Pocket

小満とは?意味や由来は?2017年はいつ?カレンダーの友引と関係がある?
あなたのカレンダーには「立春」や「立秋」など
季節に関する言葉が載っていますか?

季節に関する言葉は、多くのカレンダーには
実は24種類も載っていて、
その中には意味をきちんと理解されていないものも
あるようです。

「小満」もその一つですよね。

聞き慣れない言葉ですが、「しょうまん」と読みます。

順番としては、「立夏」の次になります。

「立夏」が暦上で夏の始まりを表す言葉なので、
もう少し夏に近づいていますね。

とはいえ、24種類あるということは、
1つの季節はおよそ2週間ですから、
夏の始まりより少しだけ夏に近づいた・・・
くらいでしょうか。

この「小満」にはどんな意味があるのか、
そして2017年はいつの時期になるのか、
詳しく紹介しましょう。

Sponsored Links

小満とは?意味や由来は?


小満には、「陽気がよくなり、
草木などの生物が次第に生長して生い茂る。」
という意味があります。

文章にすると難しい感じがしますよね。

先に述べたように、
立夏という夏の始まりから2週間後の小満ですから、
少し暖かくなってきた頃、過ごしやすくなって、
植物も生き物たちも外に顔を出し始めましたよ
と考えると良いですね。

農業で考えると、
秋に植えた麦の種が穂をつける時期となります。

昔は農作物の出来が生死に関わる
大事なことでしたから、
穂を見ることで「ほっ」としたでしょうね。

少しだけ安心、小さな満足、
だから「小満」という説もあります。

Sponsored Links

小満の時期はいつ?2017年はいつ?


さて、立夏から2週間と言いましたが、
2017年の小満はいつでしょう。

年によって多少前後しますが、
5月21日頃と言われています。

2017年は5月21日~6月4日が小満の時期
となります。

ちなみに、2016年は5月20日でした。

毎年同じ日じゃないって言うのが
不思議な感じがしますよね。

でも、カレンダーの数字では無く
季節を感じられる言葉があるというのが、
素敵なことだと思いませんか?

「今日何日だっけ?」という質問に「小満だよ」
と答えることはないでしょうけど、
5月21日の朝、心の中で「今日は小満だなぁ」と思い、
窓の外を眺めてみるとまた違った景色に見えるかも
しれません。
Sponsored Links

小満とカレンダーの友引と関係がある?

カレンダーには、小満のような季節の言葉とは別に、
大安・仏滅と言った六曜という、
吉凶を表す言葉を
見つけることが出来ます。

この中で友引が小満と関係が深い日だと
言われることがあります。

確かに、小満の日を見ると
友引である可能性が高いです。

友引は、供を連れて行くとされ、
古くは葬儀の日に避けられることがありました。

小満に、友引が割り当てられているのには
何か意味があるのでしょうか?


そもそも、六曜は1ヶ月を5つに分けて
6日を1つの周期として考えられているものなので、
単純に計算すると
小満の日が友引になることが多いだけで、
特に意味はありません。


現に、2017年の小満の日は大安に当たります。

それでも、例年友引が当たる日が多いので、
何となく関係があるような気がしてしまいますよね。
Sponsored Links

小満と他の二十四節気・七十二候との関係は?

小満は、1年を24の季節に分けた二十四節気の1つで、
夏の季節に当たります。


二十四節気は他に次のようなものがあります。

全部読めますか?

春 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨

夏 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑

秋 立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降

冬 立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

1年が春から始まると考えれば、
小満は夏の2番目の季節であり、
1年の中では8番目の季節
と言うことになります。

また、この二十四節気をさらに約5日ずつ
3つに分けて、合計72個に分類し
動植物の変化を知らせるのが
七十二候
と呼ばれます。

このまま行くと毎日が記念日になってしまいそうですよね。

小満の時期の七十二候は、次の3つがあります。

■蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

蚕が桑の葉を食べ始める頃、という意味です。

蚕の作る繭が美しい絹糸になるイメージの季節ですね。

■紅花栄(べにばなさかう)

紅花の花が咲き誇る季節、という意味です。

紅花からは口紅が作られ
大変貴重なものとされていました。

■麦秋至(むぎのときいたる)

夏の季節に秋の文字が入っていますが、
麦の穂が実り始める頃、という意味です。

それぞれが5日間と短い期間のため、
今の季節とは少しずれることもあるようです。

まとめ

1. 小満とは?意味や由来は?

暖かくなってきた頃、過ごしやすくなって、
植物も生き物たちも外に顔を出し始めるのが小満です。

2. 小満の時期はいつ?2017年はいつ?

毎年5月21日前後、2017年は5月21日~6月4日が小満です。

3. 小満とカレンダーの友引と関係がある?

六曜は1ヶ月を5つに分けて6日を1つの周期として計算し、
割り当てられているものなので、
特に意味はありませんが、
小満の日が友引である可能性は高いです。

ただ、2017年は大安です。

4. 小満と他の二十四節気・七十二候との関係は?

小満は二十四節気で8番目の季節です。

小満の時期の七十二候には「蚕起食桑」「紅花栄」
「麦秋至」があります。

昔から日本人は季節を大事に考えていると思います。

農業中心の生活で、季節を感じることが重要だったから
なのでしょう。

カレンダーの日付ではなく、肌で春の訪れを感じたり、
においで秋を感じたり、お手紙に季節毎の挨拶を入れる
という粋なことをしてみたり・・・と、
要所要所で季節との関わりを感じます。

小満だけでなく、
季節の言葉、季節の訪れを大切に思える人で
ありたいですよね。

Sponsored Links