにもご紹介させていただきますね♪

Sponsored Links

六甲山の夜景は??

(出典:神戸観光壁紙写真集
http://kobe.travel.coocan.jp/)

神戸と言えば山から見る夜景で有名ですよね。

昔は「100万ドルの夜景」なんていわれてました。
この100万ドル、なんで100万ドルなんだろう、
ってずーっと疑問だった私。

神戸の夜景を六甲山の山頂からにみたときに
見える電灯の電気代がおよそ100万ドルだった
ことにちなんでだったんです。

それがなんと昭和20年代のこと。
そんなに昔から神戸の夜景は
きれいだったんですね~


そして、100万ドルといわれてから
すでに70年以上

今では1000万ドルの夜景
と言われてるんです!!


1000万ドルを日本円にすると
大体10億円前後

それだけの電気代かかかるほど
きらびやかってことですよね


そんな神戸の夜景は
高いところから見るのが一番


そして神戸で高いところから見られる、
と言えばなんといっても
摩耶山六甲山です。

特に六甲山六甲山牧場
カンツリーハウスなんかもあって
一日中楽しめるスポットなんです。

そして
夜景が楽しめる場所も何ヵ所もある
というのも魅力的。

だからこそ何回も
行きたくなるんですよね

六甲山夜景、車での行き方は??

(出典:六甲山ポータルサイトRokkosan.com
https://www.rokkosan.com/access/)

六甲山に行くには
ケーブルカー
行くのがオススメです。

とくに山上は夜景スポット
離れていたりするので車の方が便利です。

そんな六甲山にいくには
表六甲ドライブウェイ
裏六甲ドライブウェイ
のドライブウェイを通るほか、

宝塚市逆瀬川からいく
県道16号明石神戸宝塚線を西

にいく方法、
西からは
有馬街道である県道428号線を経由して
県道16号明石神戸宝塚線を東

にいく方法があります。

ちなみに六甲山にいく道はどれも急カーブ、
そして急勾配が多く、道幅も狭いです


私も昔、宝塚からの県道16号のルート
行きましたが、途中で車酔いしました…

そして、その帰りに
表六甲ドライブウェイ
帰りましたが…

ジェットコースター?
と言いたくなるほどの急勾配


ブレーキ大丈夫??
思わず心配になるほどでした。

ドライブウェイ、っていうから
走りやすい道なのかなって
印象を受けやすいですが、
そんなことは全くないので、
ドライバーの皆さまはくれぐれも
お気をつけくださいね!!

Sponsored Links

六甲山できれいな夜景が見れるおすすめ
スポットは??

六甲山から見る夜景では
表六甲ドライブウェイにある鉢巻展望台
六甲ケーブル 天覧台
六甲ガーデンテラス
有名です。

この中でも私がオススメなのは
六甲ガーデンテラス
です!!

ヨーロッパの古い建物を再現したかのような
エリアに立つ見晴らしの塔からは
大阪平野から明石海峡まで
見渡すことができます。

ほかにも
見晴らしのデッキ見晴らしのテラス
景色を一望できる場所がたくさん。

レストランからも夜景が見られるので、
食事しながら夜景を楽しむこともできるんです。

そして、一番オススメ
自然体感展望台 六甲枝垂れ
です。
(出典:六甲山ポータルサイトRokkosan.com
https://www.rokkosan.com/access/)

パッとみたら金属でできてるようにみえるのですが、
実は全部ヒノキでできてるんです

そして夜にはLED照明
六甲山の四季に合わせた色でライトアップ
もされます。
(出典:神戸夜景
http://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/sp/)

もともとここには
十国見渡せるほど景色がよく見えることから
名付けられた十国展望台という
展望台あった場所。

なので、
六甲枝垂れから見える景色も抜群です。

有料ですが、ここはぜひとも登って
夜景とライトアップを
楽しんで見てください!!

Sponsored Links

アクセス情報

六甲ガーデンテラス

神戸市灘区六甲山町五介山1877―9

【営業時間】
9時~21時
(季節や店舗により異なる場合があります)

【休業日】
店舗により異なります。
ホームページでご確認下さい


【入場料】
無料

自然体感展望台 六甲枝垂れ
大人 300円
子ども(4歳~小学生) 200円

必要です。

【駐車場】
有料 450台
普通車 500円


もし、夜景の前後でお酒も楽しむご予定の方
六甲ケーブル 六甲山上駅で六甲山上バスに乗り換えて
ガーデンテラス」で下車してください。

六甲ケーブルまでの行き方は
下の図を参考にしてくださいね。
(出典:六甲山ポータルサイトRokkosan.com
https://www.rokkosan.com/access/)

まとめ

六甲山で夜景を楽しむには
1000万ドルの夜景が見られる

ドライブウェイの道はカーブが多く急勾配

六甲ガーデンテラスからは景色がよくみえる‼
レストランからも夜景が楽しめる

駐車場は1日500円
季節によって営業時間が異なるので注意が必要

ということを覚えておけば、
夜景を満喫することができますよ♪

私は鉢巻展望台から夜景を何度かみたのですが、
ガーデンテラスから夜景は見たことがないんです…

でも小さいときに十国展望台からみた
景色の良さはいまでもしっかり覚えてるんで、
ガーデンテラスからの夜景を見るのが
楽しみで今からワクワクしてしまいます


皆さまも夜景を見ながら
素敵な時間をお過ごしくださいね♪

Sponsored Links